io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

あれから

 
今日はなんとなんと、一生忘れられないあの日です。

子宮頸がんと宣告されてから、ちょうど1年たちました。
もう1年か~。。。
過ぎてみればなんだって「あっという間」な気がするんやけど、でもやっぱり長かったわ。

1年前の今日、人生のどん底を味わいました。
ほんとうに真っ暗だった。

恐怖と不安と、後悔が渦巻いた1年だったなぁと。
とりあえず泣いた泣いた、一生分泣いたかな、くらい。

自分が「死ぬかも」とかは思わなかったけど、漠然とした恐怖はあったような。。。

あの時は治療がどんなものかもよく理解していなかったし、病気に対する知識もなく、とにかく怖くて、1年後の今日を治療を終えてこうして迎える日が来るなんてことも、想像できませんでした。


今わたしがこうやってここにいるのは、ジャンニや家族、友達の支えがあってのものだと改めて感じ、本当に感謝しています。


失くしたもの、いっぱいあります。
髪の毛も(生えてきたけど)、子宮も、こどもを産むことができる可能性も。

でも治療をしてすごしてきた日々で、得たものも学んだこともあるなと、この1年を振り返って思った。

わたしは、ジャンニから「人を愛することってこういうことなんや」っていうのを教えてもらいました。

もちろん愛し合っているから結婚したわけで、そこになんの疑いもないけれど、ジャンニが私に与えてくれたものは、私が彼に対して与えられるであろうものよりも、はるかに大きくて、それを感じたときに、ジャンニのそれと自分のそれを比べたら、私のがなんかうすっぺらく思えて、もちろん嬉しいのだけど、同時に自分のそれがジャンニのに全然かなわないことに気づいてちょっとショックだったというか。。。

何かいているか分からんなー。

もちろんジャンニは何かを与えようと思って、私に何かしてくれてたわけじゃなくて、それは愛しているからで、そこから自然に生まれるものなのだろうけど。

恩返ししたくて(これはもしかしたら日本人独特の発想なのかもしれんけど)、毎日毎日「ありがとう」と言っているとうっとおしがられた・笑
だってほんとにほんとに感謝してるんやもん、しゃーない。


わたしがジャンニを心から愛していたら、自然と恩返しできるかなと思ってます。
とりあえず、毎日いっぱい愛情を表現している・笑


人生、いつ何が起こるかわからないから、できるだけストレスためずに、笑ってすごしたいなと思っています。
なんでもないような日常は、平凡に思えるけど、貴重な一日一日。
あたり前で普通のことなんて、何もないんやなと、あの日々をすごした今はそう思います。

毎朝起きて、ごはん食べて、お風呂に入って、寝て、ジャックと遊んで、お菓子を焼いて、買い物に行って、そういう日常のことは、当たり前で普通焼けど(どっちやねん)、それをすることができるってありがたいです。



なんか、1年を振り返っているとしみじみと色々感じるのだけれど、うまく言葉にできない。。。
今日は特に、いろんなことが頭を行ったりきたりする一日でした。


正直言うと、治療が終わっても常につきまとう不安があるのだけど、定期健診もするし、とりあえず前向きに行かないと。
やりたいことも、食べたいものも、まだまだいっぱいあるし!!

これからは前進あるのみですね。


私のまわりのみんなも、元気で笑顔いっぱいであってほしいと、心から思います!




スポンサーサイト

姉家族のバカンス⑤


姉家族とのバカンスもこれで最後です。


7月29日から31日はフィレンツェに滞在。
私も31日の最終日に夕方合流しました。

姉とフィレンツェの街を少しぶらぶらし、この日の夕食はずっと行ってみたかった中央市場の2階へ!
数ヶ月前に新しくフードコートがオープンしました。
しかも夜12時まで開いているというから、いいです。
すごい活気があって、今まで使われていなかった中央市場の2階スペースがこんな風に生まれ変わったのがとてもうれしいです。

IMG_8686.jpg
好きなものを注文して、あいている席で食べるシステム。

IMG_8687.jpg
肉あり、魚あり、チーズもピザも、パスタもドルチェもジェラートも、なんでもあり!

IMG_8690.jpg
手軽にこういうのもいいな~。なによりおいしそう。

IMG_8692.jpg
野菜のフリットを頼みました。

IMG_8693.jpg
あと肉団子も味見してみたかったので~。

IMG_8696.jpg
そしてピッツァ・マルゲリータ。めっちゃ待ったけどその甲斐ありのおいしさでした。
8ユーロと、まぁ安くはないんですけどね。。。
でももちもちの生地がすっごいおいしかった!!

IMG_8695.jpg
最後はミニョン(ミニケーキ)を姉とお味見。手前のラズベリーのミニタルトはクリームがピスタチオクリームでこれまたおいしかったです。横のキャラメルプチシューもおいしかった。つまり全部おいしかったのです。

本当にいろいろあって目移りしてしまいました。
ここのジェラートもおいしいと聞いたので、次はジェラート味見してみたいな~。

また来たいスポットです。


長かったトスカーナでのバカンスも終わり、姉家族ともこれでお別れ。
8月1日にローマに発ち、4日までローマ滞在した後、日本に帰国しました。

姉を見ていて、子連れでの旅行って大変やな~と強く思いました・笑
ママってすごいエネルギーが要りますね。。。


治療やら仕事やらでずっと一緒にいれたわけではなかったけど、一緒にすごせた日々、とても楽しかったです。
旅行もしたし、中華も一緒に食べに行ったりして、おいしいものもいっぱい食べたし~。
今年の夏は、治療でずっと家にいたので、この姉家族の滞在は私にとってもよい気分転換になりました:))

あーちゃんにも元気いっぱいもらえて、充電、充電。
遠いイタリアまで来てくれてありがとう~。

次は日本で会おうね~。



姉家族のバカンス④


姉家族とのバカンスも終盤、では続きでーす。


3日目、27日の日曜日はチェックアウト後、サンジミニャーノの街を散策に。
街に着くと観光客でいっぱい!!

P7274632.jpg
通りにはおみやげ物やさんが連なります。

P7274646.jpg
広場。やっぱり塔の街。
黄金期には72本あったそうですが、今は14本が残っているんだって。

P7274652 - コピー
ドゥオモ広場。

P7274659.jpg
アンティーク市をしてました。

P7274687.jpg
チステルナ広場にある井戸。みんなここの階段に座って一休み。

P7274688.jpg
でそこの広場にある世界一にも輝いたジェラート屋さん!
私は普通にヨーグルトとバナナにしましたが、姉が食べたシナモンとマラガ(ラムレーズン)がめっちゃおいしかった!!

P7274701.jpg
帰りの車窓から。こういう景色って雲があるほうが絵になる。

姉たちはお土産もいろいろ購入し、サンジミニャーノも満喫してくれたようでよかったです。
29日の昼までうちに滞在し、フィレンツェで2泊するためいったんさようなら~。

P7284703.jpg
カルミニャーノ、気に入ってくれたかな??


次のフィレンツェ編で最後です。もう少しお付き合いください:)