io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ pastiera-パスティエラ

pastiera-パスティエラ



先週末はパスクア、復活祭でした。

復活祭のドルチェといえば、コロンバもそうなんですが、このパスティエラも伝統的なお菓子。
パスティエラ・ナポレターナという名前のとおり、ナポリの伝統的なお菓子です。

材料は、リコッタチーズ、グラーノ(ゆでた麦)がベースの、fior d'arancio(オレンジフラワーエッセンス)の香りがするタルト。
そこに卵も入り、結構大量の砂糖も入り、のかなり栄養価のお高い焼き菓子です(笑)。

パスティッチェリアで働いていたころは毎年作っていたけど、家で作ったことはないし、特に好きでもないし、レシピもない。

でも今回なぜか作ってみようかな~という気になって、ネットでおいしそうなレシピを適当に探して作ってみました。



グラーノはスーパーの製菓コーナーで瓶詰めになっているものが売っているので楽チンです。
fior d'arancioはパスティエラには欠かせない香料なのですが、個人的に苦手、、、なので入れませんでした。


留学時代、ナポリに行ったとき、「独特な香りと味だなー、何なんだろう、この正体・・・苦手かも。。。」と思いながら食べた何かのお菓子。
フィレンツェのパスティッチェリアで初めてパスティエラを作ったときに、その正体がわかりました。


fior d'arancio


だったんですねー。


なんて説明したらいいか分からないのですが、オレンジの香料ともまた違った、独特な香りです。
結構好き嫌いがありそうな。。。


ということで、個人的にあまり好きではないので入れずに作りました。

その代わりといってはなんですが、グラーノ(すでに茹でてあるものですが)を牛乳で20分ほど炊いたときに、その鍋にオレンジの皮とレモンの皮を入れたら、香りが移って十分OKな感じでした。



パスタフロッラ(ベースのタルト生地)をひいた型の中に、リコッタとグラーノがベースの生地を流しいれ、上に格子状にパスタフロッラを帯状に切ったものをのせたらオーブンへ。

1時間半~焼きました。
2時間くらい焼いたかも???




P3285137.jpg
(切ってから写真撮ってないことに気づいた)

 
冷蔵庫で最低2日は寝かせてからいただきます。

予想通り、ジャンニのおかん以外は食べたがりませんでした(笑)
ジャンニやジャンニ弟にいたっては、パスティエラって何?ってくらいでした。

「リコッタとゆでた麦が入ってるんだけどねー」と説明したら、『麦とか入ってるのか、NO.NO』と言われた(苦笑)
私も特に好きというわけではないけど、万人受けするお菓子ではないようです(予想してました)。



P3285142.jpg

砂糖、分量とおりに入れたら結構甘くなったので、来年もしまた作るならもうちょっと減らしてもいいかな。


本日、焼いてから4日目ですが、寝かせば寝かすほど、美味しいです。



P3285149.jpg


少量でかなり満足度のあるお菓子なので、ちょびーっとずつ切って食べてます。
ちょっとだけ入れるシナモンが、たまにふわーっときて、おいしいです。


思っていたより美味しくできたのになー。

ジャンニ母のお友達にお土産に持たせたら、大好評だったんだけどな。

まぁ若い人っていうよりは、年配受けするお菓子なのかな・・・?笑



来年も、気が向いたら作ろーっと。




スポンサーサイト

Comment

美味しそう♪
編集
私の義母は、毎年パスクアに作ってくれます。私も最初は「何だ、この強い香料は?」とすぐ好きにはならなかったのですが、今では好きで、私も一度挑んだことがあります。
やはり、南イタリア生まれの夫などは喜んで食べてます。
確かに、好き嫌い分かれそうですね。
では良い週末をお過ごしくださいませ♪
2016年03月31日(Thu) 20:40
編集
パスティエラ!
ちょうどレオ母とCOOPで買い物してた時に
「パスティエラって南のお菓子、食べた事ある?」って話になったんだよ!
コレか!
説明されてもよく分かんなくて、
「カナエが作った事あるなら食べた事あるかもー」と答えた(笑)。
(うーん、でも写真見ても食べたかどうか分からない…)

あの香料、私も苦手だー。
レオさんに「イタリアのドルチェとかブリオッシュって、何かオレンジっぽい味するよね…」と言ったら、
「えー、オレンジ???そうかな?」と
ハテナ顔。

イタリア人は慣れ親しんだ味で不思議に思わないのかも?

しかしいつも美味しそうねぇ…
2016年04月01日(Fri) 09:20
makiさん
編集
南イタリアではポピュラーなんですよね~。
ほとんどのリチェッタにはcanditiも入れると書いてあったのですが、入れませんでした。
これだけでもかなり甘いのに、そこにcanditi入ったら、あまあまになりますよね。笑

お義母さんのパスティエラにはcanditi入っているのですか??
味見してみたいな~。

makiさんも良い週末を~。

2016年04月01日(Fri) 17:58
Re: タイトルなし
編集

2台作って1台余ったから、さのっちに持ってこうかな~とも思っててんけどな~。
結局ちょびちょび一人で食べてる・笑

作ってから約1週間たつけど、2日目より断然おいしいよ。

まだグラーノが余ってるから次行くとき焼いて持っていくわ!!
2016年04月01日(Fri) 20:31












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL