FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

明日出発。


いよいよ、明日の朝出発です。

今回の帰国は、初、ルフトハンザ・ANAで、評判もいいので楽しみ!

なのですが、日本からイタリアへの帰国便で、フランクフルトーフィレンツェ間の飛行が無くなったとずいぶん前に連絡があり、その後、また随分たってから、代替便の案内がありました。

関空ー羽田ーミュンヘンーフィレンツェに変更~。

乗り継ぎ時間も短いから、買ったのに、国内でも乗り継ぎ、しかも待ち時間3時間くらいあるし、まじで~、って感じです。

しかも代替便のEチケットと一緒に、
『オーバーブッキングに関して』
という書類も添付されていて、

ー航空会社はオーバーブッキングを行うことがあり、ご予約済みのお客様に座席を提 供できない場合がございます。この場合、航空会社はご予約済みのお客様に対して、 予約を放棄して頂けるかどうかお声を掛けさせて頂きます。その際、~~~以下云々。

オーバーブッキングすること前提みたいな文章で、読んだときは一瞬ギョッとしましたが、まぁ多分、大丈夫やんね。。。

今まで何回も飛行機乗ってて、10年以上前にたったの一回だけあって、その時は現地で姉と待ち合わせをしていたので断りましたが。。。
もしこういう場合、一人旅の人って、ターゲットになりやすそうだな~。

1年前のパリ一泊事件が頭をよぎりますが、今回はせめて、予定通り行って帰れますように!!!

 
今回は荷物、23キロ×2個、いけるので、調子に乗っていろいろ買っていたら、普通にどっちも23キロオーバーしてしまい、かなり焦りました。

少し手荷物にまわして解決しましたが、そんなにいっぱい買ったかな~??



では、行ってきまーす。





スポンサーサイト



娘亡き後


11月後半の土曜日、プラートのタヴォラという地区に、アンブラの名でPubblica assistenza(ボランティアの医療施設)が開き、それの開院祝いのようなものに少し顔をだしました。

アンブラが亡くなった後、ご両親と友人たちは、『Amici di Ambra Onlus』という団体を作り、寄付を募ったり、催しものやお祭りがあると、そこに食べ物のブースなどを出して、そこでの収入を病院に募金したり、必要な医療器具を買ったり、アンブラと同じように難病で苦しんでいる人たちの病気の研究に役立てるようにと募金したりと、活動を開始しました。

FBで今までも何回もいろんな催しもののお知らせは見ていたのですが、行ったことはなくて、今回はジャンニが「行こう」と珍しく言ってきたので(笑)行ってきました。


(写真はFBのページから拝借したものです。)
24059538_195560501009830_4507860250939702505_o.jpg 私たちが着いたのは1時間ほど後だったので、もう式のようなものは終わっていましたが、こんな感じだったよう。地元のテレビも来ていたようです。


23847563_195560374343176_5924713447127014856_o.jpg ケーキやお菓子、スナックなどもいっぱいあって、豪華でした。


24068322_1521733787916038_4558181010555235532_n.jpg
彼女のお母さんと少しお話しして、「これ見てちょうだい」と言われて中に入ると、こんなパネルが壁にありました。


『アンブラを追悼して』


あぁ、アンブラがこんな形でまだここにいるんだなと思ってパネルに触れると、お母さんが『素敵でしょ。アンブラはほんとにきれいな子だったでしょ、覚えてる??』と話しかけてきました。

うん、とてもよく覚えている、と返事をすると、嬉しそうな、でも悲しそうなお母さんの顔が。


アンブラのおばさん(お母さんの姉妹)2人も合流して、『道端でもふとした瞬間に、あ、アンブラが空から見てくれている、って感じることあるのよね』と笑顔で話していました。

それを聞いて、
『でもアンブラには、生きて私の横で見守っててほしかったわ』
と悲しそうに言うお母さん。

そうよね、こうやって前を向いて日々過ごしていても、諦めきれない、どうしようもない悲しみは、あるよね、癒えない悲しみがあるんよね、きっと。
時間が経つにつれて、少し薄くはなるのだろうけど、忘れはしないものなのだろなぁ。

私は母親にはなれないから、自分の子供を失う悲しみは、完璧にはわからないけれど。
でも、なんとなく、病気でもし私がいなくなったら、自分の母親は何を思うのかな、どう感じるのかなと想像すると、何となく、少しわかる、というか、想像できる気がした。



悲しみを、このような形に変えて、人々に手を差し伸べている彼女のお父さんとお母さんの活動、行動は、本当に素晴らしいなぁと心から思います。
みんなに笑顔と勇気を、与えてくれます。

『クリスマスマーケットにも出るから来てね』
と言って、笑顔でお別れしました。

週末、時間があれば顔を出したいな。



さて、私は来週の木曜に帰国~。なんかもう、何をお土産に持って帰ったらいいのか、よく分からない・(笑)
毎回だいたい同じだし。。。

今回はルフトハンザ・ANAで、23キロを2個いけるので、助かる!!!
 
週末は最後の買い出し~。






FICO、そして12月に突入


なんだかあっという間に日が過ぎて、3〇歳の誕生日も過ぎ去って、12月になってしまいました。
11月、全然更新してなかったな~。

先月も、特に何があったわけでもなく、毎年仕事の少ないこの時期、なんかほわーんと、のんびり、気が抜けています。

家でなんやかや、整理整頓したり、何もしなくても、日ってこんなに早く過ぎていくのね。


「この一カ月、私何してたっけ」と思ってスケジュール帳を見直してみたら、10月中旬~11月頭は検査ラッシュで、立て続けに病院でした。

甲状腺エコー、甲状腺科の定期健診、婦人科検診、胴体部分のエコー、放射線科の検診があり、どれも特に問題なしで今回もクリアしました。
治療から3年ちょっと経ちましたが、今のところ順調です。
これからもこの調子で行ってほしいな。



この前の日曜日はジャンニとお出かけ。
最近ボローニャにできたFICOというイタリアの食のテーマパークに行ってきました。
EATALY のでかい版みたいなんです。


IMG_20171126_143652.jpg
 到着。雨でしたが(雨だったから?)結構人が来てました。
入口のモニュメント。


IMG_20171126_143740.jpg 
リンゴいっぱーい。
これ、最後は捨てるのか、それとも食べるのか、と考えてしまうのは私だけ???


IMG_20171126_143850.jpg FICOのキャラクター。ゆるキャラっぽくてかわいい。
エプロン、シャツ、エコバッグなど色々なグッズが売ってました。


IMG_20171126_144127.jpg サラミ、生ハムなどのブース。


IMG_20171126_154916.jpg クリスマスっぽくてかわいい!これ実はコンフェッティという砂糖菓子を色のついたフィルムでくるんで、それをお花のようにしたもの。
食べるのもったいないな~。


IMG_20171126_161736.jpg 
味見して、好きなワインをボトルに入れてくれる。8種類ほどありました。
1リットル入りの瓶に入れてくれて、ほとんどが3ユーロちょっとで安かったので、2本購入。
そのうち一本は日本に持って帰る用に、甘めのデザート赤ワインを。


IMG_20171126_154826.jpg 休憩スペースにあった洗濯バサミの形のベンチ。
かわいい。


IMG_20171126_151513.jpg 石窯ミニピザ、マルゲリータ。もちもちで、アツアツで、とてもおいしかった!


中はかなり広くて、専用の自転車もありました。
人が多いと、使いづらそうだけど。。。


もっとローカルなものを期待していたのですが、行ってみれば、MUTTI(トマト缶)やGRANAROLO(乳製品)、PIZZOLI(ポテト製品)など大手のメジャーなメーカーのブースが結構多くて、ちょっとがっかり、という部分もありましたが。。。

ジャンニに言ったら、『そういうメジャーどころがお金を出しているんだろうから、それはしょうがない』と言われて、まぁそれもそうかと。

半日ほど過ごして、お土産を少し買って帰りました。
リピはないだろうけど、一度行ってみたかったので満足です。


さて、いよいよ12月21日に帰国。
あと3週間です。
楽しみだな~!!!