io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP体のこと ≫ 検査結果

検査結果


暑いです~。
連日35度超えの猛暑で、火を使う職場なのでめちゃ暑い。
そんなに働いていなくても帰ってきたらぐったり、、です。

しかも家の電気の請求書を払い忘れていて、電気の使用量をぐーんと下げられ、クーラーはつけられず、扇風機だけですごした5日間(泣)。
完全に電気を止められなかったのが救いだったけど。

私の部屋、一番上やからすっごい暑くて、なかなか熱も逃げないし、暑くて寝れないし辛かった。。



さて、先月にしたTACと腫瘍マーカーの検査。

TACはプラート病院まで取りに行き、前回同様、窓口で「ハイ」と封筒を手渡されて終了。
(結果が出た時、すぐに主治医に説明してもらえないこのシステムがやっぱりどうも解せない)

どうしようもなくおびえていたので、窓口にいた看護士さんに

「自分で読んでも問題があるのか、ないのか、わらないから読んでください、お願いします・・・」と託した。。。


結果の紙を読んで、

『大丈夫(なんじゃない?)』

と言われたのでとりあえずほーーーーーっとしました。


その後カルミニャーノの先生にも見てもらったけど、大丈夫だと言われたのでよかったよかった!!

『今回の結果にも、何か写ってるとでてるけど、前回もそうだったし、その後PETをして手術時の傷跡だとわかってるから問題ないでしょ』

と言われました。



そして数日前、家のポストに腫瘍マーカーの結果が届いておりました。

Ca19-9/Gica 7.3(0.0-39.0) 消化器系がん、特にすい臓がんに特異性が高い
Ca125    7.5(0.0-35.0) 卵巣がん、子宮がんに特異性を示す(どっちも取ってしまってるからないけど意味あるのかな)
S.C.C    1.0(0.0-1.5) 扁平上皮がんに特異性を示すマーカー

カッコ内が安全値です。とうことは全部安全値内に収まっているので大丈夫っぽい。

腫瘍マーカーは、定期的にやって値の推移を見るのが重要なようです。
なので今回安全値でも次に高くなっていたら問題だし、逆に今回Ca125が40.0で基準を超えていても、次回やったときに25.0に下がっていたら問題ない、とみなされるようです。

実は去年8月末に治療が終わってから約1年後に初めてこの検査をしたのですが、もっと頻繁にやってほしい。まじで。
4ヶ月に一回とか。

次は7月末に放射線科の診察です。


とりえあず、今回の検査はクリアーということで、一安心。
治療終了から1年目は平和に迎えられそうです。


ではみなさんもよい週末をー☆


私のまわりのみんなが元気で笑顔いっぱいでありますように!!!

夏ばてしないように気をつけましょう!







スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL