FC2ブログ

io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2020年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2020年03月
ARCHIVE ≫ 2020年03月
      

≪ 前月 |  2020年03月  | 翌月 ≫

イタリアでは父の日&コロナウィルス③



3月19日はイタリアでは父の日です。



19日、感染者33,000人超、犠牲者3400人超。
昨日からそれぞれ4000人、410人ほど増えました。

入院患者やすでに完治した人などのケースを全部含めて約41,000ケースです。

感染者は中国の半分以下にかかわらず、犠牲者はすでに中国を超えました。
イタリアの高齢社会が大きく関係しているそうです。

連日ニュースはコロナウィルスばかり。
本当に悪夢。

集中治療室に入っている患者はほとんどが高齢者。
最後に自分の家族にも会えないまま亡くなっていくのです。

家で待っている家族も、入院した親を看取ることもできず、お別れになるのです。

本当に心が痛い・・・。


この数字の多くは北イタリアですが、この厳しい状況下、医療関係者の方には感謝と尊敬の気持ちしかありません。


ピークは来週のようです。
先週からかかっている移動制限の効果が数字に表れるのは2週間たってから、ということなので数字が下がり始めるのにはあと1週間ほどかかるのでしょうか。。。

必要外の外出禁止令が出ているのにも関わらず、公園でピクニックをしたりランニングをしたり、お散歩に行ったりという人がたくさんいて、警察などが見回って罰金を科しています。

なんかさ、国全体が緊急事態なんだから、一生外出するなって言ってるわけじゃないんだから、仕事も強制で休みで春のいい陽気で家でいるの退屈なのはわかるんだけど、こういう時は大人しく政令に従って家にいようよ、と思う。

この状況が収まったら、好きなだけ好きなことする時間あるんだからさ。。。

こういう人たちって、テレビのインタビューでつかまって質問されたら「ずっと家にいるなんてむりでしょ。ほかの人と接しなかったらいいんだから」とか言って逃げるん。


私たちは仕事~家の往復。スーパーへの買い物は10日以上行っていません。
家に帰る途中にある小さい食料品店に2回ほどパンを買いに寄ったくらいです。
(といっても1人しか店に入れないので私は車で待っていた)

不安で息苦しいのはみんな同じ。この状況が早く少しでもよくなることを祈って、毎日政府の決めたルールに従って日々を過ごすのみです。



こんな暗いニュースばかりのイタリアですが、、、

日本にいる高校3年の時のクラスメイトで同じ大学に進んだ(選んだ言語は違うかったけど)友人が結婚したという、なんとも幸せになる報告をもらったり、


食料品店でジャンニがパスクア(復活祭)のイースト菓子コロンバを買ってくれたり、
IMG_20200313_163549.jpg



ずーっとつぼみだった椿が咲いたり、
IMG_20200314_101529.jpg



ほっこりすることもあり、ささやかなことですが癒されています。





スポンサーサイト