io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2013年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

トマトの初収穫

ここ2週間のいい天気のおかげで、トマトの初収穫にいたりました。

まだちょっとしかできてないけど。。
とりあえず15個くらい獲ってみた。

はさみでぷちっ。

自分で育てたトマトだけに嬉しさ倍増です!       


       IMG_7361.jpg


       IMG_7362.jpg
つやつや光ってて、きれい。


       IMG_7363.jpg
普通の丸いタイプと、


       IMG_7364.jpg
細長いタイプ。


洗って味見してみたら、意外にも甘くてびっくり。
水をあまりやらないS生育のおかげでしょうか。。?
スポンサーサイト

今年もジェノベーゼ

ジャンニが種から植えたバジリコがすくすく育って、鉢にぎゅうぎゅうでしんどそうなので、ジェノベーゼソースを作ることにしました。
(そういえば去年も作って日記かいたな~と思ってしみじみ。。)

       IMG_7346.jpg
種をまいてほったらかしておいてもこんなに育つのだから、とっても楽チンです。

       IMG_7348.jpg
オリーブオイル・塩・にんにく・(かたくなって削れなくなった・笑)パルミジャーノのはしっこ・胡椒・(手元になかった&松の実はとっても高いので・笑)代わりのアーモンドをバーミキサーでまぜまぜ。

最後にバジリコを入れてまぜるだけ。

       IMG_7355.jpg
緑がとっても鮮やかできれいなジェノベーゼソースのできあがり~。



       IMG_7357.jpg
暑くて冷たいものの方が食が進むので、作りたてのジェノベーゼソースで冷製パスタを作りました。

モッツァレラチーズとトマトとソースでまさにイタリアンカラー。

       IMG_7360.jpg
パスタはやっぱりソースが絡みやすいねじねじのフジッリ。

簡単だけど新鮮で贅沢。さわやかでおいしかったです。


ごちそうさまでした。

家の藤棚

今週も始まりました。暑いです!今日も35度。あー、暑い。


日曜日はジャンニの友人夫婦のところにお昼をよばれにいきました。
モンテカティーニ・テルメからは車で10分ほど。素敵な一軒家にすんでいます。

       IMG_7317.jpg
真ん中にある釜で大量を肉を焼いてくれました。汗  本当に大量の。。
もうしばらく肉は見たくないな~と思います。。


広~い庭には、モモの木とかりんごの木も。
       IMG_7316.jpg
一個モモをよばれたら、まだすっぱかったけど味がぎゅっと詰まってておいしかったです。



藤の花が咲き誇っていた家の藤棚は、今は葉っぱに覆われています。
       IMG_7326.jpg
 天井一面、茂っている葉。


藤棚の入り口にはジャスミンがアーチをつくっていて、別世界みたいです。
天井が葉っぱに覆われているので日光が当たらず、オウムさんの居場所にはもってこい。

   IMG_7323.jpg
 ジャングルっぽい。



午前中か夕方以降は吊りブランコに乗ると、リラックスできて気持ちいいです。
       IMG_7325.jpg
 いい場所独り占め。



今週も暑さが続くようですが、ばてないように体調管理にはきをつけていきしょう。

ミニトマトのその後

今日も30度くらいまで暑くなって、だんだん夏っぽく、というか普通の天気に戻りつつあります。
この暑さと太陽のおかげで、やっとトマトが成長してきました。

この1ヶ月、雨続き&涼しかったおかげでほとんど成長せず。
新しく花も咲かず、背も伸びずひょろっと細く、一ヶ月前に着いた果実は緑のまま。
肥料をやってなかったっていうのもあるかもしれないけど。。。

第一果房が大きくなってきたころに最初の肥料をやるのがいいらしいのに、ほったらかしていました。

やっと先週、液肥を購入。
先週から1週間に1回のペースでやっています。

水はできるだけ少なく。
枯れそうに元気がなくなってうなだれてきたら、たっぷりあげるくらいにしています。

Sっ気が必要みたいです。


     IMG_7310.jpg
最近新しく出てきた実たち。ちっこくて、鈴みたいでかわいいです。


実がやっと、やっと赤っぽくなってきました。

          IMG_7311.jpg
昨日

          IMG_7313.jpg
今日。昨日より赤くなってる~!

今週の初めはまだミドリミドリしてました。ここ2.3日間の太陽と暑さでこれだけの変化!
やっぱり太陽が必要なんだと実感。

初のトマトを収穫できるのはいつになるかわかりませんが、このままいい天気が続いてすくすく育ってくれますように。

ずっと欲しかったもの

6月に入ってだんだんと仕事が忙しくなってきました。
天気も最近は雨も少なく、だんだんと夏らしい天気に近づいてきています。

日曜日はジャンニの友達夫婦の家に。とっても素敵な夫婦と娘ちゃんに癒されました。
その家のワンコ。ハスキーと何かの雑種らしいです。

          IMG_7292.jpg
その名はモゼ(ゼにアクセントを置いた発音)。有名な十戒の『モーセ』です。

ムジェッロの近くの自然豊かなところ。庭もあって悠々と暮らしてました。

 IMG_7293.jpg
あーゆったり。のそのそ。




最近、エッセルンガ(スーパー)で買い物したポイントで、ずっと欲しかったものをゲットしました

デロンギの電気ケトルと、コーヒーの粉を入れる容器。
ケトルは部屋に置いて、好きなときにコーヒーやお茶を飲むのにほしかったのです。

          IMG_7303.jpg
なぜか赤いキッチン用品にひかれます。

朝、起きてコーヒーを飲む時とっても便利。


でも欠点が!!




うるさい。




お湯を沸かす音がかなりします。

『カラカラカラカラーーー』(これで伝わるかどうかわかりませんが)という音。


こんな音するとは知らず、いままでこんなうるさい電気ケトルに出会ったこともなく。

まぁかわいいし、気に入っているので我慢します。
できるだけ少量の水をいれて、この騒音がすぐに終わるようにしてます。

          IMG_7305.jpg

朝起きて、3階から1階のキッチンに行って用意するのがめんどくさいので、部屋で済ませられるようになってとても便利です。
甘党なのでお菓子はかかしません!

朝のコーヒーと甘いもの、幸せなひとときです。

focaccia genovese -ジェノバ風フォカッチャ-

フォカッチャは、背が高くてふわふわしているものよりも、どっちかといえば薄くて硬めのものが好みです。

薄いフォカッチャのレシピを探していたところ、たどり着いたのが『フォカッチャ・ジェノベーゼ』。

『フォカッチャ・ジェノベーゼはだいたい2センチくらいの厚さで、さくっと、柔らかくてほろっとしており、もちもちはしておらず、オリーブオイルでつやっと光っている』ものと書いてありました。
元祖のレシピでは三次発酵まであって、かなり時間がかかるみたいです。

でも家では簡単バージョンで、二時発酵までのレシピでしました。


生地に結構大量のオリーブオイルを入れます。
なので生地は結構どろどろ??
普通のパン生地みたいに、手でまとめられませ~ん。

かなりねちょねちょです。
オリーブオイルを塗った天板に流し込み、表面をオリーブオイルでコーティングして一次発酵。

        IMG_7275.jpg
一次発酵後。見るからにかなり柔らかい生地。

        IMG_7277.jpg
指で生地を天板全体に広げます。かなりべとべとします。

        IMG_7281.jpg
そのまま二次発酵した後、

        IMG_7282.jpg
指でぶすぶすと穴を開けます。もう底が見えてもいいくらい、深く穴を開けます。

        IMG_7283.jpg
オリーブオイルを水を混ぜたものをふりかけて、塩もふりふり。オーブンを温めている間にも若干発酵します。

そして、この『水』が重要らしいです。表面をかりっと、でもやわらかく、そして焼いた時にくぼみを白くするため、だということ。

        IMG_7285.jpg
220度のオーブンで15分ほど。

        IMG_7290.jpg
薄めで「ふわ」ではなく「さくっ」とした食感です。
生地に入っているオリーブオイルと、焼く前にもかけたオリーブオイルのおかげで、とっても風味豊かでした。

写真を撮っていたら「ローズマリーくらいのせてもっと見栄えよくすればいいのに」とジャンニに横から言われました。確かに。。

はて、これが『フォカッチャ・ジェノベーゼ』と呼べるものなのかどうかは?ですが、みんなには好評でした。
さくっとしていて軽くておいしかったです。スナックのような感じで食べれますよ~。
1センチくらいしかなかった今回のもおいしかったけど、次はもう少し厚めにしようと思います。

        IMG_7286.jpg
指でつけたでこぼこがトレードマーク。


ごちそうさまでした。

baci di dama バーチ・ディ・ダーマ

イタリアでは結構ポピュラーなお菓子なのに、家で作ったのはこれが初めてです。

バーチ・ディ・ダーマ
訳すると、『貴婦人のキス』というなんとも素敵な名前になります。

ころんとした形がかわいい、ピエモンテの焼き菓子です。

卵がはいっていない生地なので、ほろほろ、さくさくしていて、アーモンド粉を使うのでとても香ばしいです。

          IMG_7257.jpg
天板に丸くした生地をならべて

          IMG_7260.jpg
焼いたら半月状に。

          IMG_7261.jpg
そこにチョコレートを絞り

          IMG_7265.jpg
サンドします。そういえば唇みたい。ちょっとたらこ唇ですね。

          IMG_7268.jpg
コロン、としていてかわいいです。

白パン

シンプルな白パン焼きました。

いつもは、パン=ブリオッシュを焼いていたから、こういうバターの折込がないシンプルなパンはとっても楽チン。

         
  IMG_7241.jpg
150度の低温で焼くので焼き色がつかずに白いまま。っていってもほんのり付いてるけど。。

  IMG_7237.jpg
   ふわふわ、しっとりです。

次の日仕事に、ハムと卵をはさんでサンドイッチをつくって持って行きました。
とってもおいしかったです!

翌日もしっとりふわふわ~。


そしてついに購入~!!119ユーロ也。

     IMG_7251.jpg

ジャンニとカルフールをうろうろしていて、「どうしよかー」と考えた挙句、結局買いました。
いつも、「次ね、次」で買わずにおわるけど、いい値段だったし、色もかわいいので割り勘(笑)で買いました。

もっと値段の高いものは、付属品としてジューサーや、肉をミンチするもの、パスタを延ばすマシーン、フードプロセッサーなどなどついているのですが、そういうのは不要だったし、シンプルに『こねる、まぜる』機能だけがほしかったのでこれで十分。

KITCHEN AID(いつかほしい。。。)とかと比べるとやっぱりちゃちいですが、とりあえずとっても嬉しいです。

まだ使ってませんが。

『今回はこれをやっと買ったし、ちょっとずついろいろ揃えていこう』とジャンニも言ってました。
次はオーブンかな~。