io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP旅行 ≫ パリ③

パリ③


腹ごなしをした後は(と言ってもそんなに消化しなかったけど)、お目当てのパティスリー、ラ・パティスリー・デ・レーヴへ。
友人が「ここのサントノレおいしい!」と一押し。


P2105277.jpg
なんてかわいい店内。


P2105285.jpg
サントノレ。結構ボリュームあり。クリームも濃厚なんだけど全然重たくないからいけてしまうのが怖い。


P2105286.jpg
タルトタタンかこれにしようか迷った末、タルト・オ・シトロンに。
すっぱすぎないまろやかなレモンクリームと、甘すぎず軽いメレンゲを一緒に口に入れたら、もう幸せ~でした。

ここのケーキはデザインが凝っているのが多くて、エクレアもクリームを目一杯詰め込んだシューを、板状のチョコレートでくるりと巻いてあるという、「これがエクレア?」と思わされる見た目。
斬新。



そしてこの日の夜も前日に続き韓国料理。
この日は前回訪れたときに行っておいしかった「韓林」というレストランに行き、美味しくいただきました。



3日目、最終日。
朝ホテルの近くをぶらぶらし、おいしそうなブーランジュリーに入ってみた。

P2115302.jpg
2013年、バゲットコンクールで9位になったようです。


P2115303.jpg
おいしそうなケーキがいっぱい!そしてどれも3ユーロ以下、安い~!!こんなにきれいで美味しそうなケーキがパティスリーの半額~半額以下で買えるのだから、素晴らしい。これでも十分よね~。


P2115304.jpg
あー、どれにしようかなー。


P2115305.jpg
気になったシューケッツを100グラム買ってみました。
シュークリームの皮の生地にあられ砂糖をたっぷりふりかけて焼くお菓子。シュークリームではないのでカスタードクリームは入ってないけど、手軽にぱくぱくできるのがよいです。
砂糖のかりかりが美味。


P2115308.jpg
まだ食べていなかったパンオレザンを買いました。
生地はかむとサックリ、中はもっちりしていて、巻いてあるクリームも濃くて美味しかったな~。


P2115309.jpg
砂糖がかかったブリオッシュも。



その後チェックアウトして、夕方までフリーだった友人と、私が空港に行く時間までブラブラ。


P2115313.jpg
パリのパッサージュ(アーケード街)。
中には雑貨屋、本や、カフェなどが入ってました。


そして出発前のランチは(食べてばっかり。。)チェックしていた台湾料理のお店、zen zoo ゼンジューへ。

P2115322.jpg
私は海鮮ビーフンをいただきました。
小鉢が2種と、ドリンクを選べて15ユーロほどでした。

黒糖のタピオカミルクティーがすっごく美味しかった~。(右端にちらっと映っている飲み物)


本当に食べてばっかりで、食べ物の写真しかない??くらい食べていたような。
目的が『食』だったので満足です。でも結局ケーキ一個しか食べてないんだよな~。。。
不満。

もっといろいろパンもケーキも食べるつもりだったのになー、胃1つじゃ足りないなー。


今回3日間しかいませんでしたが、とっても楽しかったし満喫できました。
プランをたてて、案内してくれた友人に感謝。
食べきれていないものがいっぱいあるので、必ずやまた戻りたいなと思います。(食い意地はりすぎ・・?)



またね~、パリ。





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL