io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPdolce・pane(お菓子・パン) ≫ ズッパ・イングレーゼ

ズッパ・イングレーゼ

日曜日はセリエAのサッカーの試合があります。
毎日曜はジャンニの親友ガブリエーレがうちにきて、3人で試合を見るのが恒例になってます。
二人はフィオレンティーナの熱狂的なファン。

金曜あたりから日曜の試合に向けてそわそわし始める。
月曜は前日の試合のことをことあるごとに話す。

などがジャンニの症状です。

一緒に毎週試合を見てるうちに私もサッカーをおもしろいと思いはじめて、いまではフィオレンティーナの軽いファンです。


日曜日ズッパ・イングレーゼを作りました。
訳すると「イギリス風スープ」というびみょうな名前になるフィレンツェで生まれたイタリアのお菓子。
アルケルメスをしみこませたスポンジとアングレーズソースを交互に重ねた、ティラミスと似たつくりのお菓子です。

ど・ピンクのリキュール、アルケルメス。
アルケルメスって何??なんでこんな毒々しい色してるん??と私のなかでは謎のリキュールでした。

この鮮やかな色は『「えんじ虫」というサボテン等に生息する虫を乾かして、煮出して作られている』らしい。。
虫て!!

2年前までなんとなく食べるのを避けてきたのですが、食べて意外にはまってしまった!!
独特のスパイシーな味が結構くせになります。

原料はアルコール、砂糖、ローズウォーター、オレンジの皮、バニラ、シナモン、コリアンダー、ナツメグ、クローブ、アニス、カルダモンと、様々なスパイス。

なるほど、スパイシーなわけだわ~。

OPFSMN_10017_w.jpg

フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局が発祥地らしいです。
数回訪れた時にいろんなリキュールのビンを「きれいやな~、高いな~」と見ていたのですが、そこにアルケルメスもあったっぽい。。

私はスーパーで5ユーロくらいの安物を買ったけど、いつか本場のを買ってみたいなぁ。。。
3~4000円くらい??生きてるうちに一回くらい。。。笑

メレンゲでデコレーションして焦がしたかったけどバーナーがないのでやめた!
とうことでなんもないシンプルな姿です。

IMG_6279.jpg

アルケルメス+シロップにスポンジをひたし、バニラビーンズを入れて作ったカスタードと生クリーム(液状)とあわせた偽アングレーズソースを、交互に重ねてできあがり。
手抜き。。??

まぁおいしかったからいいや~。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL