io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

millefoglie

遅ればせながら3月13日はジャンニの誕生日。
ケーキ何がいいか聞いたら、

『millefolgie=ミルフィーユ』

という返事が返ってきた。よりによってミルフィーユ、めんどくさいなぁと思った私。。

出来合いのパイ生地を買ったらラクチンやけど、年に一回の誕生日やし、ということでパイ生地も作りました。

といっても13日は発熱で寝てたので、遅れに遅れて土曜にやっと作れました。

パイ生地といっても「速成パイ生地」です。まぁいってみれば、手抜き。。。
バターと生地を折り込んで層にせずに、最初から混ぜて作る、という時短バージョン。

カスタードと生クリームをまぜたシャンティリークリームをはさんで、ジャンニの希望でチョコチップ入り。

イタリアではなぜか、カスタードと生クリームを混ぜたものをシャンティリーと呼びます。
何でかは知りません。
シャンティリーっていうと、普通は「あわ立てた生クリーム」。
イタリアに来てしばらくは、仕事でもこんがらがってました。


焼けたパイ生地をキャラメリゼして、長方形に切ってクリームをぬって、
で出来たのがコレ。。。

IMG_6988.jpg
デコレーションが何もなく、あったもので作ったのがホワイトチョコのプレート。。
一応「buon compleanno=happy birthday」と書いてみたものの、微妙。。

IMG_6987.jpg
苦し紛れにイチゴをのせてたけど、やっぱりなんかなー。
ジャンニは『いいやん、シンプルやけどいいやん。おれは好き』と喜んでたけど、やっぱりなんかなー。
でもまぁ主役が満足していたからいいか。。
見栄えはともかくおいしかったし。。


そして切り落とした残りの生地で作ったお菓子。
IMG_6976.jpg
パイ生地にチョコチップを挟んで棒状に切り、砂糖をまぶして焼いたもの。
パイの実みたいな感じです。

IMG_6981.jpg
速成パイ生地でもちゃんと層になって膨らむし、予想以上にさっくさくでおいしいです。

手抜きでもこのパイ生地のほうが断然おいしいので、これからはスーパーで買わずに自分で作るようにしようと思います。

といってもパイ系を作ることはほぼないんだけどね~。
また機会があれば。。


では良い一週間を。
スポンサーサイト

Comment

編集
パイ生地って重ねて織り込まなくても作れるんだねーびっくり。
母が昔クロワッサン作るの見て「大変だなー」と思ったけど・・・
私もミルフィーユ好き♥いつもタルトだけど、たまに食べたくなるよね。
2013年03月27日(Wed) 13:15
eryちゃん
編集
クロワッサンみたいに折りこむのがめんどうだったから、これにしてん。。
ミルフィーユは日本でケーキ屋さんでまず買わないケーキの1つやったけど、おいしいよね。
食べにくいのをのぞけば。
そうそう、たまに食べたくなるねんな~。こっちではよく1口サイズのミニョンで売ってるので結構よく食べるよ~。

2013年03月27日(Wed) 18:45












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL