io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ dolce・pane(お菓子・パン)
CATEGORY ≫ dolce・pane(お菓子・パン)
       次ページ ≫

ケーキ2連続な週末


先週の週末は、土日2日連続でケーキの注文が。

土曜は、お隣さんのラウラの長男が、CRESIMA(クレジマ)堅信式。

⇒カトリックには、生まれてすぐのBATTESIMO(洗礼)、10歳くらいにする
PRIMA COMUNIONE(初聖体受領(キリストの血と肉とされる薄いパン状のものを最初に受ける儀式))、
12、13歳前後にするCRESIMA(堅信式。自分が信徒であることを確認し、生涯の信仰を誓う)があって、
でその次が結婚、となるらしい。よく分からん。

儀式のあと教会の隣で軽く食べたり、飲んだり、踊ったりするからおいでよ、と誘われ、それなら、まだケーキを注文してないなら、お祝いとしてプレゼントするよ~、ということで、20人分くらいのケーキを作って持っていきました。

家から歩いて2分くらいのところにある教会。19時過ぎに行くともう式も終わって、隣の会場ではみんな飲んだり、軽く食べたりしていました。

お隣さん以外、誰も知ってる人いないねぇ、、、ということで、私とジャンニは30分くらいいただけで、ケーキをプレゼントして退散。

P6096587.jpg 
息子くんの名前を入れる前に写真を。クリスチャンという名前なんですが、CHRISTIAN なのか、CRISTIAN(Hなし)なのか確証がなかったので。。。(正しくはCHRISTIANでした。)

スポンジ、ディプロマットクリーム(生クリーム+カスタード)、生クリームとベリーでデコレーション。
今日ジャンニ母から聞いたところによると(昨日庭で話したらしい)、皆さんに気に入っていただけたようで何よりです。



翌日の日曜日は、少し早いけど友人の娘ちゃん+その旦那さんの従兄の誕生日パーティー。
私の家からは1時間くらいの場所にある友人夫婦の叔母さんたちが所有する別荘みたいなところに連れて行ってもらいました。

IMG_20180610_162916.jpg 持ち家だった古い家を自分たちで時間をかけて修復したらしい。素敵。


IMG_20180610_162935.jpg 

IMG_20180610_162829.jpg 
静かで緑に囲まれた、開放感のあるお家!!!
すっごく広い庭には、サクランボやリンゴ、洋梨、ビワなどの木もあって、ブランコもプールもあって、めっちゃ素敵!!!
いるだけで癒されました。



そして、これがケーキ。

P6106596.jpg P6106602.jpg P6106603.jpg 
色とりどりのフルーツでデコレーションするのって楽しい!
お菓子屋さんで仕事を辞めてから、家で作ったケーキの中で、一番お気に入りのデコレーションです♡。

でも。

名前間違った。。。汗


アンドレアじゃなくて、正しくはアルベルト、なのでした。
前日に「アルベルトの名前も入れるね~」と友人に自分からメールしたのに、なぜ間違った、自分。

型で名前抜いてるとき、アルベルトなんてまったくよぎりもせず、アンドレア、アンドレア、と。。
アンドレアはアルベルトの弟で、「そういう間違いよくあるわよー」と周りからは慰められました。

友人は爆笑していましたが。。。


そんな間違いもありましたが、こんなに日本語ばっかり喋ったの久しぶり!という位、いっぱいゆっくり色んなことをお喋りできたし、友人夫婦の家族や親戚の方もいい人達ばっかりで、みんなに癒され、充実した1日でした。


今週も忙しそうですが、がんばろー。
(と書いたものの、「お前はなんでそんなにイライラしてるんだ」とジャンニに何回も言われた1日でした。反省。)






スポンサーサイト

洋梨のジャム


お隣さんの庭にある、洋梨の木。

P7206487.jpg 
(この写真はすでに収穫後)


7月の上旬、仕事から帰ったら、『このまま放っておいたら、地面に落ちて大変なことになるから、今収穫してるの、手伝いにこっちにおいでよ!』

とラウラ(お隣さんの奥さん)誘われ行くことに。

一人が高枝切りばさみのようなもので高いところの洋梨の枝を切って落とし、もう1人が下でたらいで受ける、という作業をすること30分。

大量の洋梨!!

今年は豊作だったようで、でっかいたらい4つくらいが、満杯に。
そのたらい、1つ分くらいをいただいて帰りました。


ジャムにしたい、でもまだ全然熟れてないし硬い。このままジャムにしても味がなさそう、と思ってネットで見て調べたら、

→果物には、熟してから収穫するものと、収穫してから熟成させるものがあります。西洋梨(洋ナシ)は、日本ナシとは違って「追熟」(熟成させる)というひと手間が必要になります。

ということで、家で出来る限りすずしい場所に、1週間ほどおいておきました。

P7146474.jpg (写真はほんの一部。この4倍はあった。。。)


20個くらいは熟れすぎて崩れて捨てましたが、残りはいい香りがして、いい感じれていました。


というこで、ジャム作り開始。

小ぶりの洋梨。100個くらいはあったような。。。。
皮を剥き、芯を取り、切る作業が終わったころには、1時間半経過、手が痛。。

切った洋梨の重さを量ったら、3.6キロでした。
レモンを6個くらい絞って、砂糖は40パーセント。


P7146475.jpg 家にある一番でっかい鍋がいっぱいに。


P7146476.jpg 煮詰めて、だいたい5分の3くらいになって、色も黄色っぽい色からキャラメル色に。

半分は普通にビン詰めし、残りの半分はバニラビーンズをいれました。

P7206480.jpg (カメラで撮ったら赤っぽくなったけど、本当の色はもっと黄色っぽい。)
P7206483.jpg 
試してみたかった洋梨&バニラ。
バニラビーンズがいっぱい!

翌日、瓶に入りきらなった分のバニラバージョンを味見したら、フルーティな洋梨の後に、ほわ~っとバニラが香ってきて、普通の洋梨ジャムより濃厚な感じで、これも美味しい。

日本ではパンに塗って食べますが、こっちでは、ジャムといえば、私はプレーンヨーグルトに入れて食べるのが主なのですが、このジャムも合いそう!!

どっちも、ペコリーノ(ヤギのチーズ)ともめっちゃ合います。


もちろんラウラにも、2種類プレゼント。


気に入ってもらえるといいな。




また来年。


今年も何回か作ったスキアッチャータ・ウーバ。
ぶどうのスキアッチャータ。

P9255761.jpg 半分は普通の、半分はローズマリーを。アニスがなかったので、ローズマリーをのせてみました。
意外といけた。


P9255763.jpg 上にたっぷりふった砂糖が焦げてかりかりになるくらいまで焼くのが好き。


P9255767.jpg パン生地が、ぶどうのジュースをいっぱい吸って、おいしいのです。
焼きたてよりも、翌日がおいしいです。


前は、アニスなしが好きだったけど、最近は、アニス有りも好きです。
ただ甘いだけの中に、味のアクセントを与えてくれます。

まぁこれはローズマリーだけどね。

それはそれで、いけました。



もうシーズンも終わり。

また来年までさようなら~。



秋の恵み


秋は美味しいものがいっぱい。


ジャンニママがお友達から大量の uva nera ワイン用のぶどうをもらってきました。
3キロくらい??


P9235746.jpg この季節の恒例、schiacciata all'uva ぶどうのスキアッチャータを作るのに使われるぶどうです。

1週間ほど前にもスキアッチャータを作ったし、大量にあるから何かほかのものを、、、と考えて作ったのがジャム。

何個かネットでレシピを見たら、種なしのブドウを使うか、種ありだったら種を取って、と書いてあったので、ブドウを一粒開けてみたら、、、

1粒に、小さい種4つ発見!!!

何百個もあるのに無理無理!!

ということで、そのまま鍋にINしました。後で濾せばいっかー、って。


ぶどうはそのままでも甘みが強いので、普通のジャムを作るよりも砂糖はかなり少な目の、25パーセントから35パーセントでよいと書いてありました。

1キロ強のブドウに対して、300グラムの砂糖をいれました。あとレモン汁。


ことこと煮て、灰汁を取って、かき混ぜながら、浮いてくる大量の種をすくい取って・・・。
煮詰まったころには、ほとんどの種も見えなくなってていい感じ。

濾そうかなとも思ったけど、そしたら皮も全部なくなってゼリーのようなジャムになるので(あまり好きでない)そのままにしておきました。

ちょっと種あるのも味わいの一つということにしておきます。


スキアッチャータを作るときのぶどうは、わざと種ありのものを使います。
種の食感も、スキアッチャータの美味しさのうちだと、みんな言います。

そんな感じで、このジャムにも、少しの種が。

って都合の良い言い訳か??笑


P9245756.jpg ワインのような、きれいな色のジャムができました。


味見してみたら、濃厚であまーい。あの砂糖の量でこの甘み、ぶどうの甘みってすごいなぁ。


そしてそのジャムで作ったクロスタータ。ジャムのタルトです。

P9245749.jpg 

P9245753.jpg 

P9245758.jpg 
秋の味がぎゅっと詰まってて、おいしいなぁ。



日本へのお土産



いつもケーキを注文してくれるKちゃん。

数日後に日本に一か月弱帰国するとのことで、『biscotti ai fichi -いちぢくのビスコッティ』をお土産用に注文してくれました。


ケーキを注文してくれた時にお味見としてプレゼントしたものを気に入ってくれたようです。


『アーモンドのビスコッティはどこにでもあるけど、いちぢくのは珍しいし美味しかったので!』

と言ってくれました。



P5075225.jpg

8袋ご注文いただきました。一緒に日本にいってらっしゃーい。




そして以前Kちゃんにいただいた抹茶。賞味期限がせまっていたので、サブレを作ってプレゼントしました。


P5075228.jpg

プレーン、抹茶、カカオです。


周りは砂糖できらきら。さくさくほろほろでおいしいです。

卵なしなので、卵アレルギーの方にもいいかもね。


喜んでいただけるといいなぁ。