io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ focaccia genovese -ジェノバ風フォカッチャ-

focaccia genovese -ジェノバ風フォカッチャ-

フォカッチャは、背が高くてふわふわしているものよりも、どっちかといえば薄くて硬めのものが好みです。

薄いフォカッチャのレシピを探していたところ、たどり着いたのが『フォカッチャ・ジェノベーゼ』。

『フォカッチャ・ジェノベーゼはだいたい2センチくらいの厚さで、さくっと、柔らかくてほろっとしており、もちもちはしておらず、オリーブオイルでつやっと光っている』ものと書いてありました。
元祖のレシピでは三次発酵まであって、かなり時間がかかるみたいです。

でも家では簡単バージョンで、二時発酵までのレシピでしました。


生地に結構大量のオリーブオイルを入れます。
なので生地は結構どろどろ??
普通のパン生地みたいに、手でまとめられませ~ん。

かなりねちょねちょです。
オリーブオイルを塗った天板に流し込み、表面をオリーブオイルでコーティングして一次発酵。

        IMG_7275.jpg
一次発酵後。見るからにかなり柔らかい生地。

        IMG_7277.jpg
指で生地を天板全体に広げます。かなりべとべとします。

        IMG_7281.jpg
そのまま二次発酵した後、

        IMG_7282.jpg
指でぶすぶすと穴を開けます。もう底が見えてもいいくらい、深く穴を開けます。

        IMG_7283.jpg
オリーブオイルを水を混ぜたものをふりかけて、塩もふりふり。オーブンを温めている間にも若干発酵します。

そして、この『水』が重要らしいです。表面をかりっと、でもやわらかく、そして焼いた時にくぼみを白くするため、だということ。

        IMG_7285.jpg
220度のオーブンで15分ほど。

        IMG_7290.jpg
薄めで「ふわ」ではなく「さくっ」とした食感です。
生地に入っているオリーブオイルと、焼く前にもかけたオリーブオイルのおかげで、とっても風味豊かでした。

写真を撮っていたら「ローズマリーくらいのせてもっと見栄えよくすればいいのに」とジャンニに横から言われました。確かに。。

はて、これが『フォカッチャ・ジェノベーゼ』と呼べるものなのかどうかは?ですが、みんなには好評でした。
さくっとしていて軽くておいしかったです。スナックのような感じで食べれますよ~。
1センチくらいしかなかった今回のもおいしかったけど、次はもう少し厚めにしようと思います。

        IMG_7286.jpg
指でつけたでこぼこがトレードマーク。


ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
おいしそうですん。 こういう手の込んだものはわたしには無理だなぁ〜
2013年06月10日(Mon) 05:10
はじめまして
編集
ちょこちょこブログにお邪魔させてもらっています。
フォカッチャは、全然手が込んでませんよ~。発酵時間が長いだけで簡単なので試してみてください:)
2013年06月10日(Mon) 17:33












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL