FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年09月
ARCHIVE ≫ 2018年09月
      

≪ 前月 |  2018年09月  | 翌月 ≫

今年もLINEAPELLE


火曜日、やっと街のフェスタが終わって静かな夜が戻ってきました。

最終日は甥っ子のマッティアとジャンニと3人で回りました。
移動遊園地が思ってたより本格的でびっくり。若い子であふれかえっていました。
何個かの遊具のところにDJぽいのがいて、マイクでDJトークしてるのがうるさいうるさい。(笑)
私の部屋から聞こえてきた『ウェ~イ!!!』ていう声はこれか、と判明しました。

夜の12時過ぎに、フェスタの締めに打ち上げ花火。部屋から見させてもらいました。




さて、去年お手伝いさせてもらったミラノで開催されるLINEAPELLEという展示会に、今年も呼んでいただきました。

展示会は昨年より10日ほどはやい9月25日(火)~27日(木)です。
24日(月)はブース設営の準備が朝からあるので、明日日曜日にミラノ入りします。

初めてAirbnbを使ってアパートを予約してみました。
展示会のシーズン、付近のホテルは高くなるので、安めのアパートは助かります。
展示会場からはメトロで4駅離れているだけなのでちょうどいいかなという感じ。
ホストの方もいい人っぽいのでよかった。

去年やったけれど、やっぱり緊張するなぁ。


では行ってきまーす。




スポンサーサイト



サムイ島④


先週の木曜から私の住んでいるカサルグイディの街のお祭り。
毎晩近くの広場でコンサートやらDJやら(正直うるさい)、ルナパーク(遊園地)、色んな食べ物のテントなどすごい賑やかです。
明日は最終日なので行ってみようかな。
家でいても普通にお祭り感が伝わってくるので、家のすぐそばでやっているのにまだ行っていない無精者。。。



ではサムイ島バカンスの続きです。


8月21日(火)

この日は朝からいい天気。
昼過ぎからビーチに行きました。

ホテルのプールを超えて、向こうのビーチへ。


P8216707.jpg プール横の芝生にでかいチェス。
私たちのホテルのカラーは『青』です。


P8216708.jpg
見えてきた。



P8216710.jpg 白い砂浜がまぶしい。
(ジャン二にいつも「おれの後頭部を写すな」と言われるが、後ろから撮るとどうしてもこうなるからしょうがない) 



P8216712.jpg ずーっと続く砂浜


P8216721.jpg ビーチを散歩する人や浅瀬で遊ぶ人。


P8216723.jpg 日本の海のように遠浅なので、それに慣れている私にはありがたい。



P8216714.jpg おーい、ジャンニ~。


P8216716.jpg 
晴れているとやっぱり海の色がきれい!!!
海水も暖かくて気持ちよかったです。


P8216729.jpg 私も少し海で遊んだあとは木陰で読書。
みんな思い思いに過ごしてます。


P8216732.jpg その後プールでまったりしました。(これは子供用)
サムイ島の天気は変わりやすくて、この後10分くらいスコールがありましたが、その後はまた晴れ間がでました。



P8226733.jpg 部屋に帰る途中の道でバナナの木発見~。


この日の夜はホテルから5分くらいのところにあるCentral Festival というモールに。
なぜか和食レストランが多く、その中のFUJIというレストランで天ざるを。
イタリアの日本食レストランよりも、もっと日本のものに近い和食レストランにテンション上。

その後行ったモールのスーパーでコメッコを発見し、即買いでした。

アジアに来ると、こういう良いこともあるなぁ、と気づいた夜。




8月22日(水)

この日も良い天気で、取引先で働いてるシモーネという男の子が彼女とサムイ島に来ている、ということでビーチで落ち合うことに。

昼過ぎから4時ころまでビーチで一緒にすごしました。

夜は昨晩もお邪魔したCentral Festival のフードコートに4人で。
ローカルフードがいろいろあってどれにしようか迷います。


P8226739.jpg で結局エビチャーハン。おいしかった!!


P8226738.jpg これはジャンニとシモーネが食べたエビガーリック炒め。美味しかったらしい。


その後はモールの広場でしていた夜市に。

P8226744.jpg お土産物やさんやら、ローカルフードやらいっぱいでした。
私はお香を購入。


P8226745.jpg 店じまい。生まれて間もない赤ちゃんも一緒、原チャの横には自分たちの屋台の荷物をくくりつけてある。「生きる」ってこういうことなんかなーとふと思った一コマ。
そしてタイ人、みんな笑顔なんだよなー。


P8226742.jpg なんかSがちょっと右に倒れてる気がするが。。。
ジャンニわかりづらいな。


P8226740.jpg フルーツシェイクのスタンド。


P8226746.jpg 私はやっぱり何がなんでもマンゴー。
毎日マンゴースムージーやらシェイクやら飲めて幸せ♡

マンゴーの魅力がジャンニには分からないらしく、「お前は本当にマンゴーマンゴーて。明日からマンゴーと呼ぶ」と言われましたが、やっぱりマンゴー。


そんな6日目の夜。



つづく。




サムイ島③


特にたいしたことは書いていないのに、読んでくださってありがとうございます。

ではサムイ島バカンスの続き。


8月20日(月)

この日も昼過ぎまで寝ていたのだと思います(笑)

お昼からはレンタルしてある原チャで15分くらいのところにある、ビッグブッダという観光地に行ってきました。


P8206671.jpg
20Bでお線香とろうそく、お花のセットを。


P8206675.jpg  お線香をつけて、お花をお供えしたら、僧侶さんが腕にミサンガみたいなのを付けてくれました。厄除け的な??
ジャンニが緊張しているのがおもしろい。
そしてそんなジャンニを若干心配そうに見ている隣のお兄さん。


P8206676.jpg
その後、右手に持っているバチみたいなので、水をシャッシャッと振りまいてくれました。
ジャンニは『聖水(キリスト教でいう)かけてもらった』となんか感動しておりました。


P8206678.jpg そんなジャンニの写真をバシャバシャ撮っている私をみた僧侶さんが、『2人でお祈りしろ』とジェスチャーして、私のカメラを隣のお兄さんに渡せ、と言っているようだったので、言うとおりにしました(笑) なんてサービス精神のある。
2人で写っている数少ない写真の一つ。



P8206683.jpg 
階段を上ってビッグブッダに。龍の手すりすごいな。


P8206685.jpg 
金、ピカ!12メートルらしい。


P8206692.jpg 祈りをささげるおサルさん、かわいい。


P8206693.jpg 
今気づきましたがオス猿でした。ちゃんと付いてます。


P8206691.jpg ビッグブッダの左右後ろをコの字で囲むように、この回廊があって、そこに10数個ほどぶら下げられている鐘。
すべてたたいて回るとご利益があると読んだので、ゴーン、ゴーンと鳴らして回りました。
高台にあるので見晴らしがよかったです。


P8206695.jpg 
ゴーン。


P8206698.jpg 境内にあった蓮の花。


P8206699.jpg のんびりと、落ち着いた場所です。

下にはお土産物やさん通りがあって、そこでココナツの殻に入ったキャンドルやらマンゴーの木で作ったゾウの置物やら、少しお土産を買ったりしてブラブラしました。


この日はホテルでしていた月曜BBQブッフェディナーで夕食。
お魚やお肉のグリル、その他タイ料理の前菜とか、タイチャーハンなどなどをいただきました。

夕食の後、前日にしたマッサージが気持ちよかったので、またやってもらいに。
私は足だけ250B(700円くらい??)。1時間でこれは安い!!そしてめっちゃ気持ち良い。
ジャンニは前日はオイルなしで全身だったのですが、この日は全身のオイルマッサージを。めっちゃ気持ちよかったみたいです。

2人ともタイガーバームの匂いぷんぷんな月曜の夜でした。


つづく





サムイ島②


では、サムイ島バカンス日記の続きです。


8月18日(土)

この日も時差ぼけ治らず、朝食後15時くらいまでがっつり寝てしまいました。
まぁバカンスだから気にしない、気にしない。


P8186633.jpg 部屋からの眺め。オーシャンビューではないですが、アジアっぽいこういう植物たちが見えるのも癒されます。


P8206666.jpg 部屋の前に木があって、そこに住んでいたリスたち。毎日3,4匹が木を登ったり下ったりして戯れていました。かわい~♡


その後は海辺を散歩。ビーチ沿いにはたくさんのホテルがずーっと並んでいます。
この日は曇り気味でしたが、それでもジャンニは結構焼けてました。

P8186636.jpg 海水はすっごく暖かかったです。


海辺を歩いて小腹がすいたら、、、

P8186637.jpg コレ。所々にいます。
トウモロコシ一本、50THB(約1.3ユーロ)でした。
一本ちょーだい、というと、皮をむしって炭の上で焼いてくれます。


P8186638.jpg おぉ、手動!下に炭があって手でくるくる回して焼いてくれます。
こういうアジアな感じもまた癒される~。
少し塩をかけてくれて、とってもおいしかったです。


その後はプールへ。

P8186639.jpg
ヤシの木。


 ダウンロード
プールはこんな感じでした。向こう側はさっき散歩していた砂浜。ホテルの前はプライベートビーチです。
ビーチにもプールにも、チェアとパラソルは十分あったので、席の取り合いもなく便利でした。


まったりと土曜日を過ごし、翌19日(日)も同じようにのんびりすごしました。
夜は、前日に借りた原チャに乗ってチャウエンビーチから15分ほどのところにあるラマイという場所の日曜ナイトマーケットに。



P8196655.jpg お土産物屋さんやローカルフードの屋台がいっぱい。


P8196649.jpg ヤシの実で作ったゴリラ(?)の置物。
掛ける札は選べるらしい(笑)


P8196650.jpg カバンとかポーチとか。


P8196651.jpg 何か良く分からなかったのだが、たぶんココナッツフレークを揚げたもの?か焼いたもの。上にレーズン。


P8196652.jpg お肉の串焼き。1セット10本で50Bは安いな。なんかスパイシーな色(笑)


P8196654.jpg 揚げ春巻きとか生春巻きとか。


P8196653.jpg シェイク屋さんでした。


P8176629.jpg ランブータンとかドリアンも。ドリアンは今回も勇気がなくて試せず。。。


P8196660.jpg 大道芸人もいたりして盛り上がっていました。


こんな感じの最初の週末でした。



つづく


サムイ島①


もう9月か~、早いなぁ。
バカンスから帰国した翌日から半日仕事したり、でぼちぼちリズムを戻していっています。
本格的に日常に戻るのは月曜から。

 
サムイ島でのバカンス、朝食後は昼頃まで部屋でグダグダして、昼過ぎに海に行ったりプールに行って、疲れたら昼寝をして、夜は街をブラついたり、と毎日同じような感じで過ごし、特に観光をしたりはしなかったのですが、思い出に浸りながら書いていきます。
あ~、時間よ戻れ。


8月16日(木)
9時にピサから出発し、カタールのドーハまで6時間、ドーハからバンコクまで約7時間、バンコクからサムイまで1時間弱のフライトでした。

初めてのカタール航空、かなり期待していたせいもあったかもしれませんが、感想としてはまぁまぁでした。
カタール航空の一番の問題は、食事がほぼすべて「スパイシー」という点かも。。。(苦笑)
メインもスパイシー、軽食のパイっぽいものの中身もスパイシー、、、私はフルーツやデザート以外の機内食はあまり食べないので別に問題ありませんでしたが、スパイスがあんまり好きでないジャンニの胃には結構きつかったみたいで、(笑)

IMG_20180816_162519.jpg 
乗り換え時、ドーハの空港にて。
特有の白い服と頭に白いスカーフ、とまさしくアラブの格好をしている人がたくさんいて、アラブ感満載。外は40度以上あり、飛行機から降りた瞬間サウナでした。
写真これしかありませんが、金ばっかりを売っているお店があったり、かなーりゴージャス。



17日(金)の朝8時半頃にサムイ島に無事到着。

P8176620.jpg P8176619.jpg P8276831.jpg P8276829.jpg 
空港には色とりどりに花が咲き乱れていて、ぐわ~っと湧いてくる南国に来た感。
癒されます。


滞在先はサムイ島の一番にぎやかなチャウエンというエリアにあるチャウエンビーチの少し南にあるホテル。
ど真ん中だと夜中までうるさいと読んだので、少しだけ南に外れた所を選択しました。


お昼前にチェックインし、結局この日は二人とも疲れていたので、シャワーの後夕方までがっつり寝ました。

P8176621.jpg 
がっつり寝ている最中に(笑)持ってきてくれたウェルカムジャム(?)。
ヤシの実の殻に、ココナッツ、マンゴー・バナナ、マンゴー・パインの3種類のジャムの小瓶が。(イタリアに持って帰って味見しようと開けたらシュワシュワ泡立っていたので、味見せずに捨てる羽目に。すぐ食べればよかった!!)
プルメリアの花と一緒に。この花、すっごいいい香り!!!
こういう小さなサービス、気持ちがとてもうれしいです。



夜は街の様子の下見も兼ねて、ぶらぶら周りを散策。
50メートル感覚でセブンイレブンとファミリーマートがありました(笑)
便利っちゃ便利。


P8176626.jpg 
お土産物屋さんの屋台が並んでいたり、



P8176625.jpg 
犬がそこらへんで寝ていたり。

こういうアジアの街の雑多な感じ、久しぶりだな~。


夕食は適当に入ったレストランで。

P8176623.jpg 
カオパット(タイ風チャーハン)は、どこで食べてもハズレなし。
滞在中、3,4回お世話になりました。


P8176624.jpg 
パッタイ(タイ風ビーフン)は、私の欲しかった細いビーフンではなくて、きしめんみたいのが出てきました。
そしてこのタイ料理にかかせない甘くて酸っぱくて、ピリ辛のソースの味・・・。
そして(多分)ピーナッツの粉末がかかっていて、独特のハーモニーです。
半分しか食べれませんでした、すまん。。


こんな感じで始まったサムイ島バカンスでした。


続く。