io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP体のこと ≫ 半年振りのTACと初めての腫瘍マーカー

半年振りのTACと初めての腫瘍マーカー


ずいぶんご無沙汰していました。
もう夏至も過ぎて6月も末、もうすぐ7月かー。
6月に入ってから仕事も忙しくてなんだかばたばたしています。

6月26日は約半年振りのTAC(CTスキャン)でした。

寝かされて筒状のところにブィーンと入り、腕につけたチューブから造影剤を入れられます。
そのときの感覚が!!!

顔、手のひらとか、膀胱のあたりがかーっと熱くなってほてります。
ほんの10秒とか15秒くらいだったと思うけど、初めてのときは「私なんか変かも。。。!!!どうしよー」とびっくりして焦った記憶が。

前回は検査後普通に気分よかったのですが、今回はちょっとだけ気持ち悪いのが少し続きました。
まぁそれも数時間後には消えていたからほんとに一時的な副作用なんだろうな。

結果は1週間後。


検査が終わったらジャン二が
『この検査もクリアした、よかったね~』

と言ってたので、「検査は終わったけど結果は1週間後だから」と返事したら

『あ、そっか、そいういえばそうだね。。。』となってました。なんか単純。


家に帰ったらジャンニママが、

『検査どうだったの??問題なかったの??先生なんて言ってた?』

と言うから、「結果すぐにわからないから、1週間後だから」


って、親子そろって検査終わったら結果すぐわかると思ってんのか!!




そして明けて今日は、フィレンツェのカレッジ病院まで『腫瘍マーカー』の血液検査に。
いつも言っているプラート病院ではしていないということで、フィレンツェまで出向きました。

みんな海に行っているのか予想していたほど人がおらず、受付から検査まで45分くらいでおわりました。

こっちは約二週間後に家に結果を郵送してくれます。

あーこわい、こわい。
どっちも結果がこわい。

何もありませんように。



そして昨日のCTスキャンの造影剤の副作用なのか、今日は1日中頭痛、軽い吐き気、そして顔がかなりむくんでいて、なんかいけていない土曜日です。。。泣
前回はこんなことなかったのになぁ。

できるだけ体の外に早く排出できるように水をいっぱい飲むようにしています。
明日にはおさまるといいけど。。。


今週も結構暑かったけど、来週は水曜あたりから35度超えの真夏日になるようです。
みなさんも夏ばてしないように、気をつけてお過ごしください。


ではよい一週間を☆





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL