io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPイタリア生活 ≫ 準備

準備

着々とバカンスの準備を進めています。というかほぼ完了。

「旅行前に荷物の用意をする」という行為自体が好きなので、7月の半ばころから(早すぎ)チョコチョコ始めていました。
今日は日焼け止めセットを用意して~、海用タオルを袋にいれて~、水着用意して~、という感じで少しずつ。

リストを作って準備したものから消していくのがとても気持ちいいのです。


さて、『日焼け止めセット』と書きましたが、イタリア人から言わせると『日焼けセット』です。

       IMG_7477.jpg
私の日焼け止め。海に行く時はSPF50です。散策するくらいなら30とかでもOK。

       IMG_7478.jpg
イタリア人の日焼け止め。

SPF6て何すか??


皮膚にダメージを与えずきれいに日焼けするためのプロテクション。
SPRAY SOLARE=日焼けスプレー?それとも日焼け止めスプレー??
NIVEA『SUN』シリーズというくらいだし。。

普通に売っているのは最高でもSPF30。まぁ普通のイタリア人はこんなに高いSPFは買いません。
なぜなら焼きたいから!!


「焼けている=バカンスに行った=経済的余裕がある」という式が成立します。


薬局などに行くとSPF50も売っているには売ってますが、皮膚が弱くて日焼けをあまりできない(してはいけない)子供や大人用です。

私はもともと色が黒いほうなので、海に行ってなくとも「海行った?」と日本人の友達には聞かれたりします。。
でこれ以上黒くなるのはちょっとイヤなので、がんばってSPF50とか塗りますが、イタリア人からすると「焼けたくないなら海行くなよ」という感じでしょうね。

でも泳ぐの好きだから行きますけど~。


そして忘れてはならないのがコレ。

       IMG_7480.jpg
アフターサンクリームです。
冷蔵庫に入れておくのがポイント。
ほてった体にぬると、つめたーくて気持ちいいのです。


ちょっとくらい焼けるのはいいとして、あまり浴びすぎないように気をつけます。
まぁ去年も半分は影で本を読んだりしていたので、今年もそのパターンで。
日本から送ってもらった文庫本たちもばっちりで~す。

IMG_7481.jpg
宮部みゆきのお気に入りのシリーズ。
1ヶ月ほど前に届きましたが、バカンスのために読むのがまんしてました。
早く読みたい~!!

出発まであと少しです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL