io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPイタリア生活 ≫ pizza pizza

pizza pizza

土曜日の夜、フランチェスコ(ジャンニの弟)がピザを焼くからと声をかけてくれました。
7月にピザ釜を買ったので披露してくれるとのこと。

前日から雨が降り、この日も天気が悪かったので山の上にある家はさむ~。。

7時過ぎに家に着くとピザ釜はもう準備できてました。

IMG_5816.jpg
(ちなみにピザ釜の横にはグリル用の釜も別にあります)

机の上には布巾に覆われた手捏ねのピザ生地が。
IMG_5810.jpg

最初はcovaccino(ピザ生地のみを焼いたもの)でためし焼き。
生地を薄くのばしたので、たまに回転させながらあっという間に焼けました。
IMG_5806.jpg

これがまたうま~。
オリーブオイルと塩のみ。
生地のうまみをシンプルに感じられるので好きです。

その後トマトソース、モッツァレラ、ハム、きのこでprosciuto e funghi、アンチョビを乗せたピザも作ってくれました。
IMG_5808.jpg
薄く伸ばした生地にトマトソースをぬりぬり。
IMG_5809.jpg
オリーブ、カルチョーフィ、モッツァレラなどの具。
IMG_5812.jpg
(焼く前。焼けた後は熱々のうちに食べないと、と必死だったので写真ありません。)

そしてカルツォーネ(半分に閉じたピザ生地の中に具が入っているもの)も焼いてくれました。
ぷっくら焼けてる。。。!!!
IMG_5813.jpg

どれもこれもうまうま~。
みんな「おいしい、ピッツェリアで食べるのよりおいしい!」を連発。
ほんとにおいしかったです!

「これだよ、これ!この石釜だよ!!これが必要なんだよ!!!」
ととっても自慢げなフランチェスコでした。

ほんとーにおいしかったです。ごちそうさまでした、フランチェスコ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL