io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP体のこと ≫ 3回目の2月4日

3回目の2月4日


先日2月4日は『世界対がんデー』でした。

病気を患ってから今年で3回目のこの日。いろいろ思い出します。


最近の私はというと、食欲が予想していたよりは戻らない他には特に異常なし。


年末にやった甲状腺エコーは、『甲状腺がただれている(ようなことを言っていた)から、甲状腺がうまく働かず甲状腺ホルモンの分泌が少ない。だから甲状腺刺激ホルモンが大量に分泌されている状態。なので甲状腺ホルモンの分泌を促す薬を飲みましょう。そうしたら甲状腺刺激ホルモンの値は普通に戻るはずだから』
(イタリア語を聞いていて頭の中がごっちゃごちゃになった・笑)

と言われました。

このお薬はずーっと飲み続けないといけないと言われてちょっとびっくりしましたが、まぁしょうがないか。。。


パニック症状が出ることを言って、甲状腺と何か関係があるのじゃないか、と言ったら、

『甲状腺ホルモンが少ない場合は関係ない』

とばっさり否定され、逆に甲状腺ホルモンが過多の場合が原因になり得ると説明され、私のパニック症状は不安から来るものだと言われました。

ふーん、て感じですが、はっきりしたからいいか。



最近は検査、病院とはご無沙汰してましたが、またこれからちょこちょこ検診の予定が入っています。

月曜日は放射線科の検診。
月末は甲状腺科の検診。
3月は腫瘍マーカー、そして4月に婦人科検診。
おそらくこの時期にまたTACかMRIかの予定を入れられるでしょう。


そういえば、年末、ジャンニ弟が大腸カメラ検査をしました。
そしたら3つほどポリープが見つかり、今はまだただのポリープだけど、数年放っておいたら悪性になり得る、と診断され、ポリープ切除の手術(日帰り)をしました。

予防は治療に勝るなぁとつくづく思わされた出来事です。

ジャンニがこの検査をしたのは3年ほど前。そろそろ今年、行ってもらおうかなぁ。


定期的な検査による予防や早期発見で、がんで苦しむ人が少しでも少なくなればいいなと心から思います。


みなさんが元気で笑顔あふれる毎日を送れますように!!!



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL