io vivo a Carmignano カルミニャネーゼな日々

6年弱働きながら暮らしていたフィレンツェから、結婚を機にジャンニの住むカルミニャーノに引越し。フィレンツェ近郊の田舎街での生活をつづっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

庭いじり


新しい家にも、前後に庭があります。

ガレージもあって、自分たちの自由にできるスペースがあるのはうれしい。


春なので、庭いじり。

ジャンニの趣味の一つでもあります。




ピストイアは花市場、苗木で有名。


至る所に花屋さん、苗木屋さんがあるのはうれしい限り。しかも直販価格なので、普通に店で買うよりも安いのはうれしいことです。


IMG_20170422_152833.jpg 家から数分のところにある、花屋に寄ってみました。

丸くてかわいい。



IMG_20170422_152854.jpg 色とりどりのペチュニア。

私たちの部屋のベランダに飾ろうかなぁ。



先週、家の前のこの小さい花壇には、サルビアとラベンダーを植えました。


IMG_20170422_173807.jpg ラベンダーは白い花のと、紫のを2種類。

作業するのはもっぱらジャンニ。



IMG_20170422_175729.jpg 

こんなん。これだけでも随分華やいだ感じになりました。

サルビアは、普通のよりも葉っぱの大きいものを購入。

翌日、さっそくフライにして食べたら、おいしい~。


まだまだ途中ですが、毎週少しずつ、いじっていく予定です。





この前の結婚記念日。

4月25日はイタリア独立記念日で祝日だったので、ジャンニと外で夕食をしました。

『魚介が食べたい!』ということで、ネットで行ってみたいレストランを探してゴー。

車で20分ほどのところにあるモンテカティーニ・テルメの魚介レストランへ。


IMG_20170425_200654.jpg 

これはメインで半分こして食べたフライですが、新鮮で、軽くてすごいおいしかった!

この前に食べた前菜と、パスタも繊細な味ですごくおいしくて、大満足。


ジャンニが珍しく『また来よう!』と言うくらい気に入ってました。




5月1日はメーデーで祝日で世間は3連休。

でも土曜と月曜は仕事かな~。



では良い週末を。 







2週間経過


新しい家に住み始めて2週間ちょっと。


最初はどこに何があるかわからず、無駄にウロウロしていましたが、もう慣れて無駄な動きがなくなりました。


カルミニャーノの家は、意外と恋しくありません。


もっと心にぽっかり穴が開いたようになるかなぁ、とか大げさに考えていたのですが、意外と、あっさりしたもんで、特に寂しいという気持ちも沸き起こっていません。


もちろん、オリーブ畑や、ブドウ畑がひろがる、ザ・トスカーナって感じのパノラマは恋しくもありますが。




先週、市役所で住民登録をした際に滞在許可証を提示しないといけなかったのですが、その時に役所の人に『もうじき切れるから、新しいのに更新したらまた持ってきて』と言われ、滞在許可証の期限を見ると、201767日。


あぁ、うっかりしてた。


いつもは身分を証明する書類といえば、身分証明書か運転免許証を提示していて、めったに滞在許可証を使わないので(日本滞在後、EUに再入国する際に提示するときに使うだけ)、期限とか見てなかったなぁ。


気づいてよかった。。。


ということで、昨日、初ピストイアのクエストゥーラの移民局に行ってきました。


どんなんかなぁ、移民多いのかしら、、と思いながら行くと、全然でした。



中国人すら1人も見ず、多国籍20人くらいがいた位。半分はアフリカ人ぽかったです。

窓口も3つ。どの係の人も、みんな丁寧で優しそうで、動物のように扱われたフィレンツェ時代を経ている私には、なんとも肩透かしな感じでした。()


5年前のプラートは、ほぼ95パーセントが中国人。

一つ県を移ったら、こんなにも違うのか、、、。


今回は更新に必要な書類を書いた紙をもらって帰りました。


かかる代金も16ユーロ。結婚して家族用の滞在許可証の場合は、安いみたいです。


普通の滞在許可証の場合は、200ユーロくらいかかるとか、イタリア語の試験が必要だとか、いろいろ聞いていたので、ちょっとびくびくしていたのですが、私の場合は、結構楽にできそうです。



前回申請してから5年。

次更新したら、無期限の滞在許可証 カルタ・ディ・ソッジョルノ を入手できるはず!

これをゲットしたら、もう移民局での煩雑な手続きともバイバーイできるので、うれしい!



それはそうと、421日に結婚5周年を迎えました。


いやー、5年、なんかいろいろあったなぁ。()


これからも色々あるかな。ふふふーー。





事後報告


事後報告になりますが、引っ越ししました。



2月、3月が怒涛だったのは、そのせいが半分、仕事が忙しすぎたのが半分です。


姑とずっと暮らすのはいや(もちろん向こうも望んでいないだろう)ということで、カルミニャーノの家を二世帯にする予定をしていたのですが、事情があり出来ないと判明。


すでに二世帯の家を買おう(もちろん中古)ということになったのですが、そんなにすぐに見つかるわけもなく、焦って家買ってもいいことない。


でもカルミニャーノの家は事情があり4月頭に出て行かないといけなくなったので、とりあえず賃貸で、ということで、それが決まったのもぎりぎりだったので、バッタバタでした。


仕事が忙しくてなかなかいろいろ見て回る時間もないし、でも引っ越しは絶対しないといけないし、あぁーーーー!!!とストレスと緊張と疲労でおかしくなりそうな2カ月でした。泣



結局、ネットで見つけたよさそうな物件を何個か見に行ったのち、3月の半ばに見に行ったところが私たちにはよさそうだったので、それに決定。


犬が二匹いるとなると、どこでも良い、というわけにはいかないので、見つけるのがなかなか大変でした。


ここは2階建てだし、庭もあるし、お風呂も広いし、職場からも車で5分ほど。



引っ越しは、先週の週末にやっと終了~。

ジャンニが業者に頼まずに自分たちでやる!と言い張ったので、自分たち+ジャンニの友達1人ででっかいバンを借りて、週末を2回使って終えました。


いや~、荷物、結構処分したつもりだったけど、多いのなんのって。

引っ越し、永遠に終わらないかもと思いました。


特に植物が予想以上にかさばって、植物だけで2回バンで往復したのではないかと。。。


すでに家具付きの家だったので、要らない家具は業者に引き取ってもらい、どうしても残しておきたい家具は職場の倉庫に保管、ということに。


新しいところに住み始めて10日ほど。

少しずつ、慣れてきています。


自分たちにぴったりの、買いたい家が見つかるまで、ここに居る予定です。

希望では1年~1年半の間に解決したらなぁという感じですが、どうかな。。。


いい家と巡り合えますように!!!



さて、新居は職場に近い、casalguidi カサルグイディ という街です。

緑も多くて、静かで住みやすそう。

ピストイア県の、serravalle pistoiese(セッラヴァッレ・ピストイエーゼ)市。

プラート県民から、ピストイア県民になりました!


個人的には、ピストイア、好きなので、嬉しいな。


Screenshot_2017-04-19-10-53-40.png 



真ん中の水色の点Quarrataが職場。左のしるしがcasalguidiです。

右斜め下にあるのがカルミニャーノ。

直線距離にするとだいたい同じくらいに見えますが、カルミニャーノまではうねうねした上り坂があるので結構遠いです。

職場までの距離と時間は、今までのだいたい半分くらいかな?



先日、コムーネに住民票を移しに行ったら、


『serravalle pistoieseでは初めての日本人よ!』


と言われました。

(住んでいる日本人はおそらく他にもいるのだろうけど、住民登録をする日本人が初めてなんだろうなと思う。)



最初は、電気、水道、ガスの名義変更とか、電話を新しくひいたり、いろいろ手続きが面倒ですが、

それが終われば気分的にも落ち着くかな。


住めば都。ここにいるのは短い間かもしれないし、予想以上に長くなるかもしれないし、どっちか分かりませんが、次の引っ越しまでここで気分よく、快適な生活ができるようにしたいなぁ。



春だから、新しいスタート、という感じです。




怒涛の


2月と3月が過ぎ去っていきました。
まだまだ落ち着いたとは言い難い状況ですが。。。

4月かー。早いなぁ。
春は、卒業式とか入園式とか、いろいろ終わって、そしていろいろな新しいことがスタートする季節で、出会いと別れがあって、桜が咲いて、散って。
そういうイメージが強いので、こっちでいても、なんとなくキュンと、胸が締め付けられる季節です。

まぁ特に何の出会いも別れもありませんが。

冬時間が夏時間になって、夜の8時でも空が明るいです。
こっちは4月になると、夏に向けて始動開始!て感じかなー。

急に気温も上がるし。

短い春が過ぎ、すぐに初夏がやってくるんだろうなー。



今日は約半年ぶりに、婦人科の検診でした。

3月にした腫瘍マーカーは異常なし。
血液検査では、今までにないくらい白血球値が低かった以外は異常なし。
治療中でもこんなに低くなったことないのになぁと、ちょっとへこみました。

月末にしたTAC(CT)の結果は、これも問題なしでした!ほっ。

薬のアレルギーがあるので、造影剤で検査する時は、3日前から前もってアレルギー用の準備をします。
今回も大丈夫、なはずが、TACが終わって2日たった朝に、お腹と背中全面に発疹発生。。そしてちょっとかゆい。

疲れとかストレスの可能性もある、と思ったのですが(子育て中にそうなった友人の話を聞いたことがあったので)、やっぱり造影剤のせいっぽかったです。たぶん。多分。。。

ファミリードクターに電話をして話したら、「熱はないか」「呼吸は苦しくないか」「全身に広がってないか」を確認されて、その症状はないと言ったら、アレルギー用の薬を飲むように言われました。

その薬って、検査前にアレルギー反応でないように飲むのと同じ薬。

アレルギー防止用に薬摂取→造影剤で結局アレルギー→アレルギーを鎮めるように同じ薬を摂取

なんかこの摂取の仕方ってどうなの、、と思って、飲み続けるように言われたのですが、結局1回しか飲みませんでした。
自己判断、ダメなんだろうけど。。。

意外と鎮まるのに時間かかりましたが、1週間たった今は、赤い点々が残っているだけです。


今日の婦人科の検診の時に先生に言ったら、「アレルギー症状はすぐに出るはずなのに、1日たってからって変ねぇ。何か特別なもの食べた?食物アレルギーと、ヨード(造影剤の成分)のアレルギー検査をするように」とのことでした。

なんかいろいろ面倒。でも次にもっと症状がひどくなるかもしれないから、絶対忘れないでね!!とくぎを刺されました。



今日も暖かくて、20度越え。

来週もまだバタバタの予定で、4月の末くらいには落ち着いてほしいなー。


今月も若干怒涛かな~。汗



では良い週末を。




対応の違い


コロコロ(スペア)がなくなりかけると、不安になります。

無印イタリアのサイトで購入しようとして訪問すると、『いま現在は注文できません』の表示。
それが2週間ほど続いたので、カスタマーセンターに、いつ入荷するか問い合わせを。

待てど暮せど、返事なし。今更びっくりしませんが。


コロコロがない生活は、かなりストレス。

背に腹は代えられないので、muji.eu (ヨーロッパ全土に配達してくれる。でも本部がイギリスなので、送料ももちろん高い!)にて注文。

コロコロのスペア3本入り1パックが、3.95ポンド。イタリアでの価格は、4.95ユーロ。円になおすとほぼ同じ値段だから、まぁいいかな。
でも送料が高い。イギリスからは、19.99ポンドまでの買い物なら、送料が19ポンド。高ー。

一番安い送料で収まるように、5パック(=19.75ポンド)買いました。


3-4日後、到着。

やったー!!と思って箱をあけると。


IMG_20170218_135030.jpg 

コロコロ本体が5個。。。
喜んだのもつかの間、がっくり。。。

本体5個、いらんわー。すでに3つもあるのに。



これは想定外。


すぐに、脳みその奥にしまってあった英語を駆使して、「コロコロのスペアを5個注文したのに、本体が5個届いた。返品しますので交換してください。返送料はそちらもちでよろしいですか。」とカスタマーセンターにメール。

なんと翌朝に返事があったことに、感動してしまった。


『申しわけありません。誤って送ってしまった商品の写真をおくってください』

という内容。


写真を撮って送信。

翌日すぐに返信。感動。


『本当にもうしわけありません。お客様はイタリア在住ということで、こちらにわざわざ返送していただくのも、無意味ですので、間違って届いた商品は、そのままお使いください。返品してくださらなくて結構です。
正しい商品は、こちらから送りなおすように、係に言いましたので、すぐに手元に届くはずです。お待ちください。』


という返事。

間違って届いた本体5個を、くれるの?そのうえ、スペア5個も送りなおしてくれるの?
素晴らしい!!!

なんという太っ腹。そして、丁寧で迅速な対応。

これもイタリアとイギリスの違いなのか。。。
かるくショックをうけました。


今手元には、メールのやりとりから約1週間後に届いたスペア5パックがあります。すごい。

IMG_20170308_084855_1.jpg 
わーい❤



でも本体5個、いらないな~。(笑)