io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

レモン、レモン

大量のレモンを収穫。
(勝手なイメージで夏に収穫するもんだと思っていた。。。)


IMG_8105.jpg
友達にあげたりしたけど、まだまだある。
こうやってかごに入れて盛っておくだけでかわいかったりもするのだけど、使わないのはもったいないしー。


ということで週末にレモンを使ったお菓子を作りました。

レモン果汁でレモンクリームを作り、天板でうすく焼いたバターケーキの上に流しさらに10分ほどオーブンで焼き完成。
冷めてからスティック状にカットしました。

IMG_8111.jpg
レモンクリームスティック。
スティック状にするとお洒落に見えるのは私だけ。。。?

カスタードクリームと半々で割ったらすっぱさが和らいで優しい感じになるのだけれど、今回はレモンクリームそのまま。
なので口に入れたら甘酸っぱいレモンの味が口いーっぱいに広がります。

IMG_8112.jpg
ぎゅっと凝縮された味なので、この半分でも十分満足できます。


といっても使ったれもんは7個ほど。
まだまだある~。

レモンて大量にあったら何に使おう、、、と悩むけど、なかったらなかったで不便。
良く考えてみたら1年中お世話になってます。
レモンティー(アイスもホットも)作ったり、マチェドニア(フルーツサラダ)のシロップに入れたり、お肉にも揚げ物にもかけるし、お水に入れたりもするし、めっちゃお世話になってる!!

レモンさん、ありがと~。


スポンサーサイト

pan brioche alla NUTELLA

イタリア人がマンマの手料理の次に大好きなヌテッラ!!!
     IMG_8066.jpg

いつだったか、どこかのサイトで見たヌテッラを織り込んだパン。
美味しそうだったので久しぶりにパン作り~。


        IMG_8064.jpg
生地を4等分します。

        IMG_8069.jpg
だいたい25センチくらいの円形に伸ばし、ヌテッラをタップリぬります。

        IMG_8070.jpg
それをあと2回繰り返し、ミルクレープのように。

        IMG_8072.jpg
真ん中を残して16等分し、

        IMG_8073 (2)
ねじねじ。

       IMG_8083.jpg
二次発酵後、アーモンドスライスを散らしてオーブンへ。
焼いてる間ヌテッラの甘~い香りが漂ってきました。

      IMG_8088.jpg
焼きたてふわふわはもちろん美味しいのですが、少しさめてヌテッラがパンになじんで落ち着いた頃もまた美味し~。



2014年、最初のお菓子は

今年に入って一番最初に作ったお菓子はというと、懲りずにビスコッティとスノーボール。
やっぱり焼き菓子を作る頻度が高いです。


くるみ入りのスノーボールにしました。

       IMG_8050.jpg
かなり粗刻みだったため、かなりごつごつしております。。。
ボールっつうか石ころみたいになったやん。

バターのみで粉と粉をつなげているため、ほろほろ、さくさくです。

仕上げに粉糖を振って。。。

     IMG_8056.jpg

さくほろ~です。くるみの歯ごたえがいい感じ。粉糖でごつごつ感も隠れました・笑



そしておなじみのビスコッティ。アーモンドとドライいちぢく。

       IMG_8061.jpg
ドライいちぢくバージョンはしっとりめで、これもまた美味しいです。


一つ、もう一つ、と後を引く素朴な美味しさ、危険です。
日持ちするし~と思いいっぱい作っても、日が経つ前になくなってしまうのでした。。



アートな国

クリスマスからお正月、ベファーナと続いていたフェスタも終わりです。
やーーーーっと終わった。
今年は土日とくっついたりしてやたら連休感が強かったです。

クリスマスツリーや飾りもお片づけ。
といっても何のお手伝いもしなかった、だめな嫁。。。

体調不良を理由にごーろごろしてました、自分の部屋はちゃんと片付けましたよ。



先週、用があってミラノ方面に向かっていたのですが、レッジョ・エミリアに入ったら高速A1沿いに突如としてこんなものが。

       IMG_8025.jpg
何かというと、電車(高速鉄道路線)の駅です。入り口or出口。

       IMG_8027.jpg
アコーディオンの蛇腹みたいに波打っていて、アートな感じがして、なんともイタリアっぽいな~。
駅というよりも、芸術的な建築物。

高速と平行して高速鉄道用の線路があるのですが、突如として現れるので初めて見たときはかなり驚きました。
今回はちゃんと写真撮れた!

       IMG_8026.jpg      
うねうね、うねうね。なんと483メートルも続いてます。


2013年の6月に出来たようです。最近だったんですね。
ボローニャ―ミラノ路線間で、アルタベロチタ(高速列車)専用の唯一の停車駅だということ。
Santiago Calatravaという建築家によって設計されたんですて。ふ~ん。

        無題
               (上からの写真)

何にもないパダナ平野の、ひたすらまーっすぐな高速道路にいきなり現れるので、かなり衝撃&印象的でした。


やっぱりイタリアってアートの国なのね~と思いました。


2013年最後のお菓子

2013年の年越しパーティーのために作ったお菓子が、2013年の最後となりました。

日本食パーティーだったので、抹茶ティラミス。
そして万人受けしそうなtorta della nonna トルタ・デッラ・ノンナにしました。

ホールで作ろうか、大きな容器に一気に作ろうか考えた末、カップデザートにすることに。
これなら持って行くときもくずれるのを気にしなくていいし、食べやすいし。
そして見た目もなんとなくお洒落:)

     IMG_8009.jpg
ティラミスクリームをしぼり、前日に焼いておいた抹茶スポンジに抹茶液をしみこませ、またティラミスクリーム。
仕上げに抹茶をふりかけ、クリスマスの余りものの西洋ほおずきをのせて完成~。

       IMG_8006.jpg
業務用スーパーで買ったこのカップ、便利:)20個セットで2ユーロほどでした。


そしてtorta della nonna
     IMG_8015.jpg

持って行ったのは20センチくらいのホールですが、これは余った生地で家用に作った手の平サイズのミニノンナ。
中はカスタードがたっぷり、上のアーモンドもかりかりでおいしいです。
(でも実は松の実なしのえせノンナだったりする。。。なかったんですな。)

        IMG_8016.jpg
イタリア菓子の中で、私の好きなものの上位に入っていたりします。素朴で美味しいものっていい!!


2014年は今年作らなかったものも作りたいな~、と言いつついつも同じものばかりになるけど。
今年も適当に、楽しみたいと思います。



2014年です。

皆様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


大晦日&年越しはジャンニのお友達カップルのところで過ごしました。
メインは餃子とお寿司。

みんなでわいわい餃子をつくり、お寿司を巻き、生春巻きとかもつくって豪華な食事となりました。
イタリア人のすごいところは、こういうメニューの時でも、「パスタを食べる」ということです。
メインのお寿司があるのに、パスタ1皿食う??と思いますが、やつらは食べます!!笑
ジャンニのお友達は2皿目、おかわりしてました。。汗

そしてその彼、よく見たら菜箸でお寿司とか食ってる!!笑った。。
長いやろ!とつっこみ、菜箸は揚げ物したり炒め物したり料理する時に使うものだから。。。と説明。
こんな風に間違って理解してることって他にもいっぱいあるんだろうな~とか思いつつ・笑

そんな感じで食べて飲んで、おしゃべりをして、新年を迎えました。



2013年は健康についていろいろと考えさせられた1年でした。
元気に、健康に過ごすって、当たり前のようで本当に幸せなことなんだな~と。

みんなが笑顔で、健康に過ごせるような1年になるといいなと、心から思います。



では今年もよろしくお願いします:))))