io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ さっくりクロワッサン

さっくりクロワッサン


最近クロワッサンを作る時、生地は捏ねないようにしています。
色々レシピを見た結果、さっくりとしたクロワッサンを作るには、生地を捏ねないほうがいいということで挑戦。

今までは生地が滑らかになってグルテン膜がでるまで、10-15分ほど捏ねていました。

グルテン膜が出るまで捏ねた生地で作ったクロワッサンは、ふわふわになります。それはそれで美味しいけど。
(普通の菓子パンや食パンの生地はこっち。)

結果、捏ねない生地のクロワッサンは、サクッとしてる~!!!
私的にはこっちの方が好みです。

2分くらい手でまとめるみたいに捏ねるだけだから、すっごい楽です。
前日の夜、寝る前に生地を用意し、翌朝まで冷蔵庫で発酵させます。
そうすると翌日、一次発酵の時間が省けて、しかも生地も扱いやすく作業するのがすごい楽。

IMG_8296.jpg
バターを織り込んだ生地、きれいな層になっているので嬉:)

IMG_8302.jpg
焼き上がり、きれいにクロワッサンの層ができるとやっぱり嬉しい。

IMG_8335.jpg
味見してみたら、口に入れたときの食感が今までのと全然違う!!サク、ハラッっとしています。


IMG_8318.jpg
断面も、今まで作った中では一番クロワッサンっぽくできました。


半分の生地はパンオレザンに。

    IMG_8320.jpg
カスタードクリームをぬり、レーズンを散らした生地をロールケーキの用に巻き、切ります。

IMG_8327.jpg
こっちもきれいに層になってる :)

時間はかかるけど、きれいに出来たら満足度も高し。


また時間がある時に作ろ~っと。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL