io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

パリ②-1

2日目、朝。
窓から空を見たら晴れてた!よかった~。
でもその分空気が冷えてさむ~。

ホテルの朝ごはんは、軽くバゲットやクロワッサン、ヨーグルトとコーヒーなどでしたが、
バゲットうま~。うまうまでした。
IMG_5978.jpg
粉の味がじわ~っとして、外はパリッと香ばしく中はもっちりしっとりでうま~。
二人で感激。


この日はぶらぶらパリを散策。
IMG_5885.jpg こんな感じの建物ばかりです。

IMG_5892.jpg

IMG_5896.jpg パン屋さん。

IMG_5895.jpg 扉もなぜかおしゃれ。 

IMG_5900.jpg 
通りかかったサン・ストゥタッシュ教会。周りが工事中。

IMG_5907.jpg 中のステンドグラス。

そしてチェックしていたキッチン用品屋さんに行きました。
4軒はしご。

1軒目 MORA
IMG_5908.jpg
使い捨て絞り袋、口金サイズいろいろ、シリコンのミニケーキ型など買い、

2軒目 LA BOVIDA
お菓子などを入れる透明の袋を買い、

3軒目 A.SIMON
マフィン型に入れずに焼ける、硬めのマフィンカップと泡だて器を買い、

4軒目 E.DEHILLERIN
IMG_5909.jpg

カラフルマフィンカップなど衝動買い。

イタリアではなかなか見つけられないものなどを見つけ、つい興奮して買ってしまいました。
4軒目で買ったマフィンカップとか1000枚入りなので、めっちゃ作らなあきません。
一番出費の激しかった魔のゾーンです。

祐子ちゃんもスパイス入れとか、頼まれもののナイフなどを購入してました。

歩いて歩いて歩いて~。
IMG_5911.jpg おしゃれ

IMG_5916.jpg かわいいと思ったら地下鉄の入り口だった!

モンブラン大好き祐子ちゃんのチェックしていた『アンジェリーナ』にモンブランを食べに。
きれいなケーキのウィンドウにうっとり~。
IMG_5924.jpg
ジュエリー屋さんみたいでめちゃきれかったです。

悩んだあげく、私もモンブランを。
IMG_5919.jpg でか!!

IMG_5921.jpg

メレンゲの土台に、生クリーム、そしてマロンクリームで覆ってあるシンプルなモンブラン。
マロンクリームがすっごい濃厚で、どストレートの栗!!!濃い~。
なんと、1個完食できなかった。。。
半分ちょっと食べてギブアップしてしまった。。。甘いもの好きの私でこれなので、かなり濃厚です。

ケーキの中でモンブランが一番好きな祐子ちゃんは、私が残した分も食べてました。

その後もぶらぶらしつつ、フォションのお店を覗いたり。
IMG_5939.jpg

IMG_5938.jpg
きれいなウィンドウ、つーかエクレア1個が、7ユーロとか8ユーロって!!!

その後はちみつ屋さんに行き、
IMG_5934.jpg

IMG_5936.jpg
はちみつ屋さんの床のタイル。なんと店内にも蜂が数匹飛んでいた。。ちょっとこわかった。

マスタード屋さん、マイユに行きマスタードを買い。
IMG_5940.jpg

荷物がとっても重かったので一旦ホテルに戻り、夕方の散歩のために休憩~。

続く
スポンサーサイト

パリ①

9月17日からイタリアにバカンスに来ていた留学時代からの友人、祐子ちゃんが27日、日本に帰国。。
さみし~。
そしてそのとたんに雨。。
晴れ女だったのかしら。。。

そんな彼女と21日から3泊4日で行ったパリ小旅行。
19の時にいったきりだったので、なんと13年ぶり・・・??
いつのまにそんなに経ってしまったの~。。。

21日は夕方5時頃にフィレンツェ空港を出発し、夜6時半にオルリー空港に到着。
P9221589.jpg
フランス色の地下鉄の列車。

その日はパリ市内のホテルまで移動し、近くで夕食を。
つーか、雨降ってて寒かった~。。。
イタリアでは10月後半くらいの格好をみんなしてました。

夕食は近くで済ませようということで、散策。
おしゃれなビストロを見つけたものの、メニューのフランス語全然わからん!!
IMG_5871.jpg

でも店員さんが片言の英語で訳してくれたのでなんとか注文できました。

・エビのラビオリ
・牛肉のグリルとポテトフライ
・ミルフィーユ

を注文。デザート以外は半分こです。

エビのラビオリ、オレンジ色の泡だってクリーミーなエビのだしがめっちゃきいたソース。
IMG_5874.jpg
イタリア料理にはない、フレンチの味だった!!!
濃厚~。

ステーキ、かなり普通。しかも24ユーロもする。
IMG_5875.jpg

ミルフィーユ、普通のを想像してたからちょっと肩透かしを食らった感じでした。
パイ生地はキャラメリゼもなしの普通のパイ生地。
クリームはなぜかレモン味でまったく甘くなく。一緒にチェリーを食べたらまぁ甘いかな、と。
なのでちょっと期待はずれでした、8ユーロもするのに?!?!
IMG_5876.jpg
チョコレートケーキにすればよかった。。。

まぁいい雰囲気でリラックスして楽しく食事できたのでよかったです。

ホテルに帰って翌日からの予定を少したて就寝。


13年ぶりのパリはしとしと雨でした。
P9221593.jpg

続く

パリ~

昨日パリ3泊4日の旅から帰ってきました。
17日からイタリアにバカンスに来ている日本人の友人との小旅行。

パリ素敵!!!

いろいろ回ってると3日では足りません。

あこにも行きたかった~
あーあれも食べたかった~
あーあれ買えなかった~

などなど、未練たらたらです。

落ち着いたらまた日記に書いていきます。
帰国したのでとりあえずご報告。。。

では。

IMG_5967.jpg

ビバ パリ!!!

schiacciata con uva②

土曜日の今日も仕事~。

4時に終わったので帰ってきてからスキアッチャータの生地をこねこね。
今回は2つに分けました。

IMG_5835.jpg
種ありです。

私バージョン(手前)とジャンニバージョン。
IMG_5838.jpg

前回ほど厚くならないようにかなり薄く生地をのばし、私は砂糖とブラウンシュガーを半々で、好みでシナモンを少し振りました。どうなるかは?やけど。
ジャンニは普通バージョン。ちょーっとだけアニス入れてました。

ふちも薄めに仕上げてオーブンで約1時間。

待てずに焼きたてを食べるジャンニ。。。
翌日のほうが生地もしっとりなじんでおいしいのに~。

まぁでも、あつあつをおいしいと言って食べていたからいいか。。。
マンマもおいしいと言ってました。

葡萄の果汁と振りかけた砂糖がシロップになって染み込んだ紫色の生地。
しっとり、というかそれを通り越してねっちょりしているのがおいしいねんな~。
IMG_5851.jpg

IMG_5854.jpg


シナモンの結果は~。
私的には合う!!
シナモン好きにはたまらんと思いますが、どうでしょう。


IMG_5857.jpg

schiacciata con uva

はぁ~、忙しいです。。。

バカンスが終わった後は徐々に忙しくなるのが普通らしいのですが、今年は終わっていきなり忙しい、とジャンニが言ってました。

先週は土日も仕事し、今週もかなり忙しいです。
それなのに、クローゼット作りも同時進行し、どうしていいのやら、、です。。
日曜と月曜で壁はほぼぬり終わりましたが、仕上げがまだ。
クローゼットの内部はイケアに週末買いに行く予定。。
IMG_5828.jpg
(塗ってる途中。)

来週は日本から友達が来るのにこんなので大丈夫か。。。と不安です。


とこんな感じなので、なかなか時間がなくお菓子作りもゆっくりできず(泣)
時間をみつけてschiacciata con uva を作ってみました。

9月のワインを作る葡萄の収穫時期になるとパン屋などで売られ始めるschiacciata con uva.
トスカーナのブドウのパン菓子です。
パン生地の間に葡萄がたっぷりで、下の生地は葡萄のジュースを吸ってきれいな紫色。

初めてだったので生地の薄さとかがよくわからず結構適当につくりましたが、なかなかおいしくできました。
個人的にアニスはあまり好きでないので、半分はアニスあり、半分はなし。
IMG_5819.jpg

IMG_5820.jpg

ジャンニいわく、下の生地が厚すぎたのと、葡萄に振りかける砂糖の量が少なめだったので、次回はそこを改良するようにとのことです。。はい。
下の生地は薄くて葡萄のジュースを吸ってべたっとしてる感じのほうがおいしいらしい。

今回はuva fragola(いちご葡萄)を使って少し水っぽくなった感があるので、次回はuva nera(黒葡萄)をつかおうと思います。
後者のほうが小粒で、風味が濃いようです。
(これもジャンニに言われました。なんでuva fragola使ったんや、と。。)

旬のうちにまた何回か作りたいな~と思います。
次はもっとおいしくなるようにリベンジ!!

pizza pizza

土曜日の夜、フランチェスコ(ジャンニの弟)がピザを焼くからと声をかけてくれました。
7月にピザ釜を買ったので披露してくれるとのこと。

前日から雨が降り、この日も天気が悪かったので山の上にある家はさむ~。。

7時過ぎに家に着くとピザ釜はもう準備できてました。

IMG_5816.jpg
(ちなみにピザ釜の横にはグリル用の釜も別にあります)

机の上には布巾に覆われた手捏ねのピザ生地が。
IMG_5810.jpg

最初はcovaccino(ピザ生地のみを焼いたもの)でためし焼き。
生地を薄くのばしたので、たまに回転させながらあっという間に焼けました。
IMG_5806.jpg

これがまたうま~。
オリーブオイルと塩のみ。
生地のうまみをシンプルに感じられるので好きです。

その後トマトソース、モッツァレラ、ハム、きのこでprosciuto e funghi、アンチョビを乗せたピザも作ってくれました。
IMG_5808.jpg
薄く伸ばした生地にトマトソースをぬりぬり。
IMG_5809.jpg
オリーブ、カルチョーフィ、モッツァレラなどの具。
IMG_5812.jpg
(焼く前。焼けた後は熱々のうちに食べないと、と必死だったので写真ありません。)

そしてカルツォーネ(半分に閉じたピザ生地の中に具が入っているもの)も焼いてくれました。
ぷっくら焼けてる。。。!!!
IMG_5813.jpg

どれもこれもうまうま~。
みんな「おいしい、ピッツェリアで食べるのよりおいしい!」を連発。
ほんとにおいしかったです!

「これだよ、これ!この石釜だよ!!これが必要なんだよ!!!」
ととっても自慢げなフランチェスコでした。

ほんとーにおいしかったです。ごちそうさまでした、フランチェスコ。

バカンスの前半のこと

9月です、もう9月!
そして数日前から雨が降り、肌寒いです。。。
夏の間まったく雨が降ってなかったので、大地はカラカラだから雨もいいのですが、週末はね。。

バカンスも終わりましたが、とても充実してて楽しかったです。
9月からカジノ貯金をしようと決めました。
貯金箱まだ買ってないけど。。
5ユーロ札が手にあるときは入れようと思ってます。あと小銭も。


ちなみにバカンス前半はどうすごしたかというと。。。

8月12日土曜日の朝8時に出発し、ボローニャ、パドヴァ、ヴェネツィア、トリエステを越え、約6時間後の2時にスロベニアのポルトローザという街に到着。
ポルトローザはイタリアとスロベニアの国境近くのトリエステから約20キロほど。
クロアチアとの国境にあるリゾートです。
IMG_5578.jpg

一気にクロアチアのザダルという街に南下するのはしんどいので、ここで2泊することに。
去年も4泊ほどここでしたのですが、特に何があるというわけではないけど、なんとなくリゾートな雰囲気が好きです。
もちろん魚もおいしいです。そしてイタリアの3分の2くらいの値段で食べられます。
IMG_5575.jpg

ポルトローザでは何をしたというわけではないのですが、海でのんびり。

14日にザダルに向けて出発。
ポルトローザから車で5分ほどでクロアチアとの国境があります。
そしてひたすら高速でザダルに。
6時間ちょっとのドライブでザダルにつきました。

2日間ここに滞在し、夜は旧市街を散策し、昼は海で過ごしました。
IMG_5607.jpg

IMG_5609.jpg

IMG_5614.jpg
ザダルの旧市街

IMG_5620.jpg
聖ドナート教会

16日はここから1時間くらいのヴォディチェという海の街へ。レベッカもジャンニの前の奥さんとバカンスで来ているので一緒にすごすために訪れました。
フランチェスコ(弟)夫妻はやその他いろいろで海へ。
南下するにつれて海がきれい~。
フランチェスコの息子のマッティアも海水浴。4歳、まだ泳げません。
IMG_5639.jpg
肌真っ白、強めの日焼けぬってます。髪の毛も金色でかわい~。

ムヨは1日中浮き輪の穴にすっぽりはまってまったりしてました。かなり癒し系。
IMG_5636.jpg

何をするわけでもなく、泳いだり、本読んだり、日焼けしたりトランプで遊んだり、それぞれ好きなようにすごしてリラックスしました。

数日過ごしたあと、私たちはドブロブニクに行きました。
長いようであっという間だった2週間、来年はどこかな~。