FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2020年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2020年03月
ARCHIVE ≫ 2020年03月
      

≪ 前月 |  2020年03月  | 翌月 ≫

コロナウィルス②



勢いが止まりません。

15日の今日、とうとう感染者が2万人を、犠牲者は1800人を超えました。
1日で2800人を超える感染者が増え、400人弱の犠牲者が、、、

犠牲者のほとんどが70歳以上の高齢者です。


12日からスーパーなどの食料品店、薬局以外のお店は閉めるとの政令が出ました。今のところ25日までレストランもバールも、お菓子屋さんも閉まっています。

学校は4月3日まで。
でもその後のパスクア休暇も合わせると1が月以上の長い休みになりそうな予感。。


外出は仕事、健康上の理由、もしくは必要最低限の生活必需品の買出しに限られ、その際は「外出申請書」なるものを携帯し、警察などに検問で止められた際は提出しなくてはなりません。

スーパーに行くとしても一家族一人、他のお客さんとは1メートルの距離を保つようにと、入場制限がかかっていて、スーパーの外でカートと一緒に列を作って待つ次第です。

40ほどある空港も約半分が閉まってしまいました。


製造業は止まっていないので私たちは仕事がある限りは毎日仕事に行っています。
取引先の一つが木曜日まで休業になりましたが、その他の取引先は今のところ開いています。

職場ではマスク 、1m以上の距離を空けて、というようにしています。


普段からマスクをしないお国柄、マスクを見つけるのさえ簡単ではありません。。
薬局でも売り切れ売り切れ!
年末年始に日本帰国した際に持って帰ってきたものが10個ほどあるので、とりあえずそれでしのぎます。まじよかった。。。

今まではマスクをしている人=病気の人、というイメージで、マスクをしているとぎょっとした感じで見られていたのですが、今では外出する人のほとんどがマスクをしているのを見ます。



イタリア全土でこんなにもウィルスが蔓延したのは、2月末に北イタリアで感染者が増え始めた時、南イタリア出身のたくさんの人が我先にと塊になって自分の故郷に帰って行ったことが一つだと思います。

ベルガモに住んでいる南イタリア出身の友人、先日連絡を取ったら『状況は難しい』と言っていました。
そして南イタリアへと散っていった人のことを嘆いていました。
『私は家族のことを第一に、自分が万が一陽性だった時のことを考えて帰郷しなかった。ほかの人もそうであったら、ここまで広がらなかったと思うの。』と。

まだ感染のピークは来ていないそうで、今週の水曜木曜あたりがそうかもとききました。

終わりのない悪夢のようだなぁ。。。



この厳しい状況下、ルールを守りながら日々を過ごし、少しでも早くこの状況が良くなることを祈るばかりです。


皆さんも十分お気をつけください。




スポンサーサイト