FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      

≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

イチゴジャムの味



先週木曜、住民登録後の警察の訪問がありました。
まだ申請から一週間も経っていないのに来たので、はっきり言ってびっくりしました。
イタリアだけど意外と仕事が早かった今回。



P5237324.jpg
イチゴの季節。こっちでは日本みたいに甘~いイチゴにあたることは珍しい。
これも結構酸っぱかったな。。

でもこれはイチゴジャムを作るのに買いました。


小さい頃、家で食べるジャムといえばいつもイチゴジャムで飽き飽きしていた思い出があるので、こっちのスーパーでも買ったことないし、敢えて作ろうと思ったこともありませんでした。

が、お気に入りのユーチューバ―というか、動画をあげてるパティシエさんがイチゴジャムを作る動画をあげていてめっちゃおいしそうだったので、作りたくなって作りました(笑)


P5247326.jpg
2キロのイチゴから、300gが2瓶、200gが3瓶できました。

皮をむいたり種を取ったりする洋梨やいちじくと違って、下準備がヘタを取るだけだったのがすごく楽で時短。


P5247327.jpg
濃縮されたきれいな色。



P5247328.jpg
砂糖は50パーセントの1キロ。
イチゴ自体の甘みがあまりなくて結構酸っぱかったので、もう少し砂糖多めでもよかったかな、とも思いましたが、翌日食べてみたらおいしかった♥

甘酸っぱい春の味、そして小さい頃を思い出す味。

たまにはイチゴジャムも悪くないな~。



スポンサーサイト



タイムスリップ



先週金曜にうけた乳がん検診、マンモグラフィーだと思っていたら、全然痛くない乳腺エコーだったので拍子抜けしました。
マンモグラフィーは40歳以上かららしい。(まぁあと1年だけど・・・) 

結果は何も問題なくクリアでした。


先週、15日の水曜日は仕事の後久しぶりにフィレンツェに。
というのも、むっかし昔、10年以上前、フィレンツェのサンタクローチェのアパートに一緒に住んでいたスイス人のシャンドル君が先月、

『今はポルトガルに住んでるんだけど、5月半ばに講習でフィレンツェに行くので久しぶりにあこのアパートに住んでたみんなで会わない??』

と連絡をくれたからです。

家主のダニエレに会うのも久しぶりだし(去年ミラノの展示会でばったり会って少し話しただけ)、シャンドルに至っては10年ぶり。

ダニエレが住むフィレンツェ郊外の家に着いたのが7時半とちょっと遅くなったけど、無事再会!!

キャーキャー言って喜び合いました(笑)

『あそこにみんなで住んでたの10年も前だよ!!』
『カナエの部屋はやばいくらい小さかったよねぇ、物置を無理矢理部屋として貸してたもんね』
『ダニエレは〇〇(シャンドルの前の同居人)と仲わるかったよねぇ』
『ていうか10年前と全然かわってない~』
『あの家は古くて不便だったけどテラスからのドゥオモの眺めは最高だったよね』
『ある日、僕の電気毛布がいきなり燃え出して、テラスに放り出して消したの覚えてる??』
とか、昔話に花が咲き楽しくおしゃべりて、10年前にタイムスリップしたみたいな、不思議な感覚でした。


FB_IMG_1557936366848_convert_20190521061848_convert_20190521063015.jpg
FBにて発見した2009年4月末の、ちょうど10年くらい前の写真。懐かしい~。
『わ~、僕髪の毛長いね!!一緒にテレビ見てたんだよね~』とシャンドル。


結局私はあそこのアパートに2年ほど住んでいたのかなぁ。
あの頃は、フィレンツェの中心に住むのに強い憧れを抱いていたので、あのサンタクローチェ教会の真横で、しかもドゥオモが見えるアパートが本当にお気に入りで、若くて、仕事も楽しくて毎日濃かったなぁ、なんて思い返しました。

私の部屋は2畳くらいのめっちゃ小さい部屋(というかキッチン横の物置を無理矢理部屋として使っていた)で、ようあんな所に荷物全部おいてたな、と今思い返しても不思議です、(笑)
屋根裏っぽく天井が傾いていて、一番高いところでも背中伸ばして立てなかったなぁ、とか。

でもあの頃はそれが楽しくて、嬉しかったんです。

そしてジャンニと知り合ったのもあのアパートだったな。(笑)



帰りの最終バスが9時半だったので、外に食べに行かずにダニエレが簡単にパスタを作ってくれました。

IMG_20190515_203849_convert_20190521062324.jpg
ダニエレと彼(不在)のアパート。めっちゃくちゃオシャレで、まるで雑誌に出てくる家でした。
左がダニエレ、右がシャンドル、真ん中はシャンドルの彼(ブラジル人のビクトル)。

そうです、みんなゲイです。

『今日、ジャンニはカナエのこと安心して送り出してくれたでしょ??だって僕たちみんなゲイだもんね!!ハハハハハ』

まじで(笑)



IMG-20190516-WA0000_convert_20190521061830.jpg
ビクトルが撮ってくれた1枚。
昔の話をしたり、近況報告したり、2時間ほどでしたが、めっちゃ濃い、楽しい時間でした。
10年前が蘇る・・・。

不思議な感覚で、不思議な時間を過ごしました。
変わったけど、変わってないような。
時間が経ったけど、経ってないような。

またみんなでこんな時間を過ごせたらいいのにな、と思いました。


あー、なんか若返った気がする!!ww




住民登録


引っ越ししてクアッラータという市に変わったので、先週土曜日、新しい市役所に住民登録に行ってきました。

事前に役所のサイトのチェックし、EU以外の外国人が住民登録する場合の必要書類のリストをダウンロード・コピーし、それをもとにパスポートや滞在許可証、運転免許証などのコピーをして準備。
一緒に申請書もコピーし、記入したものも持っていきました。


土曜の午前だったので並ぶことなく自分の番に。

窓口のおばさん、
『どこに引っ越ししたの??今からパソコンで入力するから』

と言って入力しかけたものの、記入済みの申請書を見て、その他の必要書類のコピーも見て、

『あなた、なんて準備がいいの!!!このコピーたちは私のためにしてくれたの??あぁ、これも、あれも全部ある!!』

「は、はぁ・・・」


信じられない、という目で見られました。。。。


ということは、大半の人は窓口で色々な手続きをする際、その場で申請用紙を記入、もしくは口頭で言ったことを職員がPCに入力し、必要書類をその場で聞いて、持っていればそれを職員がコピーし、足りないものがあったらまた後日、などなどで、20分ー30分くらいはざらでかかるんだろうな、と想像するのが難くない。。。
だからイタリアって事務系の窓口の待ち時間ががやたら長かったりするんだよな~。

私が日本人だから準備が良いと言いたいわけではないけど、効率よくしようという人が増えたら色んなことがもっとスムーズに進むのになぁとよく思います。


必要書類リストを見ていろいろ準備したものの、リストに書いてあるのに逆に要らないと言われたり、リストに載っていないものが要ると言われたり、その場合は帰れと言われるんだろうな、外国人だから邪険に扱われたりして・・・などといろいろ期待しないで行ったので、ものの数分で終わって拍子抜けでした。

後日、私が本当に申請した住所に住んでいるのかどうか、自治体警察の人が確認しにきて、完了です。



金曜は初めての乳がん検診で、ちょっと緊張します。

痛いのかな~。





友人の結婚式とか、最近のこと。


ばたばたと忙しくて更新しないまま随分経ってしまいました。
5月、こっちは20度超えたと思ったらまた5度くらいに下がったりして、お天気があんまり安定しません。
今日も昼過ぎからしとしと雨。。。


前回の日記に書いた通り、4月28日は友人Kさんの結婚お祝いランチに。
友人夫婦と娘ちゃんの車に便乗して行ってきました。

フィレンツェ時代、ケーキ屋さんで働いていた時代、一時期Kさんが店先でサービスをしていました。
その後もちょこちょこフィレンツェに行ったときは会ったり、病気のことを話したり、そんなに頻繁には会わないのですが、お姉さん的な憧れの存在。


前日の27日にフィレンツェの市役所で結婚式をした2人。
「何人くらい来るんだろうねぇ、50人とかかなぁ」
「ホテルとかの庭を借りてるんだろうねぇ、さすがに家の庭ではないだろうよ」
と車の中で話していたのですが・・・

旦那様のご実家でした、すご!
外観はホテルでしたよ。。。!

Kさんの日本からいらしたご家族と一緒に広大なお庭を案内されて、「このガイドさん誰だ」と思っていたら旦那さまのお母さまでした。

どこまでが敷地だろうねぇ、と話しながらお庭の散歩。果てしなく広い・・・。



IMG_20190428_131103.jpg 
お庭にセッティング。



IMG_20190428_131344.jpg 
この色、私の好みにドはまり♥



IMG_20190428_131536.jpg 
美し。



IMG_20190428_131520.jpg 
メニューに貼ってある葉っぱにはKさんの手書きで招待客の名前が。

プリモはパスタとリゾット二種類・セコンドと、どれも程よい量でとーっても美味しかったです。


IMG_20190428_151658.jpg 
Kさんの働いていたケーキ屋さんのタルト。甘さ控えめでとってもおいしかったです。



IMG_20190428_155437.jpg 
英語で懸命にスピーチをされているお父様を見ていると感動しました。



帰り際に、『テーブルのお花持って帰ってね~、じゃないと捨ててしまうことになるから』ということで、頂いて帰りました。

IMG_20190428_182841.jpg それ用にセロファンや紐もちゃんと用意してある気配りが、さすがKさん。



IMG_20190502_201211.jpg 
ふたを開けて思わず「おぉ!」と言ってしまった頂き物のドラジェ。
色合いもめちゃオシャレで、大げさでなく、味は今まで食べたドラジェの中で一番おいしかったです。


途中から雨が降ったりで、肌寒い日でしたが、Kさんのめっちゃきれいなウェディングドレス姿と、それを見つめる旦那様の幸せな様子を見て、ぽかぽかした1日でした。




仕事は今週は少し落ち着いています。
ジャンニ曰く、来週あたりからまた忙しくなる、らしい。


家は、ほかの残る2つのアパートの工事がまだ終わっておらず、今月いっぱいはまだ騒がしそう。
とりあえず、私たちのアパートの庭に犬用の柵を早く付けてほしい!(大家負担)
メールしたら、「今月中には。。。。」という返事でしたが、どうだかな。

入口に開閉式の屋根をつけて、庭に置くテーブルと椅子を置くことが夏が始まるまでの目標。
(これは実費)

トイレとお風呂は新しい家具を置いたり鏡を変えたりしていい感じになりました。
それはまた後日。



あー、最近日本シック。
ふだんあまりそんなことを感じないのですが、甥っ子と生まれた姪っ子に会いに帰りたい!
フレッドくんがクラウドのアルバムに撮った写真をアップしてくれていつでも見れるのですが、新しい写真がアップされるたびに帰りたさが増してきます。

アレキシもモリスもいまが一番かわいい歳だろうしな~。(笑)