io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

思わぬ帰宅

昨日病院に行ったら、血液検査の結果、家に帰されました。。。

入院の時はいつも朝の4時半出発。
高速の事故で1時間の渋滞があったものの、木曜日は10時前に病院について、血液検査して、着替えて荷物整理して、ベッドで点滴が始まるのを本を読みながら待っていたら先生が来て、

「白血球の数が少なすぎてできないわ!!!」

って。。。


いつもは投薬後、白血球数を上げるための注射をうつのですが、前回は忘れていたらしい。
おい。

「前回の投薬で薬の量を減らしたから、注射のことすっかり忘れていたわ。私のせいよ、申し訳ないけど」

と。。。


通常、白血球(好中球)数は3000-9000らしく、抗がん剤投与後は1-2週間で最低になり、3-4週間後に元にもどるらしい。
この日の私は1000以下だったようで、先生がずっと「危険、危険」と言ってました。
白血球が減少すると感染症・合併症を引き起こしやすくなります。

「来週に延期しましょう」

と言われ家に帰されました。


というか、車で5分や10分の距離じゃないし、朝も早かったし、ガソリン代と高速代で100ユーロは飛ぶし、いろいろ準備してきたし、ジャンニに運転させやなあかんし、こっちは「最後の投薬やからがんばろー」という心構えで来てるのに、なんやねん、もーーーーー。

と言いたいことは色々あるのですが。。。

ということで来週に延期です・泣
そしてこんなうっかりの先生を見て、「わたしのがん、完治するんかな」と若干不安です・苦笑


次はモンツァに行く前にこっちの保健所で血液検査をして、その結果をモンツァの病院にチェックしてもらってから最終決定するので、次回は無駄足にならないとは思うけど。

あと1週間で白血球値、元に戻るんかな、と若干不安ですが。。。


そんなこんなで週末は家です。



スポンサーサイト

モンツァの病院

ということで9月26日金曜日は、退院してからすぐ予定外のモンツァへの旅。
フィレンツェで高速に入ってすぐに事故で20キロ近くの渋滞(最悪!)&ミラノの高速を降りてから結構まよったので5時間以上かかってしまいました。

着いたら5時前。

「遅れます」と電話してあったし、無事先生には会えたからよかったけど。。。


先生(女医さんでした)に膣の中をみてもらい、面談。
腫瘍の大きさなどから、結果『Ⅰb2期』と診断されました。
4,5センチでした、腫瘍。最初の診断よりもでかかった。。。

子宮温存は検査の結果次第だということ。
(後で調べたら日本ではこのステージではほぼ例外なく子宮、リンパ共に全摘出するのが標準治療。)

先生は、私がそう望んでいて、そして命に危険がないのであれが、それは可能だ、と。
ただ検査はしっかりしないといけない。その上で判断しよう、とおっしゃってました。

もちろん私の命に危険があるのであれば、子宮を残しても意味がないし、それは検査後にしっかり話しあわなければいけません。

ということで、早速翌週にPETとMRIの検査の予約を。
(がんが他の器官やリンパに転移していないか&がんの位置をはっきりとさせるため)


この時点ではっきりしていたことと言えば、『子宮を残す、残さない』にかかわらず、腫瘍を取る手術をする前に、化学療法(抗がん剤治療)をしないといけないということでした。
腫瘍が3センチ以上の場合すぐには切れず、切る前に薬で腫瘍を小さくするのが標準的な治療。

まぁ「化学療法」と言われてもいまいちピンとこなかったのですけど。。。
しんどそう、くらいで。。。苦笑

ジャンニは私の横で「どんな副作用があるのか」とか「何回しないといけないのか」とか先生に質問していた気がするけど、私は初めて聞く医療用語がすぐに日本語で解せず、なんか分かるような分からないような感じで横に座っていました。

ただ一番ショックだったこと。

『髪の毛が抜ける』

という先生の言葉。。。それだけははっきり分かった。


がんとかより、それが一番ショックだった。。。そしてやっぱり泣けてきました。


その横でジャンニ(頭のてっぺんがかなり薄い)が放った一言。



『おれの髪の毛は抜けたらもう生えてこないぞ~、ハハハハハ』



『あなたの髪の毛は抜けたってまた生えてくるわよ~ホホホホホ』←女医達

『ハハハハハ』←ジャンニ

『・・・・・涙』←私(ちょっとむかついていた)


あー、そういえばこの人達イタリア人だった、と思った・笑
この会話は日本では成立しないような気がする。。。

私を元気づけるためだとは分かっていたんですけどね・・・
その時の私は愛想笑いする余裕なんてなかった・笑

デリカシーがないのか、それともこの悲観的な場でこの言葉を言えるのはイタリア人の才能なのか。。。


どちらにしても闘病の間を通して、ジャンニは常にポジティブなことだけを言って励ましてくれたし、常に前向きな姿勢で支えてくれていたので本当に助けられました。
自分のお父さんを20年以上前にがんで亡くしており「がんで大切なひとを失う」ということがどういうことなのか経験しているジャンニ、私のがん発覚以降、私同様にショックで動揺し、怖い気持ちを持っていたにもかかわらず、いつも私に元気をくれました。
感謝感謝。


明日からはまたモンツァ、5回目の抗がん剤治療です。これで最後(のはず)!!!
ジャンニの愛情のおかげここまでやってこれました~:))

今回も副作用があんまり強くないといいな~と思います。

これで最後、うれし~。がんばるぞ~。


私の周りのみんなが健康で笑顔いっぱいでありますように☆
(すこし早いけど)よい週末をお過ごしください:)


がんが発覚してから

イタリアは暖かい日が続いています。
梅の花、桜の花が咲いているのを発見してびっくり。
一足も二足も早い春を感じました。

私の調子も良く、食べ過ぎて久しぶりに顔ににきび(吹き出物??)とかできてしまいました。。。
抗がん剤治療後、吐き気・嘔吐で食べれないので体重ががくっと減るのですが、減った以上に取り戻してしまった!



今日は病気の宣告から検査の日々のことを書いています。


私何か悪いことしたかな???なんで私なのー??とずっと思っていました。
自分がガンになった、という事実が受け入れられずに。
やはりショックで、怖くて、先生の前で泣いてしまいました。

まず先生に質問したのが命の危険云々ではなく、「こどもを産めなくなるのか」という質問でした。
子宮は取らないといけないのかなーって。

それはまだ検査しないと何もわからないから、と言われ、色々なパターンがある、といわれたものの、何も頭に入らず。ジャンニがいたからまだ落ち着いていられたほうだったと思います。
そういう事実はあるものの、なんかまだ信じられずふわふわした感じでした。


早速翌日、9月18日(木曜日)はエコーをしに。
膣にエコーの機械を入れてみてもらいました。
あまりはっきりした画像は見れないけど、おそらく子宮はきれいっぽい、ということ。

子宮のはっきりした状態は、「isteroscopia イステロスコピア=子宮鏡検査」をしないとわからない、とのことで、その検査にむけての準備をすることに。

20日金曜日は血液検査と心電図を。

そして25日水曜日に子宮鏡検査。
局部麻酔かなーと思っていたら、全身麻酔で、気づいたらおわっていました。。

その日は1日入院。麻酔でぼーっとしていたので、ジャンニがずっと横にいてくれたのですが、眠くて眠くて点滴されながらひたすら寝てました・笑 翌日の朝まで本当にひたすら。
翌日「寝すぎ」とジャンニに言われました・笑

翌日の朝、先生と面談。
子宮鏡検査の結果、子宮も膣もきれいだといわれました。
子宮頸に限局しているので、おそらく子宮は残しておけると思う、と。


ただ私が子宮を残したいと望んでいること、腫瘍が3センチをこえることがあったため、子宮温存を専門にしているモンツァ(ミラノの少し北)にある病院を紹介してくれました。

「午後3,4時くらいに予約とっといたから」

って・・・ほんとーに急。。そう話しているのは9時半。。
車で1時間とかじゃないって。4時間はかかるし、行ったことないし、地図もくれないし、さ。

急いで家に帰って身支度をし、地図を検索して早速出発。
この日からモンツァの病院との往復が始まりました。


せめてもうちょっと近かったらな~て感じです・笑

宣告されてから検査が立て続けにあったのですが、自分としては「早く治療して、早く~」とかなり焦っていました。
自分のカラダに悪いところがあると分かっているのに、検査ばっかりでことが進んでいるように感じられず、検査している間にもどんどんがんが進んで行くような気がして、毎日不安だったこと覚えています。

検査しないことには治療が始められないのは当たり前なんですけどね~。


来週は最後の(はず)抗がん剤治療でまたモンツァです。今のうちにいっぱい食べておこ。。。



私のまわりのみんなが健康で笑顔いっぱいでありますように☆


いちご大福

日本から来た友達に「あんこのお菓子」をリクエストしたら、「つぶあん」と「白玉粉」をくれました。
もらったときは「え~、自分で作るん。。」とぶつぶつ言っていたものの、とてもいいお土産だったことが発覚!

白玉粉があれば、みたらし団子もできるし、いちご大福もできるし!


ということで早速作ってみたいちご大福。
なんか包むのへたくそで、むらがありありなのですが、何とかそれなりにできました。


IMG_8210.jpg

イタリアで初いちご大福


IMG_8222.jpg

切ってみたら意外と少なかったあんこ。
もち生地は柔らかくておいしかったです。

残念なことといえば、いちごがカスカスだったことかな。。。?

こっちで日本みたいな味も香りもイケてるいちごに巡り合うのはなかなかむずかしいです。
もっといちごがジューシーだったら、もっとおいしかったんやけどなー。

総合的なお味はまずまずでした。


一気に3つ、衝動食いしておなかいっぱいです。
久しぶりの日本の春の味に満足、満足。


がんの宣告まで


2月6日からの3日間の抗がん剤治療(4回目)が無事終わり、副作用も落ち着きました。
今回は30パーセント減量の投薬だったため、私のカラダはかなり楽だったと思います:)

回復も早くて食欲もすでに元通り、というより前よりある・笑
バレンタインにはジャンニにお寿司もご馳走してもらってご機嫌です。
こっちでは男性が女性にチョコや花束を贈ったりします。なんで日本は逆なんかな??
なのでこっちのバレンタインは、女子、楽~。



今日は病気の発覚までのことを書いています。


8月半ばくらいからデリケートゾーンに異変を感じながらバカンス終了。
またいつもの炎症かなー、と思いつつもやはり気になったので、9月5日にかかりつけの婦人科の先生のもとに。

膣の中を見てもらった結果、


『とても大きなポリープ(約3センチ)が子宮頸(膣から子宮への入り口)にある』


と言われました。

「小さなポリープなら自分がとるけど、ここまで大きいと取れない、でも良性の場合がほとんどだから、大丈夫だろう。」ということで、プラートの病院に予約を取ってもらい『corposcopia コルポスコピア』=膣鏡検診をしてもらうことに。


幸い9月11日に予約が取れたので病院に。かなり早く取れたほうだと思います。
フィレンツェの病院に電話したら1ヵ月後だと言われたし。。


コルポスコピア、とても煩わしい検査でした。膣の中に膣鏡をいれて検査するのですが、体の中を奥からドンドンされている感じ。痛いというよりは、煩わしい。。。

検診後、先生とお話。
先生曰く、「採った細胞の検査結果が出ないと分からないけど、見た感じいい感じではない」とのこと。

ということは、「悪性腫瘍の可能性が高い」ということで。。
まだそうとは決まっていないのに、ショックで泣いてしまいました。



2012年11月にこっちでしたパップテスト(子宮がん検診)で陰性、その3ヵ月後、2013年1月に日本での人間ドックでした子宮がん検診でも結果が陰性だけに、周りも「大丈夫だろう」と言っていたし、私もそうであってほしいと願っていました。
(イタリアでは住民登録している25-64歳の女性には、3年毎にパップテストの案内・予約がそれぞれの市の保健所から家に届きます。無料。とてもいいシステムだと思う。)


先生曰く『パップテストは入り口の細胞をちょちょってとるだけだから、奥のほうに何かあってもわからない場合がある』って。
意味ないやん、と思った・笑


結果が分かったのが翌週の9月17日。
『残念ながら』という前置きから始まった会話。。。その言葉でもう結果分かってしまった。。。泣


『子宮頸がんです。』


と宣告されました。
とっさにしゃれとかじゃなく、「がーん」と思いました(今だから笑えるけど)。

今までの人生の中で一番ショックで、悲しくて怖くて、絶望的に真っ暗な日でした。



今こうやって普通に生活できていることが、とても幸せです。
私のまわりのみんなが健康で笑顔いっぱいでありますように☆



モーラのジャム

ジャンニママがお友達からジャムをもらいました。

「何味?」と聞くと

『さぁ。。。味見したけどよくわからん、たぶん、モーラ??』だって。

味見したのにわからんのか。。。
      IMG_8138.jpg
色的にはモーラですが。

私も味見してブルーベリーかモーラかな~と考えた末、たぶんモーラだという結果にたどり着きました・笑


4瓶ももらってきたので、お菓子作りに1瓶いただきました。

 
ジャムを使ったイタリアのお菓子の代表格!クロスタータ。
ジャムのタルトです。

ジャムはあんまり塗りすぎないのがポイントだと思います。
入れすぎると味も食感もおも~く、あま~くなりすぎるので。

        IMG_8143.jpg
ミニサイズでやきました。

パスタフロッラ生地とジャムがまだあまっていたので、クッキーも作ってみたりして。
餃子のように真ん中にジャムをおきます。
        IMG_8140.jpg

生地を半分にたたんで焼いたら完成。
        IMG_8145.jpg

        IMG_8149.jpg

mezzaluna ripiena ジャム入りメッツァルーナ、メッツァルーナとは半月のことです。
中国のフォーチュンクッキーみたい?


生地がまだ余っていたのでフロッラにヌテッラを乗せて、またフロッラをかぶせ、刻んだヘーゼルナッツを散らして焼きました。

        IMG_8151.jpg

        IMG_8154.jpg
ヌテッラ~。


ちなみにジャムは半分ほど消費しただけで、たいした助けにはなりませんでした。
まぁ保存がきくからいいかー。



la giornata mondiale contro il cancro 世界対がんデー

今日2月4日は『世界対がんデー』。ちょっと前に知りました。

wikipediaより↓
世界対がんデー(World Cancer Day)は、毎年2月4日にがんへの意識向上と予防、検出、治療への取組を促すために、世界100カ国以上の350を超える対がん組織からなるコンソーシアムである国際対がん連合(UICC)が定めた記念日である。がん対策の政治的優先事項としての向上を目指している。


なんでこんなことを書いているかというと、私もがんになったからです。
忘れたいような気もするけど、忘れたらだめだと思うので、自分のためにも日記をつけようと思って書いています。


9月に『子宮頸がん(Ⅰb2期)』を宣告されてからはや5ヶ月。

いきなりこんな日記を書いて心配する方もいると思うので、結果から言うと、1月に手術で腫瘍を切り取って今は元気です。

恥ずかしながら、『子宮頸がん』という病気があることすら、知らなかった。。。
自分がなって初めてその存在を知り、ネットで調べまくりました。
(まぁ悪い情報ばかり吸収してしまい、友人には「もうネット見るな!」と言われた・笑)


私の場合、子宮頸にできたポリープが、ほとんどの場合は良性であるにもかかわらず、悪性でした。
それがまた大きくて、見てくれた婦人科医さんもびっくり、だった。。。

その後、度重なる検査、抗がん剤治療3回(10月~12月)、手術(1月)で今に至っています。

子宮頸がんは、ガンの中で唯一、原因が特定でき、しかも予防できるガンなのですって。
検診で異型の細胞が発見されたら、がんに進行する前に治療できます。
ワクチンもあるみたいやし。


9月から今にいたる治療のことなど、思い出しながら少しずつ書こうと思いました。


ほんとに健康っていいなぁ(自分が健康なのかどうなのか?ですが)と思う毎日です。
元気で笑って過ごせることほど、いいことはないですね。


実は治療を終えるまであと2回(2月~3月)、抗がん剤治療があります(私の体の中にはもうがん細胞はありませんが、再発を防ぐために)。まだ春は遠いですが、耐えねば。。。

今まで私を支えてくれた、そして今も支えてくれている家族、友人に、心から感謝しています。
一人ではムリだったもん。。


そして地球上からがんがなくなればいいのにな~、と思う。無理な話だけど。
でも定期的な検診などによる予防・早期発見で、がんで苦しんだり亡くなったりする人が少なくなればいいのにな。


私のまわりのみんなが、健康で笑顔いっぱいでありますように。



イタリアでおすし

ジャンニはお寿司大好き。私も好き。
なので1ヶ月に1回ほどの割合で食べに行きます。

といっても日本人経営のお店はほぼ0に近く、ほとんどが中国人経営。
もちろん日本のお寿司とは違いますが、「久しぶりにお寿司(的なものが)が食べたい」という私の欲求を満たすのには十分。

最近はほとんどのジャパニーズレストランが『all you can eat』制をとりいれるようになりました。
固定金額(だいたい20-25ユーロくらい)を払ってメニューの中から好きなものを好きなだけ注文できるシステムです。
飲み物は別。

結構いろいろなレストランを試してますが、私の好ききらいは、『しゃり』によるところが大きいです。味全然ついてないところは絶対だめ!米がぱさぱさしてる所もだめ!!


うら巻きメニューが豊富です。創作寿司。

      IMG_7919.jpg
ジャンニの大好物、海老天入りうら巻き。上にかかっている照り焼き風のソースがマッチしてます。

他にもカリフォルニアロール、サーモンとアボカドロール、マグロのチリソース和えロール、など色々。
巻き寿司にパン粉をつけて揚げたものもあります。
私は注文しませんが、イタリア人には結構人気のようで。。。
おもしろいです。

ほそ巻きも。
    IMG_7921.jpg
      IMG_7920.jpg

中国人経営ということで、その他には「春巻き」「餃子」「チャーハン」「ラーメン」など。
サイドメニューは中華が多いです。

でも「枝豆」「コロッケ」「わかめの酢の物」とかがある所もあり。
「焼きうどん」とかもあったりします。
      IMG_7915.jpg
ここのわかめサラダ、ドレッシングがなかなかおいしい。

      IMG_7922.jpg
でかくてびっくりしたコロッケ。10センチくらいあった。


そして今日もお腹いっぱい。。。