io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPイタリア生活 ≫ マリオ・ゴメス

マリオ・ゴメス

月曜日、仕事のあと、フィレンツェのサッカースタジアムに。
とうとう到着しました。

マリオ・ゴメス

フィオレンティーナが新しく買ったドイツのサッカー選手です。

彼の初お披露目がスタジアムであったのでジャンニに(ほぼ強制的に?)連れられて、レベッカと3人で行ってきました。

スタジアムに向かう人がいっぱいで、すごい車の量。着くのに1時間以上はかかったかな。。?
車も駐車できないだろう、ということで、だいぶ遠くに駐車。
そこから15分ほどてくてく歩いていきました。

着いたらすごい人!
後で新聞みたら2万5千人のファンが来たらしいです。

       IMG_7421.jpg
マリオ・ゴメス、ただ1人のためだけに!!
スタジアムは写真の左側も右側も、試合並みにいっぱいでした。

       IMG_7422.jpg
いろいろなポイントがツボだった人。いつでもプレイできます。

       IMG_7419.jpg
フィレンツェのシンボルマーク、ゆりの花を刺青に入れている人がけっこういます。
地元愛ね~。

       IMG_7433.jpg
とてもちっこいですが、33番の紫のシャツの後姿の彼がマリオ・ゴメスです。(周りにいるのはほぼ報道陣)

覚えたてのイタリア語で挨拶してくれて、とてもいい感じでした。

去る前にサイン入りボールを7.8個観客席にキックするサービスを。
私たちの方にきたとき、急にジャンニが

『俺は行くぞ!!』

と言って消えました。

結果・・・


『俺の方にびゅーんて来たのに、あと手1こ位だったのに、前の少年が、前の少年がー!!』
と、ありえないくらい悔しそうに戻ってきました。

人の間に飛び込まなくてよかった。。。


フィレンツェは、というかフィオレンティーナファンの間はマリオ・ゴメス一色です。

       IMG_7437.jpg
フィレンツェのお菓子屋さんのショーウィンドウにて。
WILLKOMMENはドイツ語で「ようこそ」という意味です。

セリエAが始まるのは8月の最後の週。
楽しみです~。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL