io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ 黒い森のケーキ

黒い森のケーキ



先週13日に、ジャンニは44歳の誕生日を迎えました。44歳か~。
何か特別なことをしたわけでもなく、恒例のフィオレンティーナの試合をテレビ観戦した後、夕食に中華を食べに行きました。


でその翌日が、ジャンニ前妻の彼の誕生日だったのでケーキを頼まれました。


『フォレスタネーラがいいな~』


と彼。

ヴェローナ(ロミオとジュリエットの舞台の北イタリアの街)出身の彼は、ザッハトルテ(オーストリア)とかフォレスタネーラ(ドイツ)とか、そっち系のチョコ系ドルチェが好きらしい。

フォレスタ=森、ネーラ=黒い、ということで、日本語にすると『黒い森のケーキ』(そのまま)。
オリジナルのドイツ語では「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」という舌を噛みそうな名前。
日本ではフランス語名の「フォレノワール」という名前のほうで親しまれているみたいです。

食べたことも、作ったこともありません!


フォレスタネーラの材料は、チョコスポンジ、チェリーのシロップ煮、生クリーム、キルシュ(サクランボを蒸留してつくるブランデー)、削ったチョコ(デコレーション用)。


まずチョコスポンジ
→キルシュがどうしても見つからなかったので代用のマラスキーノ(サクランボのリキュール)入り生クリーム+チェリー
→チョコスポンジ
→チョコ生クリーム
→チョコスポンジ
(自分で断面を見れないのが残念)

という組み立てで、周りをマラスキーノ入り生クリームでコーティング。
削ったチョコとチェリーでデコレーションしました。




じゃーん。


P3145137.jpg
上から。



P3145140.jpg

P3145155.jpg
なるほど、言われてみたら、削ったチョコが森の落ち葉見たいに見える。
かさかさ、音が聞こえてきそうな。



P3145148.jpg

真ん中が間抜けな感じなのがどうもいやなので、前日に作ったスパイラル状のチョコ細工を。

これでだいぶ印象がよくなりました。





P3145142.jpg



今回も喜んでいただけたみたいでよかったです。





今週土曜はひっさびさにお休みでした。

といっても朝からフィレンツエの病院で腫瘍マーカーの血液検査があったのでゆっくりは寝てられませんでしたが。。。



ではみなさんも良い一週間をお過ごしください☆






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL