io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP旅行 ≫ モンテプルチャーノ

モンテプルチャーノ


ここ10日ほど、家のネットがなくて大変不便です。
なので今日は職場から。。。


さて、先週13日はジャンニの43回目の誕生日でした。
翌日が土曜で週末だったので、クリスマスプレゼントに娘ちゃんがくれたテルメ(温泉)のクーポンを利用して1泊2日の週末旅行を計画。

そのテルメがキアンチャーノテルメだったので、行ってみたかった近くのモンテプルチャーノでホテルを取りました。
モンテプルチャーノは車で1時間半ちょっとの距離。
シエナ県にある中世の小さな街です。


P3145034.jpg
ホテルの窓からの眺め。

P3155040.jpg
小高いところにあるので、見晴らしがよいです。


まずホテルでチェックインしてから、車で10分ほどのところにあるキアンチャーノテルメへ。

そのクーポンには『ofuro knipp』と書いてあって、普通のテルメ(水着を着て入る温かいプールみたいな感じ)に加え、オフロに入れるというものでした。

Knipp=日本式の、といいたいらしい。


予約した時間にジャンニと二人で連れられて行ったら、ジェットバスが2つありました。

なぜ?と思ったら、

「温水(38度)と冷水よ」と。

淡々と説明をするシニョーラ。


「最初温水に入って体を温め、そのあと冷水にはいってもらいます。最初はみんな冷水いやーって言うけど、みんな最後は冷水のほうを気に入っちゃうのよねー。」
って、ほんとかなぁ。。。

10分ほど温水につかってそのあと冷水の浴槽に。。。
2分ほどだったけどちゃんと首まで浸からされて、冷たかった。。

そのあと再び温水に。10分ほどつかり、また冷水に。
そして再び温水。そしてなんと冷水で締め。
リラックスしに行ったに、軽く拷問??笑

体の血の巡りがよくなるのは分かるけど、それにしても冷たかった。これをしたイタリア人は、「日本人はみんなこうやってお風呂に入るんだ」って思うんやろうな~。

結局2時間ほどテルメで時間をつぶし、モンテプルチャーノへ。
まだオフシーズンということでチェックしていったレストランはまだ閉まっていました。

なので適当にホテルの近くにあったところへ。
そこで食べたイノシシのラグー(ミートソース)のピチがおいしかった~。
うどんみたいに太くて、もっちもちでした。



翌日はモンテプルチャーノの街をぶらぶら。


P3155044.jpg
グランデ広場(だったと思う)。フィレンツェのヴェッキオ宮に似てる。

P3155050.jpg
この辺は人が少なかったですが、メイン通りにいくと結構にぎわっていました。

P3155056.jpg
赤ワインが有名。

P3155059.jpg
地下を見学できました。

ここのエノテカでワインとグラッパをお土産に。



そして帰ってきたその夜、見事に発熱・笑

前回ポルトローザ行った後もそうだったけど、やっぱり先生が言ったようにプールとかテルメとかは菌が多いから、血球値が低い私にはだめということかな。
抵抗力が低すぎる自分がいやになる。。。
それとも水風呂のせい??笑

翌日のお昼には熱も引いて元気になっていたので、風邪とかではなく、菌のせいだったのでしょう。。。体って正直。


何はともあれ、久しぶりに気分転換できた楽しい旅でした。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL