io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP夏バカンス・日本2016 ≫ バカンス④

バカンス④


ずいぶん間があいてしまいましたが、これが最後のバカンス日記です!


さて、2週目は23日(火)から3泊4日で鳥羽に行ってきました。
今回は2人です。
近鉄線で特急に乗ると1時間ちょっとで着いてしまうので便利。

P8245618.jpg

鳴門と同じ系列のホテル。
台風が近づいていたので風が強い日があったけど、おおむね天気もよく、ここでもプールでのんびりし、おいしい夕食を食べ、これでもか!!っていうほど温泉に何回も行き、とってもリラックスしました。


そしてホテルで起きた珍事。

二人で温泉へ。受付でタオルと鍵を渡され、
「この鍵は靴箱と更衣室の棚と共通で使用できる鍵です。靴箱と更衣室の棚の番号は同じですので。」
と説明をされる→イタリア語で翻訳して説明。

更衣室に入った後、「そういえば、靴箱と更衣室の棚は別々にあるけど、鍵が同じ番号で共用って言ったっけ???」
もしかして、この番号は更衣室の棚のだから、としか説明してなかったかも・・・?と不安になるもそのまま温泉を楽しむ。

1時間後、外で合流して「気持ちよかった??」と聞くと、

『温泉は最高だったけど、くそ恥ずかしい思いをした』と。。

話を聞くと、入ってすぐのところにある靴箱を更衣室だと思い、そこに草履やらパンツをつっこんで温泉に入り、出てきて靴箱で(そこを更衣室だと思っていたから)タオルで体をふいていると、入ってきた男の人にびっくりされ、片言の英語で説明されて、更衣室まで連れていかれた、と。

私の責任かな。。。。?笑(でも温泉に行くには、靴箱から更衣室を通過していかないと行けないから気づくかなーと思っていた)

説明不足でしたね!!はははっ!!!



残りの日も少なくなり、最後の週末はうちの物置で一日中物色していたジャンニ。

骨董品とかが好きなジャンニ。持って帰りたいものをいっぱい発見したようです。
でも重量制限があるので吟味してこんな感じになりました。
 
P8305726.jpg 右下の鉄瓶、めっちゃくちゃ重いんです。汗

P8305727.jpg 

おばあちゃんがいた頃、誰かにもらった湯呑セットだったり、菓子盆だったり、いろいろ。
ジャンニが、これもこれも、と持ってくる物を、せっせと梱包する私・・・

なんとかスーツケースと手荷物に分けて入れました。

24キロのスーツケースがそれぞれ1つ、手荷物はそれぞれ10キロくらいでした。ほとんどがジャンニのお土産!!


最後の2日は、お隣の幼馴染家族と餃子パーティー。そして家族でジャンニリクエストの卓上フライ!

P8285715.jpg ジャンニ、大好きなんです、これ。
野菜はほぼ父の手作りで~す。レンコンもゴボウも!!根菜ばんざい\(^o^)/



P8285682.jpg
パパとご機嫌モリスくん。



P8285708~2 

素敵なバカンスをありがとう。

またみんな集合できる日が早く訪れますように!!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL