io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
      

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

検査検査の秋


怒涛の9月とは打って変わって、10月は比較的ゆったりと過ごしています。
日曜日の深夜3時に、時計の針が2時に戻り冬時間になって、日本との時差は8時間。
そんな10月ももう終わろうとしている・・・!!!


さて、明日はRMです。


病気が発覚してから約2年、治療が終了してから約1年。
もう、というか、まだ、って感じのほうがまだ強いかな。。。


10月12日には約半年ぶりの婦人科検診がありました。
7月にした腫瘍マーカーの結果と、TACの結果をみて、触診をして、「大丈夫ね」と言ってくれたけど、そんなん前からわかってるわ、って感じで、やっぱりこっちのシステム納得できない。

TACの検査後は、放射線科の検診があったからその時に大丈夫と言われていたけど、放射線科と婦人科、全然つながってなくて、お互いどんな検査してるのかとか、連絡を取り合っているということもなく、患者からしたら、どっちにどう寄り掛かったらいいのかわからない。
婦人科の先生も、検診のたびに違う人だし、だから心を開けないというか、いまいち信頼できない。
私がたどってきた道を一括して、全部把握している先生、私が抱えているものを全部打ち明けられる、そして理解してくれる先生、1人だけでいいねん!!て感じで、こっちのシステム結構ストレスたまる。(泣)

次の検査はRMね、ということになると、日本ならその主治医が放射線科に電話して予約をとってくれて、日付を教えてくれるっていう流れ、だと思うのだけど、こっちでは自分で電話して予約を取らないといけない。

希望の月がいっぱいで3か月後とかざらだし、ほかの病院や施設に電話しないといけないこともざらだし、電話でのたらい回しなんか当たり前な国。しかもほぼ愛想悪い。

今回は運よく誰かがキャンセルしたとこに入れたけど。

て愚痴ばっかり書いてしまいました、すみません。これだけ読んでると、なんか最悪な国ですね・笑
でも特に事務的なことをしないといけない時は、イタリアの嫌なところばっかり見えてくるんですよねーーー・・・・・・。

日本の運転免許センターに連れていきたいなぁ、イタリア人。



そんなこんなですが、バカンス明けくらいから、たぶん再発への不安とか恐怖からの精神的不安から、パニック症状が出るようになってしまいました。

軽いほうだと思いますが。。。ここ2週間くらいは全然でてないし。

私は最初何が起こっているのか理解していなかったのですが、先生に言わせるとパニック症状らしいです。。。

1回出てしまってからは、人の多いところとか、郵便局とか銀行で列になって待っているときとかにうわーーっと(かなり大雑把な説明ですが)来てまうので、なるべく人の少ない時間帯に行くか、1人では絶対行きたくないからジャンニについて来てもらってます。
ジャンニが一緒だったらかなり精神的に安心なので。

大丈夫だった経験を積んでいくと、出ないようになるみたいです。

婦人科検診の時に言ったら、初めての先生に速攻で精神安定剤を処方されたから、それもムカッときて、毎日飲めと言われたけど、1回試しにちょっとだけしか飲んでない(-_-メ)
効いたのかどうかもよくわからなかったなぁ。。でもなんとなく安心したからいいか。。

今日はあんまり調子よくないなー、とか、長時間外出で不安だから、という時にだけ使おうと思っています。

そのうち何も起こらなくなったら、飲まなくてもよくなるだろうし。


大きな病気の後は、精神的に不安定になるのでこういうことがよく起こるらしい。
気が小さくてびびりで悲観的な私は、見事に穴にはまってしまいました(苦笑)



そして最近やった血液検査で甲状腺の値が異常だったのでその検査もしないといけなくなった・・・。
甲状腺エコー。
婦人科があるプラート病院で予約取ろうとしたら、来年の2月(!!)と言われたので、これまた違う予約センターに電話して、そしたらなんとか12月の上旬に取れました。
(緊急ですぐにしないといけない時とかってどうするんでしょうねぇ・・・)
それでも1か月以上あるけど、まぁいいほうなんだろうなぁ。

ほーーんーーまーーにーー、しんどいわ。


まぁいろいろつらつら書いてしまいましたが、体調は良いのでご安心を~。

検査検査でそれがしんどい、って感じです。



もう10月ですっかり秋。皆さんも風邪ひかないように、あったかくして過ごしてくださいね。

では!!


スポンサーサイト

porec③



porec③と書いたものの、もう特にポレチュで書き残したことはなし。笑

約1週間の滞在、とってもリラックスできました。
ホテルは朝食と夕食がついていて、はっきりいって夕食、全然期待していたなかったのですが、種類も豊富で思っていたより美味しかったのでよかったです。

清潔感があってきれいで言うことなしのホテルでした。


ポレチュの後はいつものポルトローザ。
ポレチュから車で北上すること1時間弱。

国境も並ぶことなくすんなり入れました。


まーポルトローザでのことは特に書くこともないかなー。

いつものように夜はカジノ行って、朝遅くまで寝て、お昼ころに朝食に行き、午後はプールに行ってまったりして、夕食に行って、の繰り返しです・笑

今回もスロットでちまちま遊んでいましたよ~。
50ユーロ入れて2時間くらい遊び続けられて、勝つ時もあれば、すぐに終わるときもある。

私なんか、50ユーロ札入れるのですら「えいや」って感じなのに、隣のおじさんはぽんぽんと何の惜しげもなく500ユーロ札を投入して遊んでいた。。。
お金、持ってる人は持ってるのね、と改めて思いました。

そして私の1回のスピンの賭け額は0.2ユーロ(20セント)やら0.3ユーロ、多くても0.5ユーロなのに、こういうおじさんは10ユーロとかだしな。。

そんな私にもこんなん初めて出た~!!

20150829_214232.jpg

(写真とったらだめだったけど、こっそり記念に)
めっちゃ勝ったんちゃうん!!と思ったら、勝ったのは50ユーロでした。笑
1スピン25セント賭けてたから、200倍。
これが10ユーロ賭けてたら、2000ユーロ!!

て言うのは簡単だけど、でも私にはそんなすごい遊び方はできないので、勝ってもこんなもんです。笑
ローリスクでローリターン。

でもめっちゃテンション上がりました。


そんな感じのポルトローザ6日間でした。



ゆっくりのんびり休めて、日常を忘れられたバカンスでした。




9月に入ってからはばたばたで、もう10月も半ば。
なんかあと2か月半で今年も終わりか~と思うと、ほんとあっという間ですね。。。



次の旅行は年末年始かな~???(だといいな)



porec②


ポレチュ②です。

 
この日は朝からしびしび小雨が降って、お昼に雨がやんでも少し涼しかったのでお昼から旧市街を散策することに。


P8215048.jpg
白い壁と石畳がいい感じ。

P8215049.jpg

P8215054.jpg

P8215055.jpg

P8215058.jpg
お土産ものやさんが並んだ通り。
旅行に行った時の恒例で、冷蔵庫につけるマグネット購入。


そして行ってみたかった世界遺産にもなっているエウフラシウス聖堂へ。
6世紀のビザンツ帝国時代に作られた礼拝堂のモザイク画を見たかったのです。

P8215062.jpg

P8215061.jpg
色のついてる部分はモザイクです。


P8215066.jpg

P8215064.jpg
上った鐘楼からの眺め。ポレチュ①に載せた写真でも印象的だったポレチュのシンボル的な鐘楼です。


P8215070.jpg
遺跡のくぼみにハマるジャンニ。


P8215080.jpg
随所に残ったモザイクの破片(といっても結構でかい)が飾られています。


そしてこれが、

P8215088.jpg

1400年以上も前に作られた、完璧な状態で残されている金色のモザイク!!
1400年て想像もできないくらい長い年月。
とにかくきれい。
イタリア・ラベンナで見たモザイク画を思い出しました。



その後も街をぶらぶら。

P8245128.jpg
街の裏側(?)へ。どこからでも目印になる上った鐘楼。

P8245125.jpg
「そんなん撮るな、はずかしいから」とジャンニに言われながらも撮った扉や窓の一つ。



P8245130.jpg

P8245135.jpg
なんか映画のセットみたいだなー。



P8245133.jpg
そしてやっぱり食べないと、なチェバプチチ。スパイスで味付けしたひき肉を筒状にしてグリルしたものです。
たいていアラブ風のパン(ピタ)と玉ねぎ、パプリカのソース(赤いの)がセットになっています。

おいしかったけど、ここのに勝るチェバプチチhttp://sakochan21.blog.fc2.com/blog-entry-131.htmlにはいまだ出会ったことないなぁ。



ポレチュの街を満喫した1日でした。


③へ続きます。