io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPバレンシア2016 ≫ バレンシア女子二人旅③

バレンシア女子二人旅③


昨日は3○歳の誕生日でした。
まぁ隠すほどでもないか、、、37です。

あまり実感がなく、気づいたら今日、、、という感じで迎えました。

仕事をして家に帰ってきて、のふつ~の一日。
夜、ジャンニはサッカーをしに行ったので一緒にご飯を食べるでもなく、私は父のつくったお米を炊いて、祐子ちゃんにもらったふりかけをかけて食べる、という海外生活の中でのプチ贅沢をしました・(笑)

でもサプライズ❤


PB226277.jpg 
ジャンニママがくれた♡
色味が私のツボです。感激~。

37歳も平和にすごせますように。。。



さて、旅行記の続きです。


mercado colon で少し休憩した後は、歩いて10分弱の北駅に。
駅内のモザイク装飾がとても美しいとのことで、見に行きました。

PB066026.jpg 外観。思っていたより小さかった。


PB066028.jpg 世界の言語で『素晴らしい旅を』と書いてありました。
日本語はなかったけど、中国語は発見。これはイタリア語バージョン。


PB066029.jpg レトロできれいな窓口。


PB066036.jpg 
天井も!なんですね~。


PB066038.jpg 奥に行くと、もちろん機能している駅があります。クリスマスのデコレーションできらびやか。


PB066046.jpg 
スペインは、どこを歩いていてもオレンジの木がある。
 

その後も街を散策。
スペイン来たら、チュロスでしょ!ということで、チュロスを求めてウロウロ。

お昼に食べたタパス屋さんのほぼ横にあるVALORというチョコ屋さんがあって、そこのホットチョコとチュロスの組み合わせを頼むべし、みたいなのを読んだので行ってみることに。

PB066056.jpg でもさっきもホットチョコ飲んだし(飲んだのは祐子ちゃんでしたが)ということで、紅茶とカプチーノ+チュロス2本。
想像と違うチュロスが出てきた(笑)



PB066059.jpg お砂糖も持ってきてくれるので、それをまぶして食べました。あったかーい。
砂糖なしだと、全然甘くなーい。
周りを見ると、ホットチョコに浸して食べている、、、なるほど、ホットチョコとセットで頼めと書いてあった理由がわかりました。

お砂糖をいっぱいまぶせば、それでも十分おいしかったです。



PB066057.jpg 
頬張る、祐子ちゃん。色が、ごぼ天みたいです。
はい、ほんとーに食べてばっかりでした。(笑)



PB066062.jpg 
virgen広場の噴水にて、真ん中のおじさん像の真似をして撮ろうしているのを、おそらく10以上は歳が若いだろうと思われるお嬢さんに笑われる祐子ちゃん。


その後、ホテルへ戻ろうと歩いていると、偶然、行ってみたいと言っていたサン・ニコラス教会発見。午前中は閉まっていたので、入口に気づかなかったようです。

せっかくなので、中に入ることにしました。

PB066063.jpg 
17世紀に描かれたというフレスコ画。2016年のはじめまで3年の年月をかけて修復されたようです。
バロック様式で、もうゴテゴテです。
すごいなぁとしか言いようがない。


PB066069.jpg 
その後帰路へ。

よく歩いた~。ヘトヘトでした。

この日もホテル近くのスーパーでサラダやお惣菜を買ってホテルで夕食。
いやー、一日、よく食べました。


④へ続く。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL