io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ 秋の恵み

秋の恵み


秋は美味しいものがいっぱい。


ジャンニママがお友達から大量の uva nera ワイン用のぶどうをもらってきました。
3キロくらい??


P9235746.jpg この季節の恒例、schiacciata all'uva ぶどうのスキアッチャータを作るのに使われるぶどうです。

1週間ほど前にもスキアッチャータを作ったし、大量にあるから何かほかのものを、、、と考えて作ったのがジャム。

何個かネットでレシピを見たら、種なしのブドウを使うか、種ありだったら種を取って、と書いてあったので、ブドウを一粒開けてみたら、、、

1粒に、小さい種4つ発見!!!

何百個もあるのに無理無理!!

ということで、そのまま鍋にINしました。後で濾せばいっかー、って。


ぶどうはそのままでも甘みが強いので、普通のジャムを作るよりも砂糖はかなり少な目の、25パーセントから35パーセントでよいと書いてありました。

1キロ強のブドウに対して、300グラムの砂糖をいれました。あとレモン汁。


ことこと煮て、灰汁を取って、かき混ぜながら、浮いてくる大量の種をすくい取って・・・。
煮詰まったころには、ほとんどの種も見えなくなってていい感じ。

濾そうかなとも思ったけど、そしたら皮も全部なくなってゼリーのようなジャムになるので(あまり好きでない)そのままにしておきました。

ちょっと種あるのも味わいの一つということにしておきます。


スキアッチャータを作るときのぶどうは、わざと種ありのものを使います。
種の食感も、スキアッチャータの美味しさのうちだと、みんな言います。

そんな感じで、このジャムにも、少しの種が。

って都合の良い言い訳か??笑


P9245756.jpg ワインのような、きれいな色のジャムができました。


味見してみたら、濃厚であまーい。あの砂糖の量でこの甘み、ぶどうの甘みってすごいなぁ。


そしてそのジャムで作ったクロスタータ。ジャムのタルトです。

P9245749.jpg 

P9245753.jpg 

P9245758.jpg 
秋の味がぎゅっと詰まってて、おいしいなぁ。



スポンサーサイト

Comment

編集
クロスタータ、めっちゃ美味しくて
すぐ無くなった(笑)!
さすがだー。

そしてジャムも美味♡
いつも朝ごはんのヨーグルトにジャム入れて食べるから、
今日からサコ嬢のブドウジャム入りになったけど、美味しいー。

ありがとう!
近いうち会おうー。
2016年10月09日(Sun) 11:59
さのっち
編集
喜んでもらえてよかった~。
ジャムは意外と美味しくできてよかった!!
ぶどういっぱいもらったら、来年も作ろうかな。
大量消費するにはいいよね。
また来年のぶどうシーズンを待っててー。
2016年10月18日(Tue) 23:05












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL