FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月

カビ



新しい家に引っ越ししてから7ヶ月目を迎えます。

この家の悩み、カビ。。。


住み始めた当初から奥の物置部屋はカビが生えやすく、常に換気したり、扇風機を回したりと対策していました。

それでも雨が降らない夏もカビが生え、そこに置いてある皮の靴や木製の物にもカビが生え、常に悩みの種。

そして夏が終わって雨の多い今の時期、物置部屋だけではなく、寝室の壁にもカビが生えて来て、タンスの裏の板とか、木製の置物とかにも被害が。

今の時期太陽があまり当たらない上に、毎日雨ばかりで壁も地面も乾かず、このままでは色々なものがやられる、、、と頭を抱えています。


大家さんに言ったら、寝室にエアコンを付けてくれることになりました。
昨日壁に配管の穴を開けに来ました。
今週中にエアコン設置に来てくれる予定です。

これで寝室はましになることを祈るばかり。



この問題に加えて、洗濯物が全然乾かないのもこの時期の悩み。
乾燥機を買おうか、除湿器を買おうか、ずーーっと悩んでいたのですが、とうとう除湿器を購入しました!

友人に意見を聞いたりして、乾燥機は洗濯物を乾かすのにしか使えないけど、除湿器は洗濯物も乾かせるし、除湿もできるし、家の湿気やカビに悩んでいるなら除湿器の方が役に立つ、ということで除湿器に決定。


色々なサイトでどの商品にしようか検討した結果、ちょっと高かったけどこれにしました。



20191110210424b44.png


三菱のです。日本製だから安心。


日本で加湿器は買ったことあるけど、除湿器は始めて。
正直、除湿器で洗濯物が乾くのか、、と疑問に思っていたのですが、昨日試してみてビックリ、ちゃんとしっかり乾きました!

エアコンの下に置いても1日では乾かなかったのに、一晩で!
同時に部屋の除湿も。

4.5リットルのタンクに4分の3ほどたまっていました。

これでこの時期、天気を気にしないで洗濯できる!嬉しいです。

昨日はカビモードで物置部屋で試しました。
こんなに湿気があるのか、、、とビックリです。


まだ雨の多い時期は始まったばかり。
これからの冬のことを想像すると不安ですが、これで少しは解決しますように。





スポンサーサイト



初冠雪



もう11月、早いなぁ。(毎回こんな書き出しばっかりですが。。。)

10月の最終日曜に冬時間になり、時計の針を1時間戻しました。このたかが1時間が、されど1時間で、1時間早くお腹がすいて、1時間早く眠くなって、1時間早く目が覚め、最初の数日間は結構狂わされます。


最近一気に冬に近づいてきました。
今日朝起きて外に出たら、下界(?)が霧で覆われていました。

PB077613.jpg

PB077620.jpg
雲海みたい。

飛行機から見る景色のよう。



PB077612.jpg

そして初冠雪。(だと思う)
スキー場でも有名なアベトーネの山が白くなっていました。


そしてなんと、霧の上に虹。
ほんの一部でしたが、すごいラッキーな気が!!!


PB077617.jpg

PB077610.jpg

手を合わせて拝みたくなるような景色でした。
ありがたや、ありがたや。


その後、私たちのところも霧まみれに。
朝の一時、貴重な景色を見れたなぁと感動。


早起き(七時半だったのでそうでもなかったけど)は三文の徳、でした。



ぎっくり背中



職場でモノを整理しているときに、背中に激痛。。

一瞬息ができなかった。

少し動くと痛みがはしる。。。


なんじゃこれー。



と思って調べたらこんなのがありました。



↓     ↓     ↓


ぎっくり背中の症状は、
・背中に急激な激痛が走った
・背中の筋肉や筋が攣ったようになった
・一定の角度に体を傾けると痛みが生じる
・息を大きく吸うと痛む

など、の症状が何の前触れもなく突然に現れます。
その痛みも激痛が走って動けなくなってしまうほどの強いものから、寝違えたような痛みのもの、ピリッと痛んでから徐々に強く痛みが増すものまで様々です。

痛む場所は、腰より少し上の辺りから肩甲骨辺りまで!
背中の広範囲に渡って現れるという特徴があります。

ぎっくり背中の原因は、運動不足や同じ体勢を続けていることによる筋肉疲労(コリ)などによって、筋繊維の伸縮性が悪く筋肉が固い状態となっていること!
柔らかいゴムがよく伸びるのに対し、硬くなったゴムは引っ張るとすぐに切れてしまいますよね?
それと同じで柔らかい筋肉は急な動きや衝撃にも耐えることができますが、固い筋肉は耐えることができず細かい筋繊維が切れてしまい損傷してしまうのです。





まさしくこれだと思われます。

絶対運動不足!!!

体がこり固まったいるのだろうなぁ。


やば~。








お空へ。



今日、10月8日は、大切な友人の誕生日。
40歳の誕生日を、迎えるはずだった。

8月28日に他界しました。

夏に日本に帰国したのには、この友人に会うのが目的の一つでした。
「40歳の誕生日までもたないと思うから、みんなで集まってあげれたら」と妹さんから連絡があったのが7月上旬。

8月18日、福岡に会いに行って、それが最後になりました。

最後にさわった手の甲の感触や温度も、ふわふわした髪の毛の感触もよく覚えています。
思い返せば、彼女の声が頭の中に聞こえてきます。

抗がん剤の後生えてきた髪の毛はほぼ白髪で、なぜか襟足だけが普通に黒くて、それを笑いながら言ったら、
『体調よくなったら金髪にしようと思ってるんだよね~』
と言ってくれました。



2018年の正月明け、黒川温泉からの帰りに友人と福岡に寄って会いに行ったら(2011年以来だったと思う)、『イタリアでの治療よく頑張ったね!!』と言ってくれた彼女。そのあと、
『実は私もなっちゃってさ~』
と打ち明けてくれました。きっとすごい勇気が要ったと思うけど。

今年のお正月も会いに行って、そして来年のお正月も会おうねと約束したのにな。


大学時代に一緒にイタリア語を勉強し、その後彼女もイタリアに留学し、そこで今のイタリア人シェフの旦那様と出会い、卒業後も頑張って勉強してミラノの日本領事館に就職、そして結婚。
その後日本に旦那様と帰国し、東京でイタリア政府観光局でお仕事。
その間も「日本でイタリアンレストランを開業する」という夢に向かってソムリエの資格を取り、やっと数年前に故郷で念願のレストランを開けたところでした。
子ども二人にも恵まれ、人生これから、というところだったのに。

悔しいなぁ。

日本でも、イタリアでも、いっぱい思い出あるのです。

イタリア語科の5人グループで沢山の、本当に沢山の時間を一緒に過ごした大学時代。イタリアでも留学生活を一緒に過ごしたり、卒業後は会うことがほとんどなくなったのですが、たまにメールでやり取りしたりして彼女の近況を知り、彼女の生き方には常に刺激をもらっていました。

本人が一番びっくりしていると思うよ、と妹さんが言っていました。
これからも今まで通り、前進あるのみ、だと思っていた彼女。

悔しいよね。びっくりしてるよね。

弱音は一度もはいたことはない、と夏に会いに行ったときにお母さまが話してくれました。
きっと怖かったと思うけど、強く生きたんだね。

別れ際、
『娘がいなくなっても、どうぞいつでもうちに寄ってください。あなた達お友達の姿を見て、娘も生きていたらこのくらいの歳になるんだなぁって思い描かしてもらいますから』
と涙したお母さま。

生きていて、こんなにも辛いことがあるんだねぇ、とお父様と二人でお話していたそうです。

胸が締め付けられる。


悲しすぎる。



残されたご家族に、私がかけられるような言葉、見つからないのだけど、ご両親が、どうか自分たちを責めることだけはないといい、と思います。

私は自分がガンになった時、治療してしんどい時、自分を責めたことはあったけれど、生んでくれた親を責めたことは一ミリたりともありませんでした。
本当に一ミリも。
そんなこと頭の片隅によぎることもなかった。

でも母親って、『こんな体に生んでしまってごめんね』と思ってしまうらしいです。

きっと亡くなってしまった友人も、そんなことこれっぽっちも思わなかったはずだから、ご両親がそう思って悲しむことだけはしてほしくないな、と思うのです。
そんな風にご両親が感じてるとしたら、友人はきっとすごく悲しむと思うから。
そんなこと、思ってるわけないやん!って怒ると思うから。



友人にはありがとう、と言いたい。

頑張ったね、お疲れ様、なのかなぁ。
ゆっくり休んでね、なのかなぁ。


いまだに信じられない。
とても遠いところに行ってしまったのだけど、すぐそばにいるような気もするし。
私の中でずっとずっと生き続けることだけは確かなこと。

最後の最後まで前向きだった彼女に恥ずかしくないような、そんな自分でありたいと、思います。


ゆっくり休んでね、かな、やっぱり。

ありがとう。






続・2019夏、日本②



8月25日から27日は、姉家族も一緒にみんなで和歌山の白浜に。
目的は子供たちのアドベンチャーワールド。


P8257487.jpg
1日目の夕食はプールサイドでみんなでバーベキュー。
お肉もお野菜もたっぷりですごくおいしかったです!


P8257486.jpg
もりもり食べます。




2日目、姉家族はアドベンチャーワールドに、父と母は近くの海鮮市場などに。私は父母と一緒に行くつもりをしていましたが、ジャンニが意外にも「サファリ行きたい、イルカ見たい」と言うので、姉たちと一緒に行くことに。

実は滞在していたホテルがアドベンチャーワールドのすぐ上にあり、夜にライオンやトラの雄たけびが聞こえてきて、見たくなったらしい。

P8277543.jpg
ホテルの部屋のテラスから。アドベンチャーワールドが併設みたいになってて立地最高!


P8267502.jpg
楽しみの一つだったイルカのショー待ち。
お揃いのキャップで親子みたいになっていた二人。



P8267507.jpg
ショー、感動してしまいました。
キュルキュルなくイルカ、めっちゃかわいかった♡


P8267494.jpg
ペンギンさん達が泳いでいました。



P8267518.jpg
サファリトレインに乗ってみんなでサファリを周回。
トラやライオン、熊にホワイトタイガー、しまうまやキリン、などいろいろ見れて楽しかったです。
特にアレキシ大興奮でした。



P8267528.jpg
有り余っているエネルギーを消耗させる。


P8267536.jpg
メインの一つのパンダですが、だら~っと寝ててピクリとも動かなかった&顔も見えず。
見てるこっちも力が抜けました(笑)


P8267541.jpg
もう一回サファリトレインに乗るというアレキシと姉たちを残して、私たちとモリスは一足先にホテルへ。
楽しかったね。

子供が楽しめるだけでなく、一緒に行く大人も十分に楽しめたアドベンチャーワールドでした。



28日(水)
朝はゆっくりして昼前から電車とバスをのりついで、イオンショッピングモールへ。
ジャンニは気に入ったスニーカーを見つけて買っていました。

残りの日は、姉の家に行ったり、スーパーやホームセンターにお土産を買いに行ったりしてゆっくり過ごしました。

2週間、あっという間だったな~。
次ジャンニと一緒に帰れるのはいつかな、また3年後くらいになるのかなぁ、と考えると、貴重な日々だったなぁ。


15692672870.jpeg
ほっこりな一枚。


P8297561.jpg
最後にみんなで記念写真。



「かなえちゃん、なんで明日帰るの~?もりすくん、かなえちゃんにもっとおってほしいな~」と、きゅんとさせられた私。

また冬に、一人で帰るから待っててねー。
ばたばた過ごしているうちに、あっという間に帰国になりそうだなぁ。