io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPイタリア生活 ≫ アートな国

アートな国

クリスマスからお正月、ベファーナと続いていたフェスタも終わりです。
やーーーーっと終わった。
今年は土日とくっついたりしてやたら連休感が強かったです。

クリスマスツリーや飾りもお片づけ。
といっても何のお手伝いもしなかった、だめな嫁。。。

体調不良を理由にごーろごろしてました、自分の部屋はちゃんと片付けましたよ。



先週、用があってミラノ方面に向かっていたのですが、レッジョ・エミリアに入ったら高速A1沿いに突如としてこんなものが。

       IMG_8025.jpg
何かというと、電車(高速鉄道路線)の駅です。入り口or出口。

       IMG_8027.jpg
アコーディオンの蛇腹みたいに波打っていて、アートな感じがして、なんともイタリアっぽいな~。
駅というよりも、芸術的な建築物。

高速と平行して高速鉄道用の線路があるのですが、突如として現れるので初めて見たときはかなり驚きました。
今回はちゃんと写真撮れた!

       IMG_8026.jpg      
うねうね、うねうね。なんと483メートルも続いてます。


2013年の6月に出来たようです。最近だったんですね。
ボローニャ―ミラノ路線間で、アルタベロチタ(高速列車)専用の唯一の停車駅だということ。
Santiago Calatravaという建築家によって設計されたんですて。ふ~ん。

        無題
               (上からの写真)

何にもないパダナ平野の、ひたすらまーっすぐな高速道路にいきなり現れるので、かなり衝撃&印象的でした。


やっぱりイタリアってアートの国なのね~と思いました。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL