io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP体のこと ≫ あれから

あれから

 
今日はなんとなんと、一生忘れられないあの日です。

子宮頸がんと宣告されてから、ちょうど1年たちました。
もう1年か~。。。
過ぎてみればなんだって「あっという間」な気がするんやけど、でもやっぱり長かったわ。

1年前の今日、人生のどん底を味わいました。
ほんとうに真っ暗だった。

恐怖と不安と、後悔が渦巻いた1年だったなぁと。
とりあえず泣いた泣いた、一生分泣いたかな、くらい。

自分が「死ぬかも」とかは思わなかったけど、漠然とした恐怖はあったような。。。

あの時は治療がどんなものかもよく理解していなかったし、病気に対する知識もなく、とにかく怖くて、1年後の今日を治療を終えてこうして迎える日が来るなんてことも、想像できませんでした。


今わたしがこうやってここにいるのは、ジャンニや家族、友達の支えがあってのものだと改めて感じ、本当に感謝しています。


失くしたもの、いっぱいあります。
髪の毛も(生えてきたけど)、子宮も、こどもを産むことができる可能性も。

でも治療をしてすごしてきた日々で、得たものも学んだこともあるなと、この1年を振り返って思った。

わたしは、ジャンニから「人を愛することってこういうことなんや」っていうのを教えてもらいました。

もちろん愛し合っているから結婚したわけで、そこになんの疑いもないけれど、ジャンニが私に与えてくれたものは、私が彼に対して与えられるであろうものよりも、はるかに大きくて、それを感じたときに、ジャンニのそれと自分のそれを比べたら、私のがなんかうすっぺらく思えて、もちろん嬉しいのだけど、同時に自分のそれがジャンニのに全然かなわないことに気づいてちょっとショックだったというか。。。

何かいているか分からんなー。

もちろんジャンニは何かを与えようと思って、私に何かしてくれてたわけじゃなくて、それは愛しているからで、そこから自然に生まれるものなのだろうけど。

恩返ししたくて(これはもしかしたら日本人独特の発想なのかもしれんけど)、毎日毎日「ありがとう」と言っているとうっとおしがられた・笑
だってほんとにほんとに感謝してるんやもん、しゃーない。


わたしがジャンニを心から愛していたら、自然と恩返しできるかなと思ってます。
とりあえず、毎日いっぱい愛情を表現している・笑


人生、いつ何が起こるかわからないから、できるだけストレスためずに、笑ってすごしたいなと思っています。
なんでもないような日常は、平凡に思えるけど、貴重な一日一日。
あたり前で普通のことなんて、何もないんやなと、あの日々をすごした今はそう思います。

毎朝起きて、ごはん食べて、お風呂に入って、寝て、ジャックと遊んで、お菓子を焼いて、買い物に行って、そういう日常のことは、当たり前で普通焼けど(どっちやねん)、それをすることができるってありがたいです。



なんか、1年を振り返っているとしみじみと色々感じるのだけれど、うまく言葉にできない。。。
今日は特に、いろんなことが頭を行ったりきたりする一日でした。


正直言うと、治療が終わっても常につきまとう不安があるのだけど、定期健診もするし、とりあえず前向きに行かないと。
やりたいことも、食べたいものも、まだまだいっぱいあるし!!

これからは前進あるのみですね。


私のまわりのみんなも、元気で笑顔いっぱいであってほしいと、心から思います!




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
凄く共感しながら読ませて頂きました。
私も病気になってから目に見えないものが見えやすくなったし、毎日を大切に生きるようになりました。

・・・というのは私の場合1年くらいで、不自由のない生活が出来てくるとまた・・(>_<)
日々を大切に生きるとか、人に優しくするとか、ジャンニさんにとって当たり前のことなんですよね。
それが当たり前に出来ない私は本当に小さいし心からジャンニさんを尊敬します。

2014年09月19日(Fri) 02:53
編集
1年かぁ〜
色々しんどかったと思うけど、この一年よくがんばりました。
まだ道の途中だけど、自分の身体をよく知って、でもあまり神経質にならずに楽しく穏やかに過ごしてね。

さこちゃんの気持ちが薄っぺらとは思わないよ〜健康な人は気持ちも健康だけど、病気だと治療にパワー使うからね。さこちゃんのジャンニへの気持ちも充分伝わってると思うな!

仕事してるとなかなかそっちに行けないけど、またいつか会いたいな。
A presto!!
2014年09月20日(Sat) 03:18
うまにあさんへ
編集
お久しぶりです。

私もうまにあさんと同じく、不自由のない生活になれてくると、それを当たり前だと思って生活してしまうと思いますよ~。
人間て都合よくできてますよね~・・笑
でもたまにこの治療の一年のことを振り返って、この気持ちを思い返しながら日々すごしたいな~と思っています☆

フィリピンもあと少しなんですね。思い切り楽しんでくださいね。
2014年09月21日(Sun) 20:45
eryちゃん
編集
そう、1年たった~。
忘れたくても忘れられない1年だったよー。。

そうだね、不安なのは不安やけど、あんまり神経質にならんように穏やかにいられるようにします。

いつかイタリア来てよ~、うち、大歓迎やで!!
2014年09月21日(Sun) 21:33












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL