io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP体のこと ≫ 排尿障害とかCVCとか。

排尿障害とかCVCとか。


広汎子宮全摘手術を受けると、膀胱の神経を傷つけるため排尿障害がおこります。
おしっこができないってどういうこと??って感じでしたが、実際手術後、できませんでした。

尿意を感じない&きばっても出ない。

不思議、そしてショックでした。今まで当たり前にしてたことなのに~って。


退院時から1ヶ月ほどカテーテルをつけたままの生活をしていましたが、先週の月曜日、いつも行くカルミニャーノの婦人科の先生にカテーテルをとってもらい、排尿の練習をし始めました。やっと~。

まず自分で出してみる&測る→膀胱に残っている分を使い捨てのカテーテルを入れて出す&測る、という作業。
溜まっても尿意を感じないのでだいたい3時間おきにトイレにいきます。

最初の4.5日は自尿が400-500で残尿が100-250あったのですが、その後自尿が増え、残尿が50以下になってきました。
最近は残尿が20-30なので、「自尿が出にくい朝一だけカテーテルを入れるだけでOK」と先生が。嬉

できなかったことが出来るようになると、とってもうれしいですね~。

ただ尿意は戻ってきていないので、3時間ごとにトイレに行くようにしています。膀胱炎になったら大変だしね。
何ヶ月かかるか、何年かかるかは人によるみたいだけど、尿意はいつか戻ってくるみたいなので気長に待つことにします。


今日はCVCを入れに行って来ました。
鎖骨のところにつけられるのかな、と思いきや、左上の上腕内側でした。
おおげさなことに手術台に寝させられ、腕に麻酔を打たれ、カテーテルを入れられたようです。
見える位置でかちゃかちゃしていたのだけど、見ないようにしていたので、何をされていたのかはナゾです。

「縫うよー」

って言って2回くらい縫ってたけど、何で縫ってたんやろ、、、切ったわけでもなさそうだしな。。
カテーテルを固定するためかな??

見てない上に、その後カーゼとテープで保護されたので、どうなってるのかよく分かりませんが、そんなに痛くなかったからいいかーという感じです。
麻酔がきれた今でも、腕の位置によって若干ずきずきするかな~とくらい。

お風呂に入るときにぬれないようにラップを巻かないといけないのが面倒ですが。
塗れると菌が繁殖したりして感染症になるから危険らしいです。
気をつけないと。。。


治療は来週の月曜日からの予定です。
副作用があまりでないことをいのるばかりです。。。


私の周りのみんなが元気で笑顔いっぱいでありますように☆


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL