io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPイタリア生活 ≫ stufa a pellet ペレットストーブ

stufa a pellet ペレットストーブ


ここ2週間、仕事がとっても忙しくて、あっという間に日が過ぎる~。
もう11月下旬だし、はやいなぁ。

先週、今週と雨続きで、雨が終わったとおもったらいきなり寒くなりました。

ということで、念願のstufa a pellet(ストゥーファ・ア・ペレット)=ペレットストーブを購入しました!!
やばいくらいうれし~。

部屋にある使っていない暖炉スペースにはめ込むストーブを買おう、買おうと言い、二冬越しました。笑
去年断念したので今年こそは!と思っていたものの、半分「無理かなー」と思っていたのですが、勢いで購入。勢いって大事。

薪タイプのものか、ペレットタイプか迷ったけど、長所・短所を比べた結果、結局ペレットに。

【薪タイプ】
○薪の雰囲気て、やっぱりよい
○ストーブの値段が安い(700くらいだせば買える)

×薪を3階まで運ぶのがしんどい
×自分で着火しないといけない
×温度調節、火の強弱は自分の薪のくべかた次第
×タイマーとかがない

【ペレットタイプ】
○着火・消火はストーブにお任せ
○温度調節も火加減もリモコンで設定すれば勝手に調節してくれる
○タイマーがある
○エコ
○暖房よりも電気代が安い

×値段がはる。(はめ込み式のものは特に)

て感じでしょうか。


いろいろお店に見に行って値段を聞くと、はめ込み式のものは2000ユーロ以下のものはない、とのこと。
信頼できるメーカーのものはやっぱりいい値段がします。

で、何店か回ったところ、

『1年前に2ヶ月ほど使っただけの中古のものでいいなら、1つあるから、1500ユーロで売るよ』
(+排気筒や設置に別途費用がかかる。私たちの場合は200ユーロだった)

ということで即決でした。

新品価格は2500ユーロ+税金22%(めっちゃ高い)だったらしいです。。


早速今週の月曜日に設置に来てもらいました。

PB175025.jpg
煙突の場所につける排気筒の長さを調節しているところ

PB175027.jpg
ストーブ本体を設置するベースを、暖炉に取り付けました。

PB195030.jpg
約2時間後、設置が終了し早速つけたらこんな感じ!!(火の感じが全然わかりませんが。。)

IMG_8713.jpg
木を粉々に砕いて乾燥し、圧縮成形した木質ペレット。1~2センチくらいです。
だいたい一袋15キロが3~4ユーロで、10時間くらいつけていたら半袋なくなるくらいかな??

PB175028.jpg
火だね~。


私たちの部屋には十分すぎる火力です。
これでこの部屋の冬の芯から冷える寒さと湿気から開放されたと思うと、うれしくて嬉しくて、たまりません!!
洗濯物もすぐ乾くし。

朝もタイマーで起きたら暖かいし、夕方もタイマーで仕事から帰ってきたら暖かいし。
火のオレンジ色で照らされた部屋って、いいですね。
ほっこりします。

今年一番の大満足のお買い物でした。(もちろんジャンニと折半)
もう誕生日もクリスマスも何もいりませ~ん。



さて、金曜は誕生日なので、金・土・日とおなじみのポルトローザに行って来ます。
リラックスしておいしいもの食べて、カジノいって楽しめたらそれでオッケーです。

ではみなさんもよい週末を~。



スポンサーサイト

Comment

お誕生日おめでとうございまぁす☆
編集
画像からも暖かいのが伝わってきます、そして暖炉があるって素敵ですね。それにしても、カジノって(笑)
2014年11月23日(Sun) 11:49
makiさん
編集
ありがとうございます:)) マンサルダ、夏は暑くて冬は寒いんですよね。。上階と下階に挟まれてないから、もろに暑さと寒さが。。 なのでストーブ、ほんとにうれしいのです~:))

カジノ、私はスロットとかでルーレットでちょこっと遊ぶくらいです。
ポルトローザ、特に何もないですけど、リラックスするにはいいですよ~。
2014年11月23日(Sun) 21:16
No title
編集
サコ嬢のブログ読んだ後のレオさんとの会話。

私「カナエ、stufa a pellet買ったらしいよ。前から欲しがってたんだよ。」
レ「へぇ、そうなの?」
私「うん、中古で2000ユーロ弱だって。高いよねぇ。」
レ「2000ユーロ!?ヴィンテージ物って事?」
私「…ヴィンテージ??って言うか中古だよ。」
レ「カナエは前からそんな高い物欲しがってたの?」
私「(何か話が噛み合わないなぁ…)うん。」
レ「俺はジーンズに2000ユーロは出せないなぁ。」
私「…は?ジーンズ??何の話してんの??」
レ「stoffa di salopetteの話だろ?」

て(笑)。
私が言い間違えたのかレオさんが聞き間違えたのか謎だけど。
サコ嬢のオーバーオール姿とか見た事無いし(笑)。
2014年11月29日(Sat) 18:45
さのっち
編集
オーバーオールなぁ、中学生の頃はいてたな・笑 なつかしい。
ほんと、全然かみあってないね、うける。

次来てもらったらあったかいよ~。もう凍えなくていいよー。じゅうたんもひいたから、暖炉のまえでごろごろできるよ~。
2014年11月29日(Sat) 22:49












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL