io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

巡礼の地 メジュゴリェ

週末をポルトローザで過ごすべく22日の昼前に出発しました。

一気に国境付近から北上するのはしんどい&高速は夜の涼しい時間に移動したい、ということで、この日の午後は北上しつつ、ジャンニが行きたがっていた『メジュゴリェ』によることに。
ツァブタトからは約2時間。

メジュゴリェはボスニアヘルツェゴビナにある「聖母マリアさまが降臨した場所」です。
正確に言うと「降臨したとされる場所」?みたいです。
カトリック教会は正式には認めていないのだそうで。

でも信仰は個人の自由だし、実際見える人には本当に見えるのだろうし。


       IMG_7651.jpg
着いたところにある教会にて。

インフォの人に聞くと、『ここから車で約5分さらに行き、マリア様降臨の地まではそこから歩いて20分よ』とのこと。


車を停めて、、、

    IMG_7654.jpg
コレ20分ですか??と想定外の坂道にちょっと気が遠くなりましたが(しかもサンダルだった。巡礼者の方はばりばりの運動靴です、もちろん)、気を取り直してのぼりること約20分。。。

       IMG_7656.jpg
見えてきました。

         IMG_7658.jpg
到着。みなさんお祈りしています。

巡礼者でいっぱい(特にイタリア人)でびっくりしました。
そして結構お年を召した方もこの坂を上って巡礼しているにも驚き。信仰の力って大きいのですね。
私なんてジャンニに連れられての観光目的なので場違いな気がして気が引けてしまいましたが、とてもいい体験だったなと思っています。

ジャンニは名ばかりのカトリックで別に敬虔な信者ではないけど、教会に入る&出るときは十字をきるし、「マリア様の出現」などの超常現象てきなことを結構信じる人なので、ここに来れたことにとても喜んでいました。

オリーブの木で作られたロザリオを購入、欲しかったようです。

       IMG_7661.jpg
岩山見つけた岩。お祈りでも書いてあるのでしょうか。。。


意外と時間がかかり、北上するのに高速にのったのは夜の8時過ぎ。
この日は予定通り車中泊。12時ごろに入ったドライブインで6時くらいまで車で寝ました。

で7時前に出発しポルトローザに着いたのが9時半。
運良く予約したホテルに空き部屋があったので、本来なら14時インのところを即入れてくれました。
ふ~。

2人とも長旅で逆に興奮して寝付けず、プールで遊んだ後昼寝してごろごろ。


今日と明日の夜はもちろんカジノです、楽しみ!!

スポンサーサイト

今年もツァヴタト

       IMG_7610.jpg
海が本当にきれいです。

   IMG_7613.jpg
今日もいい天気。



河童みたいに泳ぎました。
       IMG_7644.jpg

遠浅の日本の海とは逆で、近くから結構深いです。
       
必死。

       
       IMG_7635.jpg
ジャンニが捕まえたお魚さん。すぐに逃がしたけど。

   IMG_7637.jpg
適度に影を作ってくれる松ノ木の並木がいい感じ。


   IMG_7615.jpg


のどかでいいところ。2人のお気に入りです。

スカダル湖とコトルの街

月曜日に去年も滞在して気に入ったツァヴタトという街にきました。
大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい感じのところで、海もきれいで2人とも気に入っています。


でも戻りがてらちゃんとモンテネグロ観光もしました。

少し内陸部に入りスカダル湖へ。

       IMG_7552.jpg
バルカン半島最大の湖で、国立公園の一部になっています。
ちなみに湖の約半分はアルバニアに面しています。

22種の魚類と279種の鳥類が棲息していて、島も50ほどあり史跡・文化財も豊富ということです。

       IMG_7556.jpg
私たちは本当に端っこをちょっとかじっただけでしたが。。。

       IMG_7557.jpg
せっかくなので湖を望むレストランでランチ。
食べなかったけど、メニューには『鯉』とか『ウナギ』もありました。


1979年に世界遺産に登録されたコトルにももちろん訪問。

    IMG_7569.jpg
コトル旧市街ヘの入り口。

    IMG_7573.jpg
門を入ったところにある時計台。

    IMG_7580.jpg
街は小さくて迷路みたいです。
    
    IMG_7575.jpg
聖トリフォン大聖堂。

    IMG_7585.jpg
聖ルカ教会

    IMG_7583.jpg
セルビア教会

       IMG_7588.jpg
裏山には要塞が続いていて(わかりづらい)てっぺんまで上れます。遠くからみてもかなり急な階段。。
上っているひともちらほらいました。

    IMG_7591.jpg
コトル旧市街はこんな風に要塞で囲まれています。


さて、クロアチアに戻るにはコトル湾沿いをぐるーっとドライブしなくてはなりません。
       IMG_7640.jpg
bay of kotorと記してあるところ、内海です。

ぐるーっと周っている途中の街Perastにて。
       IMG_7600.jpg
教会の鐘楼と、海に浮かぶ2つの島。左が聖ジョージ島で、右が聖母マリア教会の島、聖母島。
そういえば行きにも撮ったな、と気づきました。
めちゃ逆光ですが。。絵になります。


心配していた国境での渋滞もなくスムーズにツァヴタトに到着しました。
数日また海を楽しみつつのんびりします。

sveti stefan スヴェティ・ステファン

4日間モンテネグロのsveti stefan というところにいました。
この国のリゾート地の1つです。

モンテネグロって、セルビアから独立したの2006年なんですね。。ちゃんと知らなかった私。
独立してから10年もたってないとは、若い国です。

独立後も国にあまりお金がなくほぼロシア資本らしいのですが、でもこのsveti stefanはシンガポール資本のリゾート地らしいです。
50年前までは漁村として使っていた島全体をリゾート地にしたということ。

島全体がリゾートなのでアパートもいっぱいです。
私たちが滞在しているアパートは一泊50ユーロ。キッチン、シャワー、トイレ、エアコン、wi-fi、これだけ揃ってて清潔、これで2人で50ユーロなので、安いもんです。


      IMG_7512.jpg
潮の満ち干きで道が現れていたのですが、今は人工的な道ができています。

       IMG_7508.jpg
キレイです。

ちなみにあそこに渡るのには1人30ユーロかかります、高いなー。
もちろん入りませんでした。

       IMG_7518.jpg
ということで前でぱしゃり。


       IMG_7530.jpg
素敵なヴィラ発見。

   IMG_7536.jpg
遠くから。ヴィラの前にはプライベートビーチが。

『こんなとこ泊まってみたいなー、いくら位するんやろ、高くなかったら予約しよう』
と2人で話しておりました。
安いお部屋でも900ユーロしましたので、即却下です。

目の保養に。。。


    IMG_7539.jpg
sveti stefanを背に。

IMG_7547.jpg
飛び込みました(もっと下におりてから)。


モンテネグロのアドリア海側はそんなに長くないので、ビーチがあるとそこに人がいっぱいやって来ます。
二人とも「海のかんじがクロアチアの方が好きだ」ということで、予想以上に短い滞在でクロアチアに戻ることに決定。
去年も滞在したモンテネグロとの国境にも近いツァブタットという所に戻ることに。

帰る道中、モンテネグロの観光もちゃんとしました。
次の日記で。。




モンテネグロ到着

ご無沙汰してました。

昨日やっとモンテネグロに到着しました。


9日の朝に出発して午後にポルトローザ到着。前日からちょっと涼しくなったので、というか平年並みの気温にもどったので、5時間ほどの車の旅は思っていたほど暑くなくてまぁ快適でした。

ここで3泊し、夜はカジノに行って、昼はプールで泳いだり、の日々をすごしリラックス。

       IMG_7489.jpg
今年も食べた貝ミックスのブザラ風。(酒蒸しのようなもの)

    IMG_7491.jpg
スカンピ(手長えび)のリゾット。


12日にVODICEヴォディチェに向けて出発。
さぁ、どんだけ暑いドライブになるかな、と覚悟していたものの、まぁなんとか乗り越せました。

Vodiceにはジャンニの娘レベッカが、毎年お母さん(クロアチア人)と一緒にバカンスに帰るサマーハウスのようなものがあります。
なので私たちもVodiceに数日滞在し(今回は1泊40ユーロ/2人のアパートに滞在)一緒にすごすのが恒例となりました。

が、私発熱。

2日間アパートのベッドで寝てました。。
よく発熱する、しかも長めの旅行中によく。でもジャンニとのバカンスでは初めて。

夜が予想以上に涼しかったせいか、疲れていたせいか、いつもなら1晩で過ぎ去るのに、次の晩にまた熱が舞い戻ってきて結局2日間寝てました。

で結局Vodiceでは15日に海に行っただけで(中に入らず読書)バイバイしたのでした。。。泣


16日の昼にVodiceを出発しモンテネグロに向けて出発。
ドブロブニクを通り過ぎ夜に到着~。モンテネグロに入ってからが長かった。。。

       IMG_7499.jpg
ドブロブニクに着く前に、クロアチアが少しだけ途切れている部分があります。そこはボスニア・ヘルツェゴビナ。ほんとに車で5分くらいの距離です。
そこにあるカフェで去年食べておいしかった『チェバピ』というひき肉のお料理を今年もまたいただきました!ほかほかのピタパンみたいなのにはさんで食べます。
やっぱりおいしかった!!帰りも食べたいな。

       IMG_7500.jpg
素通りするのもなんなので、展望台からパノラマを。左の突き出ているとこがドブロブニクの旧市街。
太陽の光で全部白く見えますが、ちゃんと見えるとオレンジ色の屋根でとてもキレイです。

       IMG_7501.jpg
しばし無邪気に。。。

       IMG_7505.jpg
モンテネグロを南下中に見つけた湾の中の教会。


週末は海いくぞー。ではよい週末を~:))


カルミニャーノにも

ジェラテリアがとうとうできました!!


2ヶ月ほど前だったかな。
市役所のある広場の一角に。

名前は

IL CAMPANO イル・カンパーノ


         IMG_7482.jpg
ケースの中はこんな感じ。


いつもはずせないのはヨーグルト。

今年初めて食べて意外とはまっているのがメンタ(ミント)。クリーミーだけどす~っとして意外や意外、はまってしまいました。
今までは目もくれなかったのに。。。

そしてBOERO ボエロ。
ボエロとはイタリア語でモンシェリのことですが、このボエロ味のジェラートは、別に洋酒漬けのチェリーは入ってなくて、ただダークチョコのジェラートに甘いブラックチェリーが入っているだけです。
でもチョコのほろ苦とチェリーの甘さがおいしいのです。

でこの3つの味をよくバスケットに入れてもらってお持ち帰りします。


       IMG_7485.jpg
とっても相性のいい、3つです。(食べさしですいません。。)


もちろん、移動ジェラテリアは彼らの天敵。
(去年のブログ参照 http://sakochan21.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
坂の多いカルミニャーノ中をクラクションを鳴らしながら走り回り、家の前ですぐ買えるのは便利。
でも食べたい時に来ないときもあるし、逃すと食べれない。

反対に、ジェラテリアが近くにあると、夕食後などジェラートが食べたくなった時ふらっと散歩しながらそこまで行き、広場の階段でジェラートを食べることができるので、やっぱりいいです。


         IMG_7483.jpg
子供も大人も、ジェラートを食べに広場に集まるイタリアの夏の夜。(左の電気ついているところがジェラテリア)



さて、明日いよいよバカンスに出発です。クーラーがぶっ壊れているので早朝に出発する予定。
向こうでちょこちょこ日記を書くつもりです。

ではみなさんも楽しい夏を過ごしてください。

準備

着々とバカンスの準備を進めています。というかほぼ完了。

「旅行前に荷物の用意をする」という行為自体が好きなので、7月の半ばころから(早すぎ)チョコチョコ始めていました。
今日は日焼け止めセットを用意して~、海用タオルを袋にいれて~、水着用意して~、という感じで少しずつ。

リストを作って準備したものから消していくのがとても気持ちいいのです。


さて、『日焼け止めセット』と書きましたが、イタリア人から言わせると『日焼けセット』です。

       IMG_7477.jpg
私の日焼け止め。海に行く時はSPF50です。散策するくらいなら30とかでもOK。

       IMG_7478.jpg
イタリア人の日焼け止め。

SPF6て何すか??


皮膚にダメージを与えずきれいに日焼けするためのプロテクション。
SPRAY SOLARE=日焼けスプレー?それとも日焼け止めスプレー??
NIVEA『SUN』シリーズというくらいだし。。

普通に売っているのは最高でもSPF30。まぁ普通のイタリア人はこんなに高いSPFは買いません。
なぜなら焼きたいから!!


「焼けている=バカンスに行った=経済的余裕がある」という式が成立します。


薬局などに行くとSPF50も売っているには売ってますが、皮膚が弱くて日焼けをあまりできない(してはいけない)子供や大人用です。

私はもともと色が黒いほうなので、海に行ってなくとも「海行った?」と日本人の友達には聞かれたりします。。
でこれ以上黒くなるのはちょっとイヤなので、がんばってSPF50とか塗りますが、イタリア人からすると「焼けたくないなら海行くなよ」という感じでしょうね。

でも泳ぐの好きだから行きますけど~。


そして忘れてはならないのがコレ。

       IMG_7480.jpg
アフターサンクリームです。
冷蔵庫に入れておくのがポイント。
ほてった体にぬると、つめたーくて気持ちいいのです。


ちょっとくらい焼けるのはいいとして、あまり浴びすぎないように気をつけます。
まぁ去年も半分は影で本を読んだりしていたので、今年もそのパターンで。
日本から送ってもらった文庫本たちもばっちりで~す。

IMG_7481.jpg
宮部みゆきのお気に入りのシリーズ。
1ヶ月ほど前に届きましたが、バカンスのために読むのがまんしてました。
早く読みたい~!!

出発まであと少しです。


もうじきバカンス

言うてる間にもう8月やーん。本当に月日が過ぎるのは早いです。

さて後少しでバカンス。
今年もクロアチア方面に行きます。

そしてもう少し足を伸ばしてモンテネグロにも行ってみる予定をしています。
去年国境付近で断念したモンテネグロ、今年は行けるかな~。


イタリアでは不景気のため経済的な余裕がない家庭が多く、半数のイタリア人がバカンスに行かない、と新聞に載っていました。
近くのプールや海にはもちろん行くと思いますが、海外に行く人は去年よりさらに少ないそうです。

こういうのを見ると、私たちもかつかつですが「バカンスに行くことができるだけ幸せなんだなー」と思わされます。


バカンスに行く人の1人頭の予算は、約800-1000ユーロとのこと。

2.3週間でこれだから、予算的にはおそらく多くはないのだろうなーと思います。
バカンスも「節約」なのです、きっと。

私たちも今年は大部分はアパートに滞在する予定。
キッチンがついているので、毎回外食はせず、自分たちで作って食べたり。
去年滞在したアパートがどれもキレイで快適だったので、それで十分OKです。
食料専用バッグには日本米、スシタロウ、のり、クスクス、パスタ、などなどを詰め込み中。

出発は8日あたりを予定しているので、あとちょっと!

まずは恒例のスロベニア・ポルトローザで2,3日滞在してゆっくり休むつもりです。
そしてカジノ~。


それはそうと、おそろしいことに車のエアコンが壊れている(!!!)ので、長距離移動は早朝OR深夜移動パターンにする予定です。。
今週木曜あたりまでは40度の猛暑ですが、出発の金曜あたりからは例年通り(32度くらい)になるとのことなので、なんとか。。。??いったらいいけど。

クロアチア、南下するにつれて暑いだろうな~と思いますが、まぁメインは海だからなんとかなるでしょう。。


来週はバカンス前に残っている仕事を終わらせ、目指すは金曜出発です。



おまけ

IMG_7475.jpg
地震でもないのに机の下に引っ込んでしまったジャック。
呼んでもなかなか出てこなかったのはなぜでしょう。


ではよい週末を~。