io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

ツーショット


きらと初セルフィー。

IMG_20170527_221107.jpg 
わたしたち、なんか似てる??

きらもちゃんとカメラ目線で、お気に入りの写真♥



イタリアは一週間前から、『ルチフェロ=悪魔』と呼ばれる(こわー。。)アフリカからの超熱波で連日40度くらいまでいっています。

職場も気温を見ると、38度。。。。
開けっ放しだし、火を使う仕事なので、夏はどうしても気温が上がるのですが、この暑さにはぐったり。

明日、明後日くらいから少し和らぐみたいなのでホッ。
普通の暑さにもどるだけですが、過ごしやすくなるはず。

仕事の取引先は先週の金曜日にすでにバカンスに入りました。
でも私たちは、28日に再開したときに届けないといけない仕事の準備をするために、今週はまだ仕事です。

といっても、4時間くらい働いて、毎日の配達もないので気分的にもかなりゆったり。


今週末から私たちもバカンスに入りますが、予定は未定~。汗

どうなるかわかりません。

まぁなるようになる、で。


みなさんも夏バテしませんように。



スポンサーサイト

洋梨のジャム


お隣さんの庭にある、洋梨の木。

P7206487.jpg 
(この写真はすでに収穫後)


7月の上旬、仕事から帰ったら、『このまま放っておいたら、地面に落ちて大変なことになるから、今収穫してるの、手伝いにこっちにおいでよ!』

とラウラ(お隣さんの奥さん)誘われ行くことに。

一人が高枝切りばさみのようなもので高いところの洋梨の枝を切って落とし、もう1人が下でたらいで受ける、という作業をすること30分。

大量の洋梨!!

今年は豊作だったようで、でっかいたらい4つくらいが、満杯に。
そのたらい、1つ分くらいをいただいて帰りました。


ジャムにしたい、でもまだ全然熟れてないし硬い。このままジャムにしても味がなさそう、と思ってネットで見て調べたら、

→果物には、熟してから収穫するものと、収穫してから熟成させるものがあります。西洋梨(洋ナシ)は、日本ナシとは違って「追熟」(熟成させる)というひと手間が必要になります。

ということで、家で出来る限りすずしい場所に、1週間ほどおいておきました。

P7146474.jpg (写真はほんの一部。この4倍はあった。。。)


20個くらいは熟れすぎて崩れて捨てましたが、残りはいい香りがして、いい感じれていました。


というこで、ジャム作り開始。

小ぶりの洋梨。100個くらいはあったような。。。。
皮を剥き、芯を取り、切る作業が終わったころには、1時間半経過、手が痛。。

切った洋梨の重さを量ったら、3.6キロでした。
レモンを6個くらい絞って、砂糖は40パーセント。


P7146475.jpg 家にある一番でっかい鍋がいっぱいに。


P7146476.jpg 煮詰めて、だいたい5分の3くらいになって、色も黄色っぽい色からキャラメル色に。

半分は普通にビン詰めし、残りの半分はバニラビーンズをいれました。

P7206480.jpg (カメラで撮ったら赤っぽくなったけど、本当の色はもっと黄色っぽい。)
P7206483.jpg 
試してみたかった洋梨&バニラ。
バニラビーンズがいっぱい!

翌日、瓶に入りきらなった分のバニラバージョンを味見したら、フルーティな洋梨の後に、ほわ~っとバニラが香ってきて、普通の洋梨ジャムより濃厚な感じで、これも美味しい。

日本ではパンに塗って食べますが、こっちでは、ジャムといえば、私はプレーンヨーグルトに入れて食べるのが主なのですが、このジャムも合いそう!!

どっちも、ペコリーノ(ヤギのチーズ)ともめっちゃ合います。


もちろんラウラにも、2種類プレゼント。


気に入ってもらえるといいな。




色黒だから


もう7月半ば!!早い早い~。
あと1カ月もしたらバカンスです。(何もかも未定ですが)


私は生まれつき色黒。それがちょっとコンプレックスでもある。。。


昨日スーパーから出たら、黒人さん(だいたいスーパーの前に一人はいる。で買ったものを車に乗せるのを手伝ったり、カートをもとの位置に戻してくれたり、何かしらお手伝いをして、小銭をもらっている)に、

『フィリピーナ、フィリピーナ~(フィリピン人)』

と声をかけられた。

まぁ周り見たらアジア系は私しかいなかったから、私のことだったようで、「私日本人だけど」と言うと、かなり意外だったらしく、

『えぇっ、うっそ~、日本人??カサルグイディ(住んでる街)に日本人??えぇっ?英語喋れる??』

と言われました。

色黒なので、間違えられた。。。(と自分の中では思っている。)

フィリピン人は、もっとほり深いけど、と私たちなら違いが分かるけど、あっちからしたら、色黒のアジア人=フィリピンあたりの人、なんだろうね。。



そういえば、カルミニャーノに住んでた時も似たようなことがあったなぁ、と思い出した。


スーパー(またもや)でうろうろしていたら、どっかからか、

『サワディーカー、サワディーカー』

という言葉が耳に入ってきて、しばらくしてから、「そういえば、これ、タイ語で"こんにちは"やん」とふと気づいて、パッと振り向くと、鮮肉コーナーのお兄ちゃんが、私に向かって微笑んでいる。。

『サワディーカー。タイ人でしょ?』

って。。。

いやいや、日本人だけど。日本人にしては、色が黒いほうだからね。

とお決まりの返事。


その2週間後くらいにも、どこで、誰にだったか忘れたけど、タイ人に間違われ、内心ちょっと傷ついたりしていたのです。


生まれつきだから、どんだけ頑張っても、元の色より白くはならないんですよね~。。
色白の人が、ほんと~に羨ましい!!


夏・海・日焼け、が定番のイタリアですが、私は海に行っても極力これ以上黒くならないように、いつも通り気を付けよ~っと(>_<)





ここでもフィレンツェ。


週末、久しぶりに大型ショッピングモールのジッリに行きました。

ウロウロする前に、何か食べようと言って、2階のレストラン階に行くと、なんとフィレンツェの中央市場2階のフードコートが!

前からあったセルフスタイルのレストランを取っ払って、最近新しくできたようです。

わーい。


IMG_20170624_180351.jpg 店内の様子。開放感があって◎。


IMG_20170624_180312.jpg 
フィレンツェと同じスタイルで、でも人もフィレンツェほど多くないし、ゆったりとして食事が楽しめるので、うれしい限り。


 
マルゲリータを半分こ。

IMG_20170624_180408.jpg 

IMG_20170624_180325.jpg 
生地がもっちもちで、端っこかりかりで、程よい塩加減でめっちゃおいし~。
7.5ユーロとちょっと高めですが、ジャンニも絶賛するほどの美味しさだったので、少々高くても納得です。


その後買い物に行き、また帰りに小腹がすいたので、目を付けていた中国人がやっている餃子コーナーに行くことに。

普通の牛肉の餃子(蒸)と小籠包を頼んでみました。
2個で15ユーロとお高いですが。。。


IMG_20170624_215121.jpg 
餃子は普通でしたが、小籠包おいし~♡
台湾で食べたものを思い出しました。

でもレンゲをくれないので、お箸で食べると中の肉汁が全部流れ出て、それが残念。。。
とは言え、熱すぎて一口で食べるのは不可能。

でもその不満も覆すほどの本格的な美味しさで、大満足でした。


そのほかにも、お魚コーナー、フライコーナー、パン、ジェラート、ビール、イタリア高級牛肉を使ったハンバーガー、シチリアデザートなどなどがあり、フィレンツェのミニバージョンといった感じで、何を食べようかとウロウロするのが楽しいです。
 

近いうちに、また美味しいものを食べに行きたいな~。




安らかに



麻央さん、安らかにお眠りください。


本当に、本当に残念。。。毎日ブログをチェックするのが日課になっていて、21日に更新されてなかったから、大丈夫かな~、しんどいのかな、と思っていたところでした。

彼女の笑顔をもうブログ上で見れなくなるのは寂しいですが、本当に、お疲れさまでした。

彼女のブログから、元気や勇気、笑顔をもらった方は、本当にたくさんいるはず。

私もその一人です。


かわいいお子さん2人を残していったのは、本当に無念でしょうが、きっと、ずっと近くで見守っているはず。


とっても頑張った麻央さん、本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。