io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2012年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年07月
ARCHIVE ≫ 2012年07月
      

≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

4年ぶり

水曜日、昔ドルチッシマ(前の職場)に研修に来ていた女の子が、日本からフィレンツェに来ると連絡をくれたのでフィレンツェまで会いに行ってきました。

1ヶ月のイタリア旅行、ほぼ全部をシチリア周遊に費やした彼女。
1日だけフィレンツェにちょっと寄ってくれました。

7時に待ち合わせして夕食へ。

長い間会ってないから私のことわかるかな~と不安でしたが、お互い即わかりました。
シチリア周遊でこんがり焼けて地黒な私より黒い!

話しているうちに、4年ぶりなことが判明。2.3年だと思っていたのでびっくり。。。

友達の働いているエノテカ(ワインバー)で軽く食事。
アルノ川沿いにあるとーってもおしゃれなところです。
IMG_5516.jpg
(水飲んでるのがオーナーのステファノさん。この日は結局私ら2人しかお客がいなくて貸切だった。。)

今までの積もりつもった話をいろいろして楽しい時間をすごしました。

9月か10月くらいに、アンコーナの近くにある料理学校に通うため渡伊してくるということです。
また会おうね~と約束してお別れしました。


さて、オリンピック始まりました。
イタリア、あんまり熱狂してない気がするけど・・・

フェンシングで金銀銅を、射撃で銀メダル、アーチェリーで金を獲り、日本とは違う分野で活躍してます!
イギリスとは時差が1時間しかないので時間的に見やすいのがいいです。

ジャンニもマンマもあまり興味なさそうなので一人でテレビで見ていますが。。

日本もイタリアもがんばれ~。
スポンサーサイト

10度差

一気に気温が10度もさがり、少し肌寒いです。
風も強くて、ひんやりです。。春にもどったみたい。

なので久しぶりにブリオッシュを作りました。
バターが扱いやすくてよかったです。

層もきれいにできました。
IMG_5499.jpg

IMG_5512.jpg

切れ端も捨てずに使ってレーズン入れてくるくる。
これがまたおいしい・笑
IMG_5510.jpg


そして、昨日作ったジェノベーゼを使ってサラダを作りました。
最近野菜不足だ!!

プチトマトと、蒸したじゃがいもと、カリフラワー、ズッキーニに和えるだけ。
普段と少し違った野菜サラダ、食べやすくて美味しい、夏の味~。
IMG_5506.jpg

バジリコ

家ですくすく育っているバジリコ、使わねば。。!
IMG_5475.jpg

初ジェノベーゼソースを作りました。
ジェノベーゼソースを見ると、フィレンツェでいた頃一緒に住んでいた友達を思い出します。
しょっちゅう食べてたな~。

バジリコ、オリーブオイル、にんにく、松の実、塩、パルミジャーノをいれてフードプロセッサーでがーっとまわすだけ。
IMG_5483.jpg

できました。
IMG_5487.jpg

明日パスタしようかな~。美味しくできてるといいな~。





『眠いから放っておいて。。。』

IMG_5488.jpg

夏の定番

カルミニャーノは少し山の上にあるのでジェラテリアがありません。
車で3.4分下ったらありますが、めんどくさい。。

ということで、じゃじゃーん。
IMG_5466.jpg

この時期、移動ジェラテリアがやってきます。
『ぱぽぱぽ』とちょっとまぬけな音を鳴らして来たことを知らせてくれます。
子供の時にもどったみたいにわくわくする感じ。

今日はむしょーにジェラートを食べたかったので音を聞いて3階から走って下りました。
小さいトラックなので種類はそんなに多くないですが、それでも十分。

カルミニャーノの下にあるSEANOセアーノという街にあるジェラテリアの移動屋台。
ここのジェラテリアはいつも大繁盛で外にも人があふれてます。
種類も多いし、おいしいです。
ここのヨーグルトは少しまったりした感じで、最初はあまり好きではなかったのですが、だんだんはまってきました。
まったり、こっくり、でもヨーグルトなのでさっぱりで、毎回はずせません。


ジェラートのほかに、この季節かかせないもの。
アイスレモンティー、砂糖多め。ジャンニの好物です。

庭にあるレモンの木。
IMG_5468.jpg

レモンぽくない、イヨカンみたいな丸い形ですが。。
中身はジューシー!
IMG_5470.jpg

レモンがなくなったので、地面に落ちていたレモンを絞ってみる。。。
さわやかでとってもおいしいレモンティーができました。

お手伝い

最近はジャンニの仕事を手伝っています。
人手不足のため。

ジャン二はブランドのカバンや靴のアクセサリー=カバンのとめ具とか底の足、ベルトのバックル、ボタンなどを作る仕事をしています。

ブランドはベルサーチやグッチ、アルマーニなどのイタリアンブランド。(本物!)
「作る」といっても一からするのではなく、いろんな過程の中の「溶接」の部分をやっています。

たとえばこのベルサーチのボタンは・・・
imagesCAMDMHI6.jpg

『ボタンの土台』の部分と、『メドゥーザの顔』をくっつけないといけないので。。。

取引先からもらってきた土台を作業台に一列に並べて、銀で顔をきれいにくっつけていきます。
バーナーのようなものを使って作業しています。火を使うので今の時期、暑い!!

私はひたすら部品を並べるお手伝い。

数が3000個とか5000個とか、気が遠くなるような、根気の要る作業。。
忍耐と集中力が要る!!
内職みたいなので、ひたすらやり続け、気がついたら何時間もたってて腕だる~、て感じです。

大変な仕事だな~と手伝って実感。

バカンスまで約2週間。7月末くらいから仕事の量がだんだん減り、8月はほとんどない状態になります。
それまであと少しお手伝いがんばります。

ジャックも毎日一緒に仕事についてくるのですが、家に帰ってきてからのジャックの日課、
夕方、ベランダから外の偵察。
散歩中の犬や通りかかる人をコントロールするのが好き。
今日も定位置にいました。
IMG_5204.jpg

ラスク

数日前に買った乾燥して硬くなってるバゲット発見。
バゲットっていっても、純粋なフランスパンとはちょっと違うけど。。

形はフランスパンだけど、こっちのって空気が全然入っていなくてむっちりしています。
目が詰まってぎゅっとしてます。それはそれでおいしいからいいけど。


ということでラスクを作りました。
フレッドくん(お姉ちゃんのだんなさん・カナダ人)がくれたメープルシロップで作ってみました。
IMG_5456.jpg

バターとメープル、砂糖を混ぜて、焼いて乾燥させた薄切りしたパンにぬりぬり。

オーブンに戻す前に、半分は普通の砂糖をぱらっと、もう半分はブラウンシュガーとシナモンをパラっ。
シナモン大好き~。シナモンは自分用です。
なぜならジャンニはシナモン苦手だから。

カリッとおいしくできました。
IMG_5458.jpg
やばい、やたら食べてしまう。。

そういえば5月に一時帰国して大阪のデパチカに行った時に、『ガトーフェスタハラダ』というお店に長蛇の列が出来ているのを発見。
後でお姉ちゃんにきくと、そこのラスクがブームらしい。
ラスクがブームねぇ。。

こっちではデパチカなるものもないし、どこかのケーキ屋とかお店に行列ができているなんてこともないので、久しぶりに日本に帰ってこういうのを見ると、不思議になります。
その忍耐と、おいしいモノへの好奇心と、敏感さ。。

ジャンニからすると、この光景は不思議というか、少し異様にうつるようです。


ちなみに。。
さこ家の大好物『クラブハリエ』のバームクーヘンを売ってるお店の横にできたハラダのお店。
今まではバームクーヘンを買うのに行列ができていたのですが、人々の心がラスクに動いてしまったため、クラブハリエには全然人が並んでいませんでした。
これで並ばずしてバームクーヘンを買えるようになったので、ラッキー!!

夕食の後、耳の掃除の話になり。

イタリア人、というか白人は綿棒で耳掃除をします。
なぜなら耳垢が湿っているから。


「私はみみかきっていう木の棒(??)で掻いて耳掃除するよ、耳の中が乾いているから」と言うと、


『なーに言ってんのよ、そんなことあるわけないじゃない、耳垢が乾いているなんて』
と半分馬鹿にしたように返事をするマンマ。。

「アジア人は全体的に耳の中が乾いているから」
と言うとまじでびびっていまいした。。

『日本人は耳が乾いているんだよ!後でカナエにミミカキ見せてもらいな』と自慢げなジャンニ。

後でマンマに愛用の耳かきで耳を掃除して見せると、またマジでびびっていました。


『こんな木の棒を耳の中に入れるなんて、危険!!怪我するわよ!!!』て。。

私らは慣れてるし、どこまで耳かき入れたらいいか分かってるから大丈夫と言いましたが、
意外と知られていないものなんですね。。。

IMG_5443.jpg
今日も暑かったね、ジャック。。

う~ん。。

なかなか思い通りに物事がすすまない、このごろ。
ちょっといらいらしてます。

フィレンツェにいた頃は、自分の空いてる時に歩いて、自転車で、バスでえいっっと行ってしまえたのですが、今はそうも行かず。

ちょっと不便なところなので、そういうわけにいきません。

警察署に、保健所に、県庁に、っていったって、結局車がないと行けないのです。。
コムーネとかは家の近くにあるからいいけど、↑のはプラートの市内まで行かないといけないのでめんどくさい。

ジャンニの仕事の都合を見ながら計画立てるのですが、いきなりの仕事もあるわけで。。
計画通りにいかないこと多々。

そしてイタリアの役所仕事、人によって言うことがかわったり、遅かったり、やたら受付時間が短かったり、そんなん言ってなかったやん!ていうこも多く。

そろそろ慣れろよ、自分、と思うのですが、つもり積もったらやっぱりキレそうになります。
慣れているつもりなのですが、いくら慣れても中身は日本人の私なので。

いいぃーーーーーーーーーーーーー。


こんな私をなだめながら、振り回されてくれるジャンニに感謝。。

いらいらしたときは、ジャックを触る!なでなでする!話しかける!
ペットの存在ってすごいな~とほんとに思うのです。。

おやすみ。。IMG_5454.jpg

週末

木曜の夕方からマンマとジャックはジャンニの弟のところに行っていました。
気分的になんとなくゆったり。。。

土曜日は掃除掃除洗濯でした。

部屋のテラスは直射日光150パーセントです。暑い。
洗濯物も数時間で乾く勢い。
服は色あせしそうなのであんまり干したくないけど。。

テラスからはトスカーナのゆったりした山並みが見えます。
IMG_5422.jpg

前には、斜面にオリーブの木がはえているこんもりした丘。
IMG_5425.jpg

こんな感じなのでアグリトゥリズモをしている所も結構あって、ドイツ人とかオランダ人が来るのが多いそうです。


日曜日はマンマを迎えに行くついでに、弟のフランチェスコの所にお昼を食べに。

ボンゴレビアンコ、タコとジャガイモのサラダ、カラマリリピエーニ(イカの詰め物)、
そして今日は魚でした。branzinoスズキとorataクロ鯛。
開けたおなかの中には、魚の臭みを取るためにローズマリーと、にんにく。
IMG_5429.jpg

フランチェスコ、わざわざ外のグリルで焼いてくれました。
細長いほうがスズキで、平たい丸っこいほうが鯛です。
IMG_5432.jpg

パスタ食べた時点ですでにほぼ満腹。タコサラダは食べましたが、カラマリはパス。。
スズキをジャンニと半分こしました。おいしかった~。


食後、ジャン二とフランチェスコは近くのバールにカードをしにいきました。
おじさんとかおじいちゃんにとって、カード遊びは日曜日の午後の過ごし方の1つ。
IMG_5435.jpg
最初はテーブル1つだったのに、時間後くらいには3つに増えてました。
しかも延々とやり続けます。
3時にしに行って7時前まで戻ってきませんでした。。
ジャンニは先に戻ってきたけど、8時くらいまで続くそうです。

帰る前、バールの裏で飼っているイノシシを見せてくれました。
ナマハムとかにするために飼っているそうです。いっぱい。。
にわとりもいっぱい。採れたての卵もくれたりします。
IMG_5452.jpg IMG_5449.jpg

4日ぶりに家に帰ってきたマンマは、『自分の家が恋しかったの~』と嬉しそうでした。
今週はきびしい暑さが戻ってくるようです。はぁ~。

杏の季節

杏をもらいました。甘酸っぱい杏、そのまま食べるのがもちろんおいしいのですが、大量なのでジャムにすることに。
IMG_5410.jpg

イタリア人、ジャムを使ったお菓子がすきです。
しかも結構大量に使うので、うえぇ、と思ってしまいます。

クッキーに乗せて焼いたり、クロスタータ(ジャムを詰めたタルト。ジャムメイン)にしたり、クロワッサンの中につめたり。

ジャム作りですが、まず杏を半分に切り種を取ります。実が残っているジャムが好きなので細かくは切りませんでした。
IMG_5412.jpg

その後砂糖とレモン汁を入れて灰汁をとりながらぐつぐつ煮ます。

できました~。
きらきらしてとっても美味しそう。
IMG_5418.jpg

が。

なんとほかの事に熱中している間に、完成直前に若干焦がしてしまった!!
なべの底が少し焦げただけなのですが、焦げたにおいや風味は全体についてしまうので残念ながら満足いく出来にはなりませんでした。。うぅ。

食べたらほんの~り焦げた風味が。言わなかったらわからないくらいですが、やっぱり感じる。。
友達にあげようと思っていたのに、残念。。。

料理に使ったり??お菓子に作りに使ったり??
悔し紛れに試しにパウンドケーキに混ぜて、マーブルにしてみました。

まだ味見してません。。

カルミニャーノの乾燥いちぢく

先週のような激しい暑さがひと段落して、今週はまだ過ごしやすいです。
朝晩はひんやりした風がきもちいいのでクーラーはいりません。
扇風機だけで十分。

カルミニャーノは山にあるので、フィレンツェなどの都市に比べると断然涼しいと思います。


そんな私たちの住んでいるカルミニャーノこと、少しずつ書いていこうと思います。

私たちはコムーネ(市役所)で結婚したのですが(宗教婚と民事婚があってどちらか選ぶしくみ。私はキリスト教じゃないし、宗教婚はめんどうなので民事婚です)、式が終わってから準市長さんがいろいろ手土産をくれました・笑

その中に『I FICHI SECCHI DI CARMIGNANO』(カルミニャーノの乾燥いちぢく)という本がありました。

i fichi secchi di carmignano

カルミニャーノは乾燥いちぢくの産地です。
スローフードの保護の対象にもなっていて、赤ワイン同様、カルミニャーノの名産として有名だそうです。

いちぢく大好き~。日本では好んで食べなかったのですが、こっちに来てから「いちぢくってこんなに甘くておいしかったんか~」と再発見。大好きになりました。

先日もスーパーで見つけて買おうかと思いましたが、高かったので断念。
ジャンニ曰く「買わんでもそこらへんで取ってやる」らしいです。。。
確かにいちぢくの木、よく見かけますが。。。

乾燥いちぢくはカルミニャーノの10軒あまりの零細農家が手間をかけて手で作っているらしいです。
乾燥いちぢくに使われる白いちぢくの収穫は8月中旬ころから始まり、販売するのは9月29日、カルミニャーノの守護聖人サン・ミケーレの祝日より前には販売できない、と規定があるということです。

手間をかけて作る分お値段も高いようですが、今年ぜひぜひ買ってみたいです!
そのまま食べるとぷちぷちして、じわ~っと甘みを感じられておいしいですよね。
買ったらビスコッティとか作ってみたいな~と思っています。

決勝戦

イタリア対スペインの決勝戦。

なな、なんと0-4で負けてしまいました。

チームが疲れていたのもあるし、3人交代しつくした後に怪我で1人抜けて後半は10人でプレイすることになったり、ついてなかったのかなぁという感じでした。

バロテッリなんか4点目入れられたあと、膝ついてがっくりしてました。まだ試合終わってなかったのに。
ああいう姿は試合が終わるまでは見たくなかったなぁ。。
試合後、選手たち、泣いてました。

イタリア人、期待大だっただけにかなりがっくりきていました。
予選のときはぜんぜん期待していなかったくせに、、という感じです。

サッカー番組では結構酷評されてましたが、試合のたびに感動させてもらったので、やっぱり「ありがとう」という気持ちをみんな持っていると思います。

次は2年後、ブラジルでワールドカップですね!!

というか、もうじきロンドンオリンピック始まるの、まったく忘れていました。
こっちでは全然そんなムードないですが、日本は盛り上がり始めているのかな??


話は変わりますが、藤の花ってマメ科って知ってましたか??
家の藤棚からインゲンマメみたいなのがいっぱいぶらさがっているの発見。しかも10センチ以上で結構でかい。
IMG_5405.jpg

見たことなかったので、びっくりして思わずマンマに「このマメ、食べれるの??」って聞いたら食べれないとのこと。
当たり前か。。毒があるみたいです。

この後、サヤと中の種が乾いて茶色になるみたいです。


では、暑い日が続きますが、体調管理気をつけてすごしましょう。

ジャンニーノ

暑いです。。カルミニャーノはまだましな方なのかもしれませんが、暑いです。
フィレンツェは39度とか40度だとか。

金曜日は、ジャンニの従兄弟ジャンニとそのタイ人の彼女ジェーンが夕飯を食べにきました。
同じ名前なので、ジャンニーノ(小さいほうのジャンニという意味で)と呼ばれている彼。
オーストラリアでコックとして働きながら暮らしているのですが、バカンスで帰郷してきたということで来てくれました。
29歳の彼、最初イギリスにコックの仕事で渡り、2年ほどいた後、オーストラリアのシドニーに移り、そこでジェーンと知り合ったということです。

とてもシンプルでかわいい子です。

ジェーンはイタリア語がわからないので、片言の英語で対応。かなりやばかったです。
しかも彼女の英語は、ほぼほタイ語に聞こえるくらいタイ語なまり(泣)
普通の英語もよく聞き取れない私には、結構きつかったです。。。
が、アジア人同士なんとなく分かり合えていたのでいいか。

さすがタイ人、おかあさんの作ったリゾットに、唐辛子入れていた彼女。
1個でもすごく辛い唐辛子を、3つくらい入れて普通に食べてました。

11時過ぎに「じゃあ帰ろうか」と言って帰りかけて立ち上がった2人。
でもイタリア人は「じゃあね」と言ってからまた話が始まるので実際帰るまでが長い。。
しかも立ったまま延々話し続けます。
ジャンニも例に漏れずそんな感じでした。
15分で終わればいい方かな。。

「帰ろう、って言ってからいっつもこうなのよね」と腕時計みながら言っていたジェーン。
うん、わかる、わかる。

結局30分後に引き上げていきました。

7月10日に出発なので、また時間あったら会おうねーと言ってお別れしました。

来年くらいに結婚する予定を立ててるらいいです。オーストラリアで形式的なものをして、その後イタリアできちんと式をする、と言っていたのでその日が楽しみです。
IMG_5407.jpg


さて、あと1時間ほどでイタリア対スペインの決勝戦です。
予選では1-1でしたが、決勝はどうかな~。みんなかなり盛り上がってます!
楽しみ~。